ele-king books

映画西口東口

芝山幹郎

2015/12/25   本体2,750円+税  

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)から、『マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)まで。
15年間の娯楽映画171本を紹介する、大ボリューム映画本の決定版!

新作・旧作含めて、年間250本観ている映画評論家・芝山幹郎による、最新映画紹介本。21世紀に公開された映画約13000本のなかから、娯楽映画を抽出。計171本を独自の切り口(西口映画:話や動きがおもしろい/東口映画:気配や匂いが面白い)で紹介。巻末に、若手映画評論家の
森直人との対談『21世紀娯楽映画の行方』を収録。21世紀始めから現在までを総括し、娯楽映画の未来を鼓舞する。

著者
芝山幹郎(しばやま・みきお)
評論家・翻訳家。1948 年石川県生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。アメリカ文化や映画への造詣が深く、独自の映画評論を展開。主な著書に『映画は待ってくれる』(中央公論新社)、『映画一日一本―DVD で楽しむ見逃し映画365』(朝日新聞社)、『アメリカ映画風雲録』(朝日新聞出版)、『映画は遊んでくれる』(清流出版)、『今日も元気だ映画を見よう粒よりシネマ365本』(KADOKAWA)など。主な連載にキネマ旬報、週刊文春、NUMBER、GQ、PEN、エコノミスト、映画.com など。他にも劇場用パンフレットへの寄稿や対談など多数。


ご注文は最寄の書店でもお取り寄せが可能です。
また、バックナンバー、お取り扱い店、募集中です!

貴店名

番線

書店コード

ご担当者さまお名前

書籍名/冊数

備考

※こちらの注文フォームは店舗さま専用となります
ご個人でお買い求めいただける場合は、お近くの書店、レコード店さま、または各社さま通販サイト等をご利用ください