MOST READ

  1. JJJ - HIKARI (review)
  2. interview with tofubeats インターネットの憂鬱 (interviews)
  3. Jane Weaver - Modern Kosmology (review)
  4. Columns 追悼:KAGAMI - (columns)
  5. HIP HOP definitive 1974-2017 ──『ヒップホップ・ディフィニティヴ 1974-2017』刊行のお知らせ (news)
  6. YPY - 2020 (review)
  7. interview with !!! (Nic Offer) 大バカの能無しにファック! でもそれは答えじゃない (interviews)
  8. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  9. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  10. Moan - Shapeless Shapes (review)
  11. ブレイディみかこ──新刊『いまモリッシーを聴くということ』、いよいよ刊行します! (news)
  12. 能地祐子×萩原健太「米国音楽好きのためのクラシック音楽入門」 (news)
  13. Burial ──ブリアルがニュー・シングルをリリース (news)
  14. すばらしか ──キングブラザーズが大絶賛するバンド、すばらしかが初の全国流通盤をリリース (news)
  15. Wayne Snow - Freedom TV (review)
  16. interview with IO - KoolBoyの美学 (interviews)
  17. 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ - (review)
  18. interview with Arca 痛み&&&電子&&音響 (interviews)
  19. Cornelius ──2017年前半のクライマックス、コーネリアスの新境地を聴け! (news)
  20. Thundercat──時代が悪くなると音楽は面白くなる……サンダーキャットの新作もすごい (news)

Home > Writters > Alixkun

Alixkun
Alixkun Alixkun
フランス生まれ、現在日本在住の日本をこよなく愛するフランス人Alixkun。Jazzy Couscousを共創始し、これからレーベルの活動を展開しながら、ハウスの若手外国人DJを日本に招待し新鮮なパーティ企画を準備している。90年代ハウス・ミュージックに強く陶酔し、2000年代前半にフランスにてDJをはじめる。2008年より生活拠点を含めて活動拠点を日本の東京に移し、2010年からSMACKのEddie Perez, Karizma, Alex from Tokyoなどと共演、それ以外に都内のクラブやDJバー、カフェなどでもプレイ。 自身の強く影響を受けてきた、Masters At Work、Smack Productions、Kerri Chandler、Blaze、Basement Boys、Underground Resistanceといったラインアップが象徴するように、"HOUSEHOLIC(「ハウス中毒」の意)"なAlixkunのプレイはいつも聴く者を瞬く間に笑顔にする。