ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Keita Sano - LOVE HATE LOVE THINK (review)
  2. µ-Ziq - Magic Pony Ride (review)
  3. Hudson Mohawke ──ハドソン・モホーク、7年ぶりのニュー・アルバムがリリース (news)
  4. Red Snapper - Everybody Is Somebody (review)
  5. Moment Joon feat. あっこゴリラ, 鎮座DOPENESS, HUNGER (GAGLE), ACE COOL & Jinmenusagi ──ECDへのリスペクトを込めた楽曲 “BAKA” の新ヴァージョンが公開 (news)
  6. Les DeMerle ──レアグルーヴ・ファンから支持を集めるドラマー、レス・デマールのライヴ盤2作がクリア・ヴァイナルでリリース (news)
  7. R.I.P.山本アキヲ (news)
  8. ベイビー・ブローカー - (review)
  9. Big Thief ──ビッグ・シーフの初来日公演が決定 (news)
  10. Wilco - Cruel Country (review)
  11. interview with Akio Yamamoto 都会の夜のタンツムジーク (interviews)
  12. µ-Ziq ——マイケル・パラディナスの名作の1枚、『Lunatic Harness』の25周年記念盤 (news)
  13. interview with Shintaro Sakamoto 坂本慎太郎、新作『物語のように』について語る (interviews)
  14. interview with Huerco S. オウテカやベーシック・チャンネルからの影響は大きいね (interviews)
  15. FEBB ──幻の3rdアルバムがリリース (news)
  16. Mary Halvorson - Amaryllis & Belladonna (review)
  17. Merzbow & Lawrence English - Eternal Stalker (review)
  18. FEBB AS YOUNG MASON ──ファースト『THE SEASON』のカセットが発売、パーカー&Tシャツも (news)
  19. 石若駿 - @山口情報芸術センター(YCAM) (review)
  20. interview with Kentaro Hayashi 大阪からダークサイドの憂鬱 (interviews)

Home >  Reviews >  Film Reviews > MONOS 猿と呼ばれし者たち

MONOS 猿と呼ばれし者たち

MONOS 猿と呼ばれし者たち

監督・脚本・プロデューサー:アレハンドロ・ランデス
出演:ジュリアンヌ・ニコルソン、モイセス・アリアス、フリアン・ヒラルド、カレン・キンテーロ ほか
共同脚本:アレクシス・ドス・サントス
音楽:ミカ・リーヴィ
2019年/コロンビア=アルゼンチン=オランダ=ドイツ=スウェーデン=ウルグアイ=スイス=デンマーク
スペイン語・英語/シネスコ/5.1ch/102分
字幕翻訳:平井かおり/原題:MONOS
配給:ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/monos/
 
「MONOS 猿と呼ばれし者たち」
全国順次公開中
(c) Stela Cine, Campo, Lemming Film, Pandora, SnowGlobe, Film i Väst, Pando & Mutante Cine
配給:ザジフィルムズ

木津毅   Dec 16,2021 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「MONOS(猿たち)」というのは一般的に子どもを形容するのに不適切な単語だろうが、この映画においては、まったく見事な比喩として成立している。人間のように社会化されてはいないが、しかし彼ら独自の非人間的とも言える社会を形成している者としての「猿」。なぜ少年少女の姿をした「猿」が生まれるのか……『MONOS 猿と呼ばれし者たち』は、その背景にある混沌状態を獰猛に、しかし同時に神話的に描き出す現代の戦争映画である。

 冒頭の光景からして、ただならぬ空気に覆われた映画だ。舞台となるのは雲の上に浮かぶようなコロンビアの山岳地帯で、そこで「モノス」とのコードネームを持つゲリラ兵たる少年少女たちが厳しい訓練を受けている。幻想的な画面と抽象的だが感覚を研ぎ澄まさせるようなシンセ・ミュージックがいっそう異界性を強調する。ただ、銃を持って訓練を受ける子どもたちが兵士なのだと映画を観終わっている自分はわかっているが、とりわけ映画の前半では彼らは気ままに遊んでいるだけのようにも見える。ボールを蹴り、仲間同士で取っ組み合う。キノコを食ってトリップする。仲間内で認められた「パートナー」になるという独自のルールもあるようだがキスやセックスをするのにジェンダーやセクシュアリティの規範はないようで、異性愛の枠に囚われずに無邪気に性愛を交わしたりもしている。ただ同時に、そんな子どもたちの生活には人質のアメリカ人女性を監視する役目もあり、平和な国で育つ子どもたちとは異なる「仕事」が与えられている。そうした異様な日常は均衡が保たれていたが、ある事件をきっかけにして、ずるずると極限状態のサヴァイヴァルへと突入していく。映画の舞台はジャングルへと変わり、まるで『地獄の黙示録』からアメリカン・ポップ・カルチャー的な要素を削ぎ落して原初的な生存欲求を剝き出しにしたような様相を帯びてくる。そして「猿たち」は鬱蒼とした自然のなかで、ますます文明から外れた存在へと変容していくこととなる……。

 1980年生まれの気鋭アレハンドロ・ランデス監督(ブラジル生まれで、エクアドル人の父とコロンビア人の母との間に生まれたそう)の3作目となる本作は、映像体験としても圧倒的なものを見せてくれるが、主題としても気迫がこもったものだ。監督いわく映画はコロンビアの長く続く内戦状態からインスピレーションを受けて生まれたそうだが、より具体的には、キューバ革命後にラテンアメリカでゲリラ化していった左派組織がモチーフになっているという。コロンビアのサントス元大統領は主要ゲリラ組織のFARC(コロンビア革命軍)との和平合意に署名したが、大衆に歓迎されているとは言えない状況であり、ゲリラであることが常態となってきた者たちを今後どのように社会に包摂していくかが大きな問題になっている。そして本作は、誘拐や略奪が日常となっている者たち――しかも子どもたちだ――の生きる世界を理屈でなく感覚的に味わわせるのである。こんな風にどうにか生きてきた「猿たち」は、果たして「市民」へとなれるのか?と。いや、本作のヘヴィに乾いた映像を観ていると、そんな発想すら傲慢なものに感じられてくる。猿が人間よりも劣っているなど誰が決めた? 彼らは本当にたまたまゲリラとして生きることを余儀なくされたのだから。
 まだはっきり覚えているところで自分が近い感覚を味わったのは、映画の風合いこそ違えどブラジルのクレベール・メンドンサ・フィリオ監督による『バクラウ 地図から消された村』(2019)で、そこでは強欲な政治家に支配されようとする僻村の抵抗がきわめてヴァイオレントに立ち上がっていた。暴力が日常となった共同体ではどこか寓話的な語りが生まれてくるというのが興味深いが、それだけ常軌を逸した事態がいまここに存在するということなのだろう。『MONOS』はコロンビアの内戦という特殊な状況を出発点としながらも、それをリアルなドキュメンタリー風にではなく現代の神話として見せることで、土地を限定しない「混沌」を巡る思索となった。猿と人間を分かつものがいったい何なのか、わたしたちは考えることとなる。

 そして本作の超越した佇まいをぐいぐいと高めるのがミカチュウことミカ・リーヴィによる音楽であることは間違いない。空き瓶を笛代わりにし、ティンパニの打音とストリングスの唸り声、シンセの浮遊感を混ぜ合わせたおどろおどろしくも陶酔感を孕んだ音像は、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2016)の際よりさらに異様な映画音楽として観る者の精神状態を不安定にする。今年はティルザの素晴らしい新作のプロデュースを手がけたことでも話題になった彼女が、映画音楽家としても最前線に立っていることは頼もしい限りである。

予告編

木津毅