ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Boris スラッジ・メタルの異星、その現在を語る (interviews)
  2. Broadcast ──ブロードキャストのレア音源が一挙リイシュー&リリース (news)
  3. Àbáse - Laroyê (review)
  4. Columns ジャズとアンビエントの境界で ──ロンドンの新星ナラ・シネフロ、即完したデビュー作が再プレス&CD化 (columns)
  5. Oval - Ovidono (review)
  6. Random Access N.Y. vol.132:NYではレコードのある生活が普通になっている (columns)
  7. Floating Points × Pharoah Sanders ──これはすごい! フローティング・ポインツとファラオ・サンダースの共作がリリース (news)
  8. 年明けのダンス・ミュージック5枚 - (review)
  9. interview wuth Geoff Travis and Jeannette Lee 〈ラフ・トレード〉が語る、UKインディ・ロックの現在 (interviews)
  10. interview with Cornelius 新作『Ripple Waves』を語る (interviews)
  11. Ehiorobo - Joltjacket (review)
  12. dj honda × ill-bosstino - KINGS CROSS (review)
  13. interview with BORIS 往復するノイズ (interviews)
  14. BROADCAST - WORK & NON-WORK (review)
  15. interview with Primal 性、家族、労働 (interviews)
  16. Parris - Soaked In Indigo Moonlight (review)
  17. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  18. グソクムズ ──秋に吹く爽やかな一陣の風、吉祥寺から注目のバンドが登場 (news)
  19. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  20. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第6回 笑う流浪者、あるいはルッキズムに抗うための破壊 (columns)

Home >  DJ Chart >  ERA > ERA(DipAura / 1968 / meki-higon.com)

ERA

ERA(DipAura / 1968 / meki-higon.com)

Jan 20,2012 UP

ERA(DipAura / 1968 / meki-higon.com)

ヒゴエラRAVE20周年記念企画・DipAura 89th!!
2012年1月21日 @中野Heavysick zeroにて。
http://blog.meki-higon.com/
http://meki-higon.com/DipAura/


もう何年も飽きることなく、聴き出すと全曲聴いてしまうアルバム・チャート 2012/01/16


1
Gilberto Gil & Caetano Veloso - Tropica´lia 2 - Universal
おそらく人生でいちばん聴いているアルバム。とにかく全曲歌えるくらい(無理だけど)聴いているので、我が家のシステムに手を加えたときの試聴盤としても活躍してる。

2
Henry Kaiser - Eternity Blue - Shanachie
奇人ヘンリー・カイザーが溢れる愛でデッドをカヴァー。トム・コンスタンチンも参加していて、かなりクレイジーな展開をするのについリピート聴きしてしまう...

3
Wunder - Wunder - karaoke Kalk
ぼーっとアフターしてるときに聴いてなくても脳内で鳴っているレベル。一時期、これとMice Paradeがヘビロテだったなぁ。

4
Bob Dylan - No Direction Home: The Soundtrack (The Bootleg Series, Vol. 7) - Columbia/ Legacy
高速道路専門ドライバーの私は、いつもこれでボブ・ディラン運転。たいてい同乗者は全員寝ている...

5
V.A. - Folk, Jazz & Poetry - IRMA
コンピを入れるのは反則だけど、これは選曲も流れもジャケも素晴らしく、一枚のアルバムといっていい。セルメンから4 Hero、Rotary Connectionにマイケルまで!

6
Muleskinner - A Potpourri of Bluegrass Jam - Dbk Works
超絶ブルーグラス、Muleskinnerの一枚きりのスタジオ盤。一瞬が永遠に輝くという証明。

7
The Golden Palominos - Pure - Restless Records
エロい。それに尽きる。なぜかブーチーがギターで参加してる。

8
Moby Grape - Wow - SONY BMG
LSD。それに尽きる。

9
Lewis Furey - Lewis Furey - A&M
淫靡。それに尽きる。二十歳そこそこで初めて聴いて以来、これには取り憑かれているので、我が家にはアナログ2枚、CD2枚あったりする。アホか。

10
ダブマロニクス - Melts Slowly - CIL
これとDub Squadの1st「dub in ambient」は、日本のアンビエント・アルバム最高峰だと思うのです。タイトル通りのとろけ具合。