ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Floating Points × Pharoah Sanders ──これはすごい! フローティング・ポインツとファラオ・サンダースの共作がリリース (news)
  2. Jenny Hval ──〈4AD〉へ移籍した北欧のシンガー/プロデューサー、ジェニー・ヴァルの新作が発売決定 (news)
  3. Ehiorobo - Joltjacket (review)
  4. King Krule - You Heat Me Up, You Cool Me Down (review)
  5. 〈Advanced Public Listening〉 ──レデリウス、ハーバート、ヴィラロボスら錚々たる面々が参加したコンピがリリース (news)
  6. dj honda × ill-bosstino - KINGS CROSS (review)
  7. Columns 大胆不敵な音楽の熟達者たち――AMM論 (columns)
  8. interview wuth Geoff Travis and Jeannette Lee 〈ラフ・トレード〉が語る、UKインディ・ロックの現在 (interviews)
  9. Jeff Parker ──ジェフ・パーカーのニュー・アルバムがリリース (news)
  10. Columns スピリチュアル・ジャズの名門〈Black Jazz〉の魅力とは (columns)
  11. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  12. Billy Wooten ──70年代ジャズ・ファンクの至宝、ビリー・ウッテンのTシャツ&7インチ・セットが発売 (news)
  13. Makaya McCraven - Deciphering The Message (review)
  14. 年明けのダンス・ミュージック5枚 - (review)
  15. Lost Girls - Menneskekollektivet (review)
  16. Luke Wyatt & Dani Aphrodite ──ファッション・ブランドの〈C.E〉が2022年春夏コレクションに先駆けヴィデオを公開 (news)
  17. Parris - Soaked In Indigo Moonlight (review)
  18. interview with Jun Miyake ジャズ、ブラジル音楽、クラシックが交錯する時間の迷宮 (interviews)
  19. Columns 断片化された生活のための音楽 ——UKインディーズ考 (columns)
  20. interview with Floating Points ストリングスと怒りと希望のテクノ (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Jerome Thomas- That Secret Sauce

Jerome Thomas

Neo Soul

Jerome Thomas

That Secret Sauce

Rhythm Section International

小川充   Aug 30,2021 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サウス・ロンドンのペッカムでブラッドリー・ゼロが主宰する〈リズム・セクション・インターナショナル〉は、アル・ドブソン・ジュニアのようなビートダウン~ビート・ミュージック系から、ヘンリー・ウー(カマール・ウィリアムス)、カオス・イン・ザ・CBD、ダン・カイ(ジョーダン・ラカイ)のようなジャジーなディープ・ハウス、MCピンティのようなヒップホップ~グライムとハウスやブロークンビーツ、ダブステップをクロスオーヴァーしたアーティストなどを幅広くリリースし、もちろんサウス・ロンドンのジャズ・シーンにもリンクするレーベルである。そして、オーストラリアのメルボルンの 30/70 やプリークエルなどもリリースし、ワールドワイドなネットワークも有している。そんな〈リズム・セクション・インターナショナル〉から新たに登場したジェローム・トーマスは、それまでのエレクトロニック・サウンド主体のレーベル・カラーとは少し異なるアーティストである。

 イースト・ロンドンのハックニー自治区にあるダルストン出身のジェローム・トーマスは、母親の影響でブランディのような1990年代のR&Bやソウルを聴きながら育ってきたという。シンガー・ソングライターでトラック制作もおこなう彼は、2016年に自主EPの「カンヴァセーションズ」でデビューする。メランコリックで夜の匂いに包まれたこのEPは、サウンド・プロダクションこそ現代的なものであるが、ディアンジェロの『ヴードゥー』のようなネオ・ソウルから、さらに遡れば1970年代のマーヴィン・ゲイの『アイ・ウォント・ユー』などの世界を彷彿とさせる作品集で、ソウル・シンガーとしてのジェローム・トーマスの才能や本質を見事に映し出していた。
 その後もウォーレン・エクセレンスやジョー・アーモン・ジョーンズと組んだ “ディドゥント・ノウ”、ブルー・ラブ・ビーツと組んだ “アイ・ドント・ニード” などのシングルやミニ・アルバムの『ムード・スウィングス』をリリースし、ウノ・ハイプやイメージゴッドらの楽曲にもフィーチャーされた後、このたび〈リズム・セクション・インターナショナル〉と契約してミニ・アルバムの『ザット・シークレット・ソース』を発表した。

 『ザット・シークレット・ソース』はジョー・アーモン・ジョーンズのグループで演奏するデヴィッド・ムラクポルらによるギター、ベース、キーボードの生演奏を入れ、オーガニックな質感を大切にしたサウンドへのアプローチがおこなわれている。『カンヴァセーションズ』などこれまでの作品に比べ、1970年代のニュー・ソウルをより意識したような作風と言える。アフロ的なモチーフを取り入れた “ザット” は、おそらくレーベル・オウナーのブラッドリー・ゼロ自らがパーカッションを演奏していると思われるが、ワウ・ギターのアクセントやジェロームのファルセット・ヴォーカルなどカーティス・メイフィールドの諸作を彷彿とさせる楽曲だ。“シークレット” の粘っこいヴォーカルはプリンスに近いものがあり、ファンキーさとメロウネスが絶妙に入り混じったサウンドである。“ソース” はヒップホップ的なプロダクションに70年代ニュー・ソウルのエッセンスをミックスさせ、アル・グリーンやマーヴィン・ゲイなど過去のレジェンドたちから2010年代のディアンジェロの『ブラック・メサイア』まで、ソウル・ミュージックの真髄を凝縮させたような楽曲となっている。
 トランペットをフィーチャーした “サンクス(ノー・サンクス)” はブルース色の強いレイドバックした楽曲で、ジェロームのヴォーカルもひと際気だるいものとなっている。“セトル・ダウン” や “ノー・B.S.” はエリカ・バドゥやジル・スコット路線のネオ・ソウル調のナンバーで、特に “ノー・B.S.” での囁きかけるようなセクシーなヴォーカルが絶品である。〈リズム・セクション・インターナショナル〉としては異色の作品となったが、UKから久しぶりに本格派ソウル・シンガーが登場したと言えるだろう。

小川充

RELATED

Prequel- Love Or (I Heard You Like Heartbreak) Rhythm Section International

Reviews