ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns Playlists During This Crisis この非常事態下における家聴きプレイリスト (columns)
  2. ダニエル・ミラーからのメッセージ ──CDやレコードをレコード店のオンラインで買いましょう!! (news)
  3. Politics コロナ恐慌を機に高まった「政府は金を出せ」の声 (columns)
  4. DJ Mitsu the Beats - ALL THIS LOVE (review)
  5. Columns Pandenic Diary (1) パンデミック・ダイアリー (1) (columns)
  6. Battles ──バトルスがオンライン・リミックス・コンテストを開催 (news)
  7. interview with Little Dragon (Yukimi Nagano) 世界を魅了した歌声、北欧エレクトロニック・ポップのさらなるきらめき (interviews)
  8. R.I.P. McCoy Tyner 追悼 マッコイ・タイナー (news)
  9. Zebra Katz - Less is Moor (review)
  10. KANDYTOWN ──キャンディタウンが2020年最初の新曲をリリース (news)
  11. R.I.P. Gabi Delgado(ガビ・デルガド) (news)
  12. R.I.P. Manu Dibango 追悼 マヌ・ディバンゴ (news)
  13. Caribou - Suddenly (review)
  14. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  15. 渡邊琢磨の自主レーベル〈Ecto Ltd.〉が『まだここにいる』のサウンドトラックをフリーダウンロードにてリリース (news)
  16. Random Access N.Y. VOl.123 NYシャットダウン (columns)
  17. Squid ──ブライトンのポストパンク・バンドが〈Warp〉と契約 (news)
  18. Vladislav Delay - Rakka (review)
  19. YPY - OVER SMILING DUB / YPY - NYE​/​D IN DUB​!​!​!​! (review)
  20. interview with You Ishihara 君はこの音楽をどんな風に感じるのだろうか? (interviews)

Home >  Reviews >  Old & New > Mau Mau- Kraft+Auf Wiedersehen

Mau Mau

Mau Mau

Kraft+Auf Wiedersehen

Polydor /SUEZAN STUDIO

FunkPost-Punk

FunkPost-Punk

Plaza Hotel

Plaza Hotel

Bewegliche Ziele

Delphin/SUEZAN STUDIO

野田 努   Nov 08,2013 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウ・マウは、DAFの初期メンバー、ヴォルフガング・シュペルマンス(g)とミヒャエル・ケムナー(b)のふたりを中心としたノイエ・ドイッチェ・ヴェレのバンドで、1982年の1枚のアルバム『クラフト』と2枚のシングルを残したまま歴史から消えたバンド。今回、東京の〈スエザン・スタジオ〉が、その『クラフト』11曲と録音はしたもののお蔵入りとなっていた幻のセカンド・アルバム『Auf Wiedersehen』の楽曲10曲、そしてシングル曲“Herzschlag”を加えた構成でリイシューした。『クラフト』自体が、1982年に出たきり、30年以上も知る人ぞ知る隠れ名盤となった。また、追加されている幻のセカンドの10曲など、これまで聴きようのなかったもの。しかも、レーベルのサイトの直販で買えば、シュペルマンスがマウ・マウス解散後にジャッキー・リーベツァイト(カンのドラマー)らと組んだプラザ・ホテル名義の唯一の作品「Bewegliche Ziele」のCDも付いている。すでに発売から日数が経っているのでコアなドイツ好きはゲットしているようだが、まだご存じではない方のために紹介しておきましょう。
 中古で高額な作品の内容が良いとは限らないのは当たり前だが、マウ・マウは素晴らしい。『クラフト』は、DAFとワイヤーが出会ったようなミニマリズムがあり、ファンクがドイツのポストパンクに染みついているところも他にはない魅力となっている。ワンコードの、リズミックなシュペルマンスのギターとケムナーのベースの絡みが最高だ。ふたりの演奏は、DAFの名曲“ケバブ・トラウム”のオリジナル・ヴァージョンや〈ミュート〉からのセカンド・アルバムでも聴けるが、マウ・マウは、1980年あたりのDAFのサウンドのもうひとつの洗練された発展型だと言える。
 『Auf Wiedersehen』は、エレクトロニックな要素が大幅に入ったニューウェイヴ・ディスコ・スタイルで、『クラフト』よりもポップになっている(サックスもフィーチャーされている)。1983年というと、ニュー・オーダーの「ブルー・マンデー」ではないがリップ・リグ&パニックもキャバレ・ヴォルテールもパレ・シャンブルグも、ニューウェイヴがいっきにディスコに走っている。『Auf Wiedersehen』もまさにその時代の音だが、やはりここにもファンクのセンスがあって、しかもそれはノイエ・ドイッチェ・ヴェレらしい反復の美学とドイツ語のあの独特の空気感のなかにある。

野田 努