Home >  Reviews >  Album Reviews > GNOD- Infinite Machine

Album Reviews

GNOD

ExperimentalKrautrockTechno

GNOD

Infinite Machine

Rocket Recordings

Bndcamp

倉本諒   Apr 14,2015 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 デビュー以来のグノド(GNOD)・ファンを自負する自分的にはこりゃ待望の新作。スプリットや変名での名義を除けば正式なグノド・“コレクティヴ”としてはかなり久方ぶりのフル・アルバムとなる。しかもヴァイナル盤は3枚組でCDは2枚組、余裕で15分オーバーの曲が5曲入っているというとんでもないヴォリュームである。リリース元の〈ロケット・レコーディングス(Rocket Recordings)〉からの直売は予約で即完売、いやはやすさまじい人気である。

2007年の結成以来、マンチェスターはサルフォードのイスリントン・ミルを中心に、のべ30人以上のメンバーが出入りしていた、バンドというよりもまさしく“コレクティヴ”であるグノド、初期のジャムには16人ものメンバーでジャムっているものもある。

儀式的様相を呈した大所帯クラウト・ジャム・バンドとして出発した彼らは当時のサイケ・リヴァイヴァルも後押しし、瞬く間に話題のバンドとなった。グノドのブレーンとも呼べるメンバーのパディ・シャインは当時を振り返りながらこのように語っている。

「2012年の〈ロードバーン・フェスティヴァル〉(オランダで恒例のサイケ/ストーナー・ロックの祭典)でプレイしたとき、この表現方法での限界を感じたんだ。その後、ジャムのマンネリ化を脱却するために僕らはショボいシンセなんかを持ち寄ってピロピロしはじめたんだよ」

このとき、同じくバンドの重要メンバーであるクリス・ハスラムがMPCをゲットし、MPCを脳みそとして各メンバーが持ち寄るガジェットを束ねて、グノド独自のサウンドシステムを構築するアイデアが生まれたという。時期を同じくしてパディはドラス(Druss)、クリスはドウェリングス(Dwellings)としてインダストリアル・テクノ・プロジェクトをそれぞれ始動させている。ふたりを全面的にフィーチャーした〈トレンスマット(Trensmat)〉からの2013年度作品『グノド・プレゼンツ・ドウェリングス&ドラス(Gnod Presents Dwellings & Druss)』はそれまでのバンド活動のシーンを越え、多くのテクノ/電子音楽リスナーに彼らの名を知らしめることとなった。

現在、グノドの主要メンバーはクリス・ハスラム、パディ・シャイン、マーレーン・リベルト、アレックス・マカルテ、アンディ・ブランデルといった編成となっているようだ。クリス・ハスラムとパディ・シャインによるDIYレーベル、〈テスラ・テープス(Tesla Tapes)〉のリリースも25を越え、装い新たに〈オノ・テスラ(Ono Tesla)〉としてDIYディストリビューション・ネットワークを拡大させている。飛ぶ鳥を落とす勢いとはこのことだ。

『インフィナイト・マシーン(Infinite Machine)』はクラウト・コレクティヴとしてのグノドへの原点回帰と再定義である。シンセやサンプラーにドラムマシン、ギターにドラム、サックスにパーカッションなどなどすべての道具がシャーマンのごときメンバーの間を行き来し、彼らの布陣で描かれる魔法陣の中心へすべてのエネルギーが集約、聴者はそこからインナー・スペース・トリップの奈落を──その圧巻のヴィジョンを目の当たりにしながら降りつづけるだろう。IN GNOD WE TRUST !!!!


倉本諒