ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Prequel - Love Or (I Heard You Like Heartbreak) (review)
  2. PDP III - Pilled Up on a Couple of Doves (review)
  3. Carlos Niño & Friends ──カルロス・ニーニョ新作にシャバカ・ハッチングスが参加 (news)
  4. Godspeed You! Black Emperor - G_d's Pee AT STATE'S END! (review)
  5. The Escape Velocity ──ジェフ・ミルズ編集の雑誌の2号目刊行、内容もデザインもさらに充実、少しだけ日本語もあり (news)
  6. Floating Points, Pharoah Sanders & The London Symphony Orchestra - Promises (review)
  7. interview with Satomimagae しじまのギター、ひそやかな歌 (interviews)
  8. Femi Kuti & Made Kuti - Legacy+ (review)
  9. interview with Galcid Galcid アンビエントを作り、そして語る (interviews)
  10. Dry Cleaning - New Long Leg (review)
  11. interview with ERA 「LIFEの中の4小節」に込められたERAのソウル (interviews)
  12. Nav Katze ──メジャー・デビュー30周年を迎えるナーヴ・カッツェ、全作品が配信開始 (news)
  13. CAN ──全カタログ16作品のサブスク/デジタル解禁(そして『CAN:ライヴ・シリーズ』情報) (news)
  14. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  15. My Bloody Valentine ──ストリーミング配信・ダウンロード販売が解禁、5月にはCDとLPでも再発 (news)
  16. Vladislav Delay - Rakka II (review)
  17. What's in My Playlist 1 (columns)
  18. Squarepusher ──スクエアプッシャーの記念すべきファーストがリイシュー (news)
  19. What's in My Playlist 4 今月聴いた音楽と余談 (columns)
  20. interview with Telex なぜユーモア、笑い、ギャグにこだわるのでしょう? (interviews)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > [music video] ♯2

[music video] ♯2

[music video] ♯2

二木 信   Aug 29,2012 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Givvn - One Day (In The City)(DEMO)



 リリックに山下達郎の歌詞が引用されているからそう感じたのか、山下達郎"Dancer"をイエスタデイズ・ニュー・クインテット(マッドリブ)が大胆にリミックスしたようなクールな曲だ。が、このグルーヴィーなトラックの作者は、中盤からソウルフルな歌声を響かせ、ふてぶてしい表情でラップをかますギヴン(Given)という日本人のアーティストで、タイトルに(DEMO)とエクスキューズがついている通り、数日前にyoutubeにアップされて世に出ている。現段階で再生回数が574回であるのが信じられないほど、ある意味で、彼のアートは成熟している。
 ところで、この、ラップもトラックメイキングもこなすギヴンは、DJ/トラックメイカーのティー・ラグ(tee-rug)とロウパス(LowPass)というヒップホップ・デュオを組んでいる。彼らはまだ22、23歳の新人だ。彼らが昨年末に発表したデビュー・アルバム『Where are you going?』と今年3月にインターネットで無料配信した『Interludes from"Where are you going?"』は、新旧のブラック・ミュージック・ファンを同時に唸らせるであろうブリリアントな魅力を有している。ベースは心地良くうねり、マーヴィン・ゲイ『I Want You』が引用される。アフロ・ファンクやブラジル音楽の要素もある。また、ロウパスの音楽には、〈ストーンズ・スロウ〉に通じるソウルがあり、元カンパニー・フロウのエル・Pが主宰する〈デフ・ジャックス〉を思わせる、謎めいたムードがある。ちなみに、QNとシミ・ラボのオムスビーツは、ロウパスのアルバムの1曲に参加している。彼らのアルバムの曲のいくつかはyoutubeでも聴ける。
 では、最後のオマケにもう1曲。ギヴンがラップし、Mirugaiという謎のトラックメイカーがプロデュースしたQN"Ghost"(『New Country』収録)のカヴァー。なんともかっこいいコズミック・エレクトロ・ファンクじゃないか!

Ghost (QN Cover)



Ghost (QN Cover) by Mirugai feat. Given from LowPass.
Prod. by Mirugai.

二木 信