ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Kendrick Lamar - Mr.Morale & The Big Steppers (review)
  2. interview with Nils Frahm ポスト・クラシカルのピアニスト、珠玉のアンビエント作品 (interviews)
  3. 対談 半世紀を経て蘇る静岡ロックンロール組合 (interviews)
  4. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  5. Spoon × Adrian Sherwood ──テキサスのバンド、スプーンの最新作をエイドリアン・シャーウッドが再構築 (news)
  6. Plaid ──プラッドがニュー・アルバムをリリース (news)
  7. Jun Togawa ——2022・秋の戸川純、ライヴ告知です! (news)
  8. Valerio Tricoli - Say Goodbye To the Wind (review)
  9. interview with Danger Mouse デンジャー・マウス、17年ぶりのヒップホップ・アルバムを語る (interviews)
  10. Special Talk : OGRE YOU ASSHOLE × Mark McGuire GW特別鼎談:オウガ・ユー・アスホール×マーク・マッガイア (interviews)
  11. Moor Mother - Jazz Codes / 700 Bliss - Nothing to Declare (review)
  12. HAINO KEIJI & THE HARDY ROCKS - きみはぼくの めの「前」にいるのか すぐ「隣」にいるのか (review)
  13. KANDYTOWN - ADVISORY (review)
  14. Coby Sey - Conduit (review)
  15. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  16. Frank Zappa - Zappa/Erie (review)
  17. interview with Jockstrap UKメタ・ポップ・ミュージックの魅力 (interviews)
  18. Suzi Analogue - Infinite Zonez (review)
  19. 『セックス・ピストルズ』 - (review)
  20. Takuro Okada ——コルトレーンの“至上の愛”からはじまる岡田拓郎の新作 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Savage Young Taterbug- Shadow of Marlboro man

Savage Young Taterbug

ExperimentalFolkPsychedelicRock

Savage Young Taterbug

Shadow of Marlboro man

Night People

Amazon

倉本諒   May 17,2016 UP

 これまで別名義も含め、気の向くままにカセット音源を発表してきた──ウェット・ヘアーのショーン・リードによるアートワークとプリントが美しいレーベル、〈ナイト・ピープル〉から──サヴェージ・ヤング・テイターバグが満を持してヴァイナル作品を発表。この作品は現在のローファイ・アメリカーナの記念碑となるだろう。

 もう3年も前のものになるがテイターバグやトレーシー・トランスのツアー日記から彼らの生活を改めて垣間みてみよう。

 〈ゴーティー・テープス(Goaty Tapes)〉のザリー・アドラーは、彼らのように拠点または定住地を持たない表現者を“カジュアル・ジャンク”と呼び、少し前にその表現と生活を紹介したカセット・コンピレーションやジンを出版していた(http://goatytapes.com/#!/record/casual-junk/)。こちらは醜悪なLAアートブック・フェアにて偶然遭遇したザリーより購入した。20ドルは暴利だがトレーシー・トランスをはじめオルファン・フェアリーテイル(Orphan Fairytail)、ロシアン・ツァーラグ(Rusian Tsarlag)などの世界各地の流浪アーティストが共有/昇華させる創造力をまとめてあるので、このテイターバグの『シャドウ・オブ・マルボロマン(Shadow of Marlboro Man)』を聴いて仕事を放擲する考えが浮かんだ人は読んでみるといい。

 ホーボー、ビートニク、ヒッピー、ドリフターといったホームレスのサブカルチャーはアメリカ人の開拓精神を体現しているのである。時に車の荷台なり長距離キセルの貨物列車なりで揺られながら、大陸を横断していくヤング・ホームレスの儚く美しい開拓精神をテイターバグはもっとも体現していると言えるだろう。ゴミクズ・デッドヘッズ、発狂ベッドルーム・アシッド・フォーク、なんとでも呼ぶがいい。昨年エリジア・クランプトンが自身の性的マイノリティーや血統のテーマを“アメリカン・ドリフト”と題したように、少数派こそが持ち得る底抜けの自由がここにはある。

倉本諒