ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Kai Whiston - Quiet As Kept, F.O.G. (review)
  2. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  3. Kaitlyn Aurelia Smith - Let's Turn It Into Sound (review)
  4. interview with Strip Joint 新世代ジャパニーズ・インディ、自由を求める (interviews)
  5. TYPE NINE ——ハードなテクノにこだわった〈09recordings〉主催のパーティに注目(読者にTシャツ・プレゼントあり) (news)
  6. Babylon ——伝説のUKレゲエの映画、40年超しに本邦初上映 (news)
  7. Fabiano Do Nascimento / Itibere Zwarg Collective ──ブラジル音楽の新世代ギタリストと、ヴェテラン・ベーシストによる共作がリリース (news)
  8. Kendrick Lamar - “Auntie Diaries” (from 『Mr. Morale & The Big Steppers』) (review)
  9. 七尾旅人 - Long Voyage (review)
  10. R.I.P. Pharoah Sanders 追悼:ファラオ・サンダース (news)
  11. Coby Sey - Conduit (review)
  12. Pharoah Sanders ——ジャズの巨星、ファラオ・サンダース逝く (news)
  13. interview with Danger Mouse デンジャー・マウス、17年ぶりのヒップホップ・アルバムを語る (interviews)
  14. interview with Nils Frahm ポスト・クラシカルのピアニスト、珠玉のアンビエント作品 (interviews)
  15. The Lounge Society - Tired of Liberty (review)
  16. 対談 半世紀を経て蘇る静岡ロックンロール組合 (interviews)
  17. Tribute to Ras Dasher ——CULTIVATOR『VOICE OF LOVE』LPアルバム再発リリース・パーティ開催決定 (news)
  18. Kendrick Lamar - Mr.Morale & The Big Steppers (review)
  19. Loraine James ——ロレイン・ジェイムス、来日決定 (news)
  20. Kamaal Williams ──カマール・ウィリアムス、緊急来日公演が決定 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Black Knights- The Almighty (Produced by John F…

Black Knights

Black Knights

The Almighty (Produced by John Frusciante)

Record Collection / RUSH! / AWDR/LR2

Tower HMV Amazon

倉本諒   Sep 03,2015 UP

 N.W.A.の伝記映画、『ストレート・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)』が先月半ばに公開され、大ヒットを記録しているようだ。ヒップホップ史に残る同名タイトルの名盤も26年ぶりにアルバム・チャート上位に食い込んでいるとか。ぜひとも日本公開が待たれるこの作品、ポリス・ブルタリティーへの抵抗の声が高まる本国の若者にはどのように映るのだろうか。

 ブラック・ナイツのラグド・モンクと射殺された元メンバーのドック・ドゥームもまたコンプトン出身のラッパーであるが、ブラック・ナイツのラップは西海岸のサグさと東海岸の哲学性を合わせ持ったドープなリリックが特徴でもある。ジョン・フルシアンテによる2作めのプロデュース作品である本作で聴けるNWAやブギー・ダウンのようなオールド・スクール・ヒップホップが彼の感性で変容したトラックとの相性は抜群だ。

 BPMが変容してゆくトラックやジョンのギター・ソロが大々的にフィーチャーされるトラックなど、ロック畑のヒップホップ・アルバムのプロデュースを超えた実験的な内容となったのは、近年におけるジョンの電子音楽製作からの影響も大きいのかもしれない。

 また、ヒップホップ音源の製作においても対面することなくインターネット上でのトラックとラップのやり取りが通常である近年において、このコラボレーションのように生活をともにしながら製作された作品は素晴らしい。僕の知るLAのミュージシャン・シップこそここにあるのだ。

 じつは前作、『メディエヴァル・チェンバー』のリリースの時点で本作と次作アルバムまで完成しているようで、われわれはこのコラボレーションのさらなる変容を聴けることを約束されている。

倉本諒