ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Gonno & Masumura - In Circles (review)
  2. August Greene - August Greene (review)
  3. Against All Logic - 2012-2017 (review)
  4. IDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ (news)
  5. SILENT POETS ──サイレント・ポエツ、奇跡的メンツの「スペシャル・ダブ・バンド・ライヴ・ショー」決定 (news)
  6. Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す (news)
  7. 078 KOBE 2018 ──神戸のフリーフェスにてURがライヴ出演 (news)
  8. Lolina - The Smoke (review)
  9. Tom Misch - Geography (review)
  10. interview with Kaoru Inoue 人はいかにして、このハードな人生を生きながらゆるさを保てるか? (interviews)
  11. Gang Gang Dance ──ギャング・ギャング・ダンスが7年ぶりにアルバムをリリース (news)
  12. コーネリアス - (review)
  13. R.I.P. Cecil Taylor すべての棺桶をこじ開けろ (news)
  14. RAINBOW DISCO CLUB 2017──いよいよ開催間近、レインボー・ディスコ・クラブの魅力とは!? (news)
  15. interview with Unknown Mortal Orchestra 暗闇の先のメロウネス (interviews)
  16. 国府達矢 - ロックブッダ (review)
  17. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  18. Moodymann ──ムーディマンがニュー・アルバムをリリース (news)
  19. interview with CVN 更新されるインディーズの形態/異端者たちの広場 (interviews)
  20. Frank Ocean × KOHH - ──これは事件! フランク・オーシャンの新作にKOHHが参加 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Savage Young Taterbug- Shadow of Marlboro man

Album Reviews

Savage Young Taterbug

ExperimentalFolkPsychedelicRock

Savage Young Taterbug

Shadow of Marlboro man

Night People

Amazon

倉本諒   May 17,2016 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで別名義も含め、気の向くままにカセット音源を発表してきた──ウェット・ヘアーのショーン・リードによるアートワークとプリントが美しいレーベル、〈ナイト・ピープル〉から──サヴェージ・ヤング・テイターバグが満を持してヴァイナル作品を発表。この作品は現在のローファイ・アメリカーナの記念碑となるだろう。

 もう3年も前のものになるがテイターバグやトレーシー・トランスのツアー日記から彼らの生活を改めて垣間みてみよう。

 〈ゴーティー・テープス(Goaty Tapes)〉のザリー・アドラーは、彼らのように拠点または定住地を持たない表現者を“カジュアル・ジャンク”と呼び、少し前にその表現と生活を紹介したカセット・コンピレーションやジンを出版していた(http://goatytapes.com/#!/record/casual-junk/)。こちらは醜悪なLAアートブック・フェアにて偶然遭遇したザリーより購入した。20ドルは暴利だがトレーシー・トランスをはじめオルファン・フェアリーテイル(Orphan Fairytail)、ロシアン・ツァーラグ(Rusian Tsarlag)などの世界各地の流浪アーティストが共有/昇華させる創造力をまとめてあるので、このテイターバグの『シャドウ・オブ・マルボロマン(Shadow of Marlboro Man)』を聴いて仕事を放擲する考えが浮かんだ人は読んでみるといい。

 ホーボー、ビートニク、ヒッピー、ドリフターといったホームレスのサブカルチャーはアメリカ人の開拓精神を体現しているのである。時に車の荷台なり長距離キセルの貨物列車なりで揺られながら、大陸を横断していくヤング・ホームレスの儚く美しい開拓精神をテイターバグはもっとも体現していると言えるだろう。ゴミクズ・デッドヘッズ、発狂ベッドルーム・アシッド・フォーク、なんとでも呼ぶがいい。昨年エリジア・クランプトンが自身の性的マイノリティーや血統のテーマを“アメリカン・ドリフト”と題したように、少数派こそが持ち得る底抜けの自由がここにはある。

倉本諒