ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Flying Lotus ──フライング・ロータスの単独来日公演が決定 (news)
  2. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  3. Seven Davis Jr - S.O.S (review)
  4. WXAXRXP ──今年で30周年を迎える〈Warp〉がオンライン音楽フェスを開催、NTS Radio にて100時間以上にわたる特別番組を放送 (news)
  5. Black Nile ──LAから新たなジャズの息吹、ブラック・ナイルがファースト・アルバムをリリース (news)
  6. Flying Lotus ──衝撃を与えた映画『KUSO』がまさかの再上映決定 (news)
  7. MOMENT JOON - Immigration EP (review)
  8. Teen Daze - Bioluminescence (review)
  9. NOT WONK - Down the Valley (review)
  10. Moodymann ──ムーディマンの新作がデジタルでリリース (news)
  11. MIDI Provocateur ──〈トラフィック〉からスタイリッシュなダンス・プロジェクト、ミディ・プロヴォケイターがデビュー (news)
  12. Kevin Richard Martin - Sirens (review)
  13. interview with Plaid ヴェテランが紡ぐ、調和と衝突の美しき重合体 (interviews)
  14. 現代思想 ──青土社の雑誌『現代思想』の最新号「加速主義」特集がおもしろい (news)
  15. Tyler, The Creator - IGOR (review)
  16. The Caretaker ──ザ・ケアテイカーが新作、並びに故マーク・フィッシャーへ捧げられたアルバムの再発盤をリリース (news)
  17. Columns 内田裕也さんへ──その功績と悲劇と (columns)
  18. BSC ──KANDYTOWN の BIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSC がソロ・デビュー・アルバムをリリース (news)
  19. WWWβ ──これは尖っている! 渋谷WWWの最深部に新たな「場」が誕生 (news)
  20. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Octavian- SPACEMAN

Octavian

UK Rap

Octavian

SPACEMAN

Black Butter

Spotify iTunes

米澤慎太朗   Oct 02,2018 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 UKのラッパー、オクテヴィアン(Octavian)が期待の最新のミックステープ『SPACEMAN』をリリースした。鼻歌のようなギャングスタ・ラップ、ジェイムス・ブレイクやボン・イヴェールから影響を受けたという空間的なダンス・ミュージック、その「型にはまらない」スタイルにすぐに虜になった。

 オクテヴィアンは南ロンドン出身のラッパー。アデルらを輩出した名門の音楽学校ブリットスクールに奨学生として入学したものの退学し、ホームレスになったときもあったという。昨年頃から彼のキャリアが変わり始めた。オクテヴィアンのシングル“Party Here”がドレイクの目にとまり、彼がオクテヴィアンのヴァースを歌うインスタ ストーリーをアップしたからだ。

 ドレイクのフックアップで話題になると、ルイ・ヴィトンのメンズファッションのディレクターを務めるヴァージル•アブローがルイ・ヴィトンの2019年SSコレクションのランウェイにも抜擢。メジャー契約も掴み、いまファッション界からも注目されるヒップなラッパーのひとりとなった。

 満を持してリリースされた『SPACEMAN』はメロディックなビートの上で紡がれるオクテヴィアンの「リヴェンジ」のストーリーだ。

もし俺が銃を買ったら、お前の顔にぶっ放してやる
逃げる道はどこにもない、ギャングもおまえを見捨てる、
お前に安全な場所はない “Revenge”
あのニガはファックだ
あのニガはうけつけねぇ
あのニガをぶっ潰してやる
一発はケツに、一発は口に、
もう一発はあいつらの仲間に
 “Break That”

 ヴァイオレントな歌詞はUKラップの十八番でもあるが、彼のメロディックなラップと歌詞の内容は不思議なバランスを保っている。不敵な笑みを浮かべるオクテヴィアンの姿が頭に浮かぶ。

 先月、オクテヴィアンがイタリアのブランド Stone Island の東京店のオープニング・パーティに初来日・ライヴを披露した。オクテヴィアンはビターなサウンドとダンスビートを柔らかに乗りこなしつつ、時折自身もリズムを身体で刻む。ライヴの中盤、DJからの「フロアにモッシュピットを作らせろ」という指示にも従わず、淡々と曲を披露していく。「モッシュすること」はいまのUS・UKのラップのライヴの定番となっているが、おきまりのライヴはやらないようだ。それでも、最後にムラ・マサの客演曲“Move Me”のビートが流れると、前列では自然とモッシュが起こった。

俺がお金を積み上げるところを見るだろ
あいつらだって俺を見てる、
あいつらだって俺みたくなれたのにな

あいつらはファミリーを待ってる
俺に逆らうことだってできない
だって、俺はリアルなドンダダ
俺やブラザーに近づくこともできない
そう、近づくことだってできないんだ
Mura Masa “Move Me feat. Octavian”

 型にはまったスタイルから遠く離れて、軽やかにラップの可能性を追求しているようだ。その様子は自由でエキサイティングだ。

米澤慎太朗