ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Tsudio Studio - Port Island (review)
  2. Random Access N.Y. vol.111 : ヴェジタリアン&ヴィーガン事情 (columns)
  3. AJ Tracey - AJ Tracey (review)
  4. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  5. Nkisi - 7 Directions (review)
  6. Carpainter ──〈TREKKIE TRAX〉の俊英がなんともレイヴィな新作をリリース (news)
  7. 自然なきエコロジー──来たるべき環境哲学に向けて - ティモシー・モートン(著) 篠原雅武(訳) (review)
  8. Vince Staples - FM! / Earl Sweatshirt - Some Rap Songs (review)
  9. interview with Masato Matsumura これからの前衛音楽のために (interviews)
  10. Kankyō Ongaku ──日本のアンビエントにフォーカスしたコンピレーションが発売 (news)
  11. interview with Simon Halliday 元〈WARP〉スタッフ、現〈4AD〉社長に話を訊く (interviews)
  12. 闘魂 2019 - 出演:cero、フィッシュマンズ (review)
  13. The Matthew Herbert Big Band ──ハーバートがビッグ・バンドで新作をリリース、発売日はイギリスがEUを離脱する3月29日 (news)
  14. エスタブリッシュメント 彼らはこうして富と権力を独占する - オーウェン・ジョーンズ 著 依田卓巳 訳ブレイディみかこ 解説 (review)
  15. Ninjoi. - Masayume (review)
  16. The Specials - Encore (review)
  17. 女王陛下のお気に入り - (review)
  18. Shout To The Top 僕がアリアナ・グランデに惹かれる理由 (columns)
  19. interview with Mark Stewart 俺は永遠の楽観主義者だ (interviews)
  20. interview with tofubeats 走る・走る・走る (interviews)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Leftfield Groove 3- 逸脱するグルーヴ5選(3)

Leftfield Groove 3

Leftfield Groove 3

逸脱するグルーヴ5選(3)

文:Yusaku Shigeyasu   Apr 28,2016 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラブに遊びにいき、大音量で延々と紡がれるグルーヴに身を任せていると、時間感覚が麻痺することがある。酩酊と陶酔が増してくる深い時間帯に特有の状態だ。ただ音楽に没頭していると、自分の意志で体を動かしているのかどうかさえ曖昧になり、意識と体が蛇行運転しているかのような気分になる。
 ずっと聴き続けていられるループとでも呼べそうな、展開の少ないミニマルなトラックをそうした酩酊状態で聴くと、暗がりのダンスフロアに轟く反復グルーヴの中に意識が深く浸透していき、数十秒を数分間のように感じることがあるのだ。
 そんなとき、トラックに起こるちょっとした展開が劇的な音楽体験をもたらすことがある。特に派手な展開は必要ない。モノトーンなビートに切れのいいハイハットやクラップが加えられるだけで、黙々と揺れ動く人々で埋め尽くされたフロアから絶叫が上がる、そんな光景を目にしてきた人は少なくないはずだ。そこで今回は前回までの流れをくんだうえで、深い時間に聴くと映えそうな陶酔性溢れる個性的なグルーヴの5曲をピックアップした。

MGUN – NVR (Don't Be Afraid)

うねる低音、大きく間を取ったキック、そして、少し歪んだスネアとハイハットからなる殺伐としたイントロ部を経て、不穏なパッドがじわじわと空間を侵食していくワルい1曲。カウベルの挿入と同時にキックのシーケンスが変化する2分30秒あたりの展開がたまらない。

Unknown Artist - Spirit 1 (Booma Collective)

スザー(Szare)のトラックを音数少なくアレンジしたようなミニマルな1曲。虫の音のように細やかに揺れ動く電子音が輪郭のハッキリとした金属音へ移行していく様子に意識が引きつけられる。シンコペートするビートが厚みを増していく後半部も深い時間に合う。

A Sagittariun - The Naming Of The Names (Elastic Dreams)

中盤に薄っすらとしたパッドを使ったブレイクがあるが、えぐるようなキックとベースで組まれたUKガラージ風ビートは使い勝手がいい。16分刻みのハイハットが音場を縦にも横にも動き回るので、大きな展開がなくても飽きがこない。

A Made Up Sound - I Repeat (Delsin)

これまでに“テイク・ザ・プランジ”など素晴らしい変化球の数々を編み出してきたア・メイド・アップ・サウンドがまたしてもやってくれました。1拍目のキックと最深部に激震する低域を軸にパーカッションフレーズが抜き差しされる中、パッドが全体を包み込んでいくドリーミーなトラック。

ASOK - Side Scrolling (Creme Organization)

ひび割れたシンセのゆるやかな起伏とざらついたドラムマシンによるファンクネスが絡み合うことで生まれる静かな熱狂と退廃的なムード。ハマりにハマりまくったパーティーの終盤ではこんなトラックも映えそうだ。

文:Yusaku Shigeyasu