ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Nubiyan Twist - Jungle Run (review)
  2. Columns 追悼:KAGAMI (columns)
  3. Roma/ローマ - (review)
  4. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  5. Myriam Bleau - Lumens & Profits (review)
  6. sugar plant ──シュガー・プラントのワンマンライヴを目撃せよ (news)
  7. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  8. 中原昌也 ──作家デビュー20周年を記念し最新小説とトリビュート作品集が2冊同時リリース (news)
  9. ブラック・クランズマン - (review)
  10. K A R Y Y N - The Quanta Series (review)
  11. 柴田聡子 - がんばれ!メロディー (review)
  12. C.EからリリースのカセットテープはPLOYのミックス (news)
  13. Columns What’s the point of indie rock? インディー・ロックの核心とは何か (columns)
  14. GRADIS NICE & DJ SCRATCH NICE - Twice As Nice (review)
  15. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)
  16. 巻紗葉インタヴュー・マラソン ロールシャッハ・ノート #3 Only Love Hurts(a.k.a. 面影ラッキーホール) (columns)
  17. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  18. interview with IO KoolBoyの美学 (interviews)
  19. interview with Masato Matsumura これからの前衛音楽のために (interviews)
  20. David Byrne - American Utopia (review)

Home > Regulars > NaBaBaの洋ゲー・レヴュー超教条主義

NaBaBaの洋ゲー・レヴュー超教条主義

NaBaBaNaBaBa
CGイラストからアナログ絵画、パフォーマンスや文章執筆までマルチにこなす、本業は駆け出しのゲームデザイナー。三度の飯よりゲーム好き。座右の銘は高杉晋作の「おもしろき こともなき世に おもしろく」。

vol.12 『Transistor』
Jul 01,2014 UP

vol.12 『Transistor』

──欧米産の日本的感性のゲーム

vol.10 『The Last of Us』
Oct 25,2013 UP

vol.10 『The Last of Us』

――質実剛健さの中に覗かせる次世代の可能性

Vol.9 「Razer Edge」
Aug 09,2013 UP

Vol.9 「Razer Edge」

――極一部のPCゲー・オタクのみに向けた、究極の変態デバイス

Vol.8 『BioShock: Infinite』
May 30,2013 UP

Vol.8 『BioShock: Infinite』

――かくして今世代のFPSは終わりを告げる

Vol.7 『Dishonored』
Apr 03,2013 UP

Vol.7 『Dishonored』

――なき〈Looking Glass Studios〉の総決算的作品

vol.6 『Journey』
Feb 05,2013 UP

vol.6 『Journey』

――アート・ゲームを定義する

vol.5 『Hotline Miami』
Nov 28,2012 UP

vol.5 『Hotline Miami』

――血とネオンと音の洪水から垣間見える、暴力ゲームの美学

vol.4 『Fez』
Oct 26,2012 UP

vol.4 『Fez』

――錯視の世界はインディーズ・ゲームの黄金比を描く

vol.3 “何を”するかではなく”どう”するか
Sep 21,2012 UP

vol.3 “何を”するかではなく”どう”するか

――自由の意味を広げた名作『Deus Ex』

vol.2 硬派なのは見た目だけじゃない
Aug 27,2012 UP

vol.2 硬派なのは見た目だけじゃない

――中年系スタイリッシュ・アクション『Max Payne 3』