ele-king books

『キング・オブ・ザ・ブルース登場 ── B.B.キング』

チャールズ・ソーヤー(著)
日暮泰文(監修)
染谷和美(訳)

2015/12/02   本体3,300円+税  

このエントリーをはてなブックマークに追加

 B.B.キング評伝の名著にしてブラック・ミュージック研究本の古典、35年を経ての初の翻訳刊行。

 彼はなぜ“ブルースの王者”なのか。彼を真のブルースマンたらしめたものの正体とは?
そして、14歳のときにミシシッピの農園で綿花の小作農をしていた孤児の少年が、いかようにして49歳にして世界的な名声を得ようとするまでに至ったのか──?

 ブルースの王様、B.B.キングの評伝の決定版がようやく日本で刊行される。1930年代のアメリカ南部の、まだジム・クロウ法(人種差別制度)が存在した時代においてブルースマンはどのような人生を歩み、そして音楽は研磨されていったのか……。


ご注文は最寄の書店でもお取り寄せが可能です。
また、バックナンバー、お取り扱い店、募集中です!

貴店名

番線

書店コード

ご担当者さまお名前

書籍名/冊数

備考

※こちらの注文フォームは店舗さま専用となります
ご個人でお買い求めいただける場合は、お近くの書店、レコード店さま、または各社さま通販サイト等をご利用ください