ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nick Cave ──コロナ時代における態度、ニック・ケイヴの場合 (news)
  2. interview with Thundercat 悲しみの先のフュージョン (interviews)
  3. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが現在の状況を警告 (news)
  4. David Byrne ──「世界は変わっている──だから私たちも」ディヴィッド・バーンの考察 (news)
  5. Random Access N.Y. vol.125 NYシャットダウン#3 (columns)
  6. PANICSMILE - REAL LIFE (review)
  7. AJATE - ALO (review)
  8. Columns Playlists During This Crisis この非常事態下における家聴きプレイリスト (columns)
  9. Politics コロナ恐慌を機に高まった「政府は金を出せ」の声 (columns)
  10. Columns King Krule キング・クルール最新作が宿す乾きの秘密 (columns)
  11. Moment Joon - Passport & Garcon (review)
  12. Random Access N.Y. VOl.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  13. NYをはじめ、各地でオンライン・フェスやライヴ・ストリーミングが開催 (news)
  14. 吉田アミ - 虎鶫(とらつぐみ) (review)
  15. COM.A ──パンク精神あふれるIDMの異端児が13年ぶりの新作をリリース (news)
  16. The Drums - Summertime! (review)
  17. Thundercat ──延期になっていたサンダーキャット来日ツアーの振替日程が決定 (news)
  18. R.I.P. Gabi Delgado(ガビ・デルガド) (news)
  19. Random Access N.Y. vol.124 NYシャットダウン#2 (columns)
  20. VIVA Strange Boutique ──東京の奥沢で売られているクリス&コージーのTシャツが格好いいです (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Big Joanie- Sistahs

Big Joanie

Punk

Big Joanie

Sistahs

The Daydream Library Series

Bandcamp

野田努   Jan 18,2019 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんとまあ、伸び伸びとした演奏だろうか。「ダーシーキシャツ(アフリカの民族衣装)を着て80年代DIYとriot grrrlを通過したロネッツ」、彼女たちは自らをこう表現している。たしかにビッグ・ジョーニーはジーザス&メリー・チェインとロネッツの溝を埋めるかのようだし、曲によってはニュー・オーダーめいたエレクトロ・ロックだし、あるいは初期のレインコーツみたいだし、アルバムの最後にはバラードまでやっている。ロンドンの移民の娘っこ3人。アルバムには3分ほどの曲が11曲。ラップもないし、R&Bもない。トレンディではないどころか、ある意味黒人らしくもない。そういう意味では、オールド・ファッションでもないしステロタイプでもない。ドラマーのシャーダインは、初期ジーザス&メリー・チェインのように立ってドラムを叩いている。ひと昔前なら、不健康そうに前髪を長く垂らして黒いコートを着て白人の若者がやっていたような音楽を彼女たちはやっている。だからどうしたというわけではない。そもそも今日では、時代錯誤とはタイムリーを意味するし、パンクでありダンス・ミュージックでもあるビッグ・ジョーニーの溌剌とした『シスターズ』がただ素晴らしいというだけのことである。

 「ブラック、フェミニストそしてシスター・パンク」これがビッグ・ジョーニーのモットーだ。それだけ聞くと、ああ、なるほど、わかったようなわからないような、しかし漠然としたイメージは生まれる。「ブラック、フェミニストそしてシスター・パンク」──なるほど。じっさい彼女たちはアナキスト系のDIYスペースに関わっているそうだが、ビッグ・ジョーニーにはTLCのヒット曲“ノー・スクラブ”(デスティニーズ・チャイルドの“ビルズ・ビルズ・ビルズ”とならぶ、現世的な男を見下す生意気娘系の曲として知られる)をカヴァーするくらいの余裕と茶目っ気がある。ミソジニーや階級社会を風刺したポリティカルな歌詞を歌っているらしいのだが、彼女たちの曲はポップスとして成り立っているし、なんといっても堂々とやりたいことをやっている感じが良い。スリーフォード・モッズよりは育ちが良さそうだが(まあ、バンドをやれるくらいだし?)、彼らと同じように流行りに流されている感/やらされている感はない。それは歯並びが良くスマートな体型のアメリカやインスタ文化(などと偉そうに言っているがあまりよくわかってない)が、結果として抑え込んでいるものを解放するかもしれない。君は君自身のままでいいんだよっていうふうにね。

 ささやかな一撃だが、これが時代に馴染めないひとたちを勇気づけて、未来のためのきっかけになることは大いにありえる。2018年の暮れに、ビッグ・ジョーニーのデビュー・アルバム『シスターズ』がサーストン・ムーアのレーベルからリリースされた(レコードにはブックレットが付いている)。

野田努