ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Dorian Concept 自分自身を模倣すること (interviews)
  2. Binker and Moses - Alive In The East? / Ill Considered - Live At Total Refreshment Centre (review)
  3. interview with X-Altera (Tadd Mullinix) 幼年期の終わりとシークレット・テクノロジー (interviews)
  4. 子どもたちの階級闘争――ブロークン・ブリテンの無料託児所から - ブレイディみかこ (review)
  5. Khalab - Black Noise 2084 (review)
  6. interview with Eiko ishibashi 音をはこぶ列車/列車をはこぶ音 (interviews)
  7. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが9月に新作「Collapse EP」をリリース (news)
  8. ヒロインズ - ケイト・ザンブレノ 訳:西山敦子 (review)
  9. Columns Pファンクとは何か? ──『Chocolate City』の40周年記念にかこつけて (columns)
  10. Lotic - Power / Witch Prophet - The Golden Octave (review)
  11. Sigur Rós - Route One (review)
  12. Dirty Projectors - Lamp Lit Prose (review)
  13. Kanye West - ye (review)
  14. Tim Hecker ──ティム・ヘッカーが雅楽のグループとコラボした新作をリリース、10月には来日公演も (news)
  15. Brainfeeder ──〈ブレインフィーダー〉日本初のポップアップ・ショップが登場&フライング・ロータス監督映画作品が上映 (news)
  16. Actress × London Contemporary Orchestra - LAGEOS (review)
  17. Kelela ──新世代R&Bシンガー、ケレラがついにデビュー・アルバムをリリース (news)
  18. Columns ハテナ・フランセ 第15回 W杯優勝とその余波 (columns)
  19. interview with Yukio Edano つまり……下からの政治とはいったい何なのか (interviews)
  20. Gang Gang Dance - Kazuashita (review)

Home >  SHOP Chart >  JAPONICA music store&cafe bar > Chart by JAPONICA 2011.10.03

Oct 03,2011 UP

JAPONICA music store&cafe bar

このエントリーをはてなブックマークに追加

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町476 アシストビルB1
PHONE : 075-211-8580 FAX: 075-211-8530
OPEN : 12:00~21:00 (music store) / 11:30~23:30 (cafe & bar)

JAPONICA 全般についてのお問い合わせ先
電話受付時間 : 店鋪営業時間内
電話番号: 075-211-8580
ファクス番号: 075-211-8530
E-mail : info@japonica-music.com

2006年4月にオープン、2009年4月にリニューアル。ハウス、テクノ、ヒップホップ、ブレイクビーツといったダンスミュージックを中心に、 ジャズ、ソウル、レゲエ、ダブ、アフロなどを独自のセレクトで幅広く展開。リニューアル以降、自社レーベルにも力を入れていて、所属アーティストらによる 作品をはじめ、独自のネットワークによるココでしか手に入らないような作品も多数取扱い中。
併設のカフェ・バーで食事やお酒を楽しみながら試聴が出来るほか、毎週のように京都のおすすめDJやミュージシャンによるパーティーも開催。海外アーティ スト、DJを招聘することもアリ。単なるレコ屋を超えた次世代ミュージック・スポットを目論みつつ京都、寺町御池にて奮闘中!

http://www.japonica-music.com

Shop Chart


1

COFFEE & CIGARETTES BAND

COFFEE & CIGARETTES BAND SESSIONS -LIVE AT FORESTLIMIT- DISQUES CORDE / JPN / 2011/9/28 »COMMENT GET MUSIC
3台のラップトップ、ドラム、シンセサイザー、フルート、ギターと総勢8名によるほぼバンド編成とも言える迫力の陣容で送る第2弾。根底としてあ るDJ視点な部分がしっかりセッションの中で息づいており耳馴染みがとても良くミックスCD感覚でも楽しめます◎そしてKUTMAHに続くジャ ケット・アートワークは勿論この人、山尾光平 as BAKIBAKI!<CORDE>主宰MASAAKI HARA氏のライナーノーツも封入。内容/仕様共に素晴らしい!

2

THEO PARRISH

THEO PARRISH PARALLEL DIMENSIONS UBIQUITY / US / 2011/9/27 »COMMENT GET MUSIC
00年に自身のレーベル<SOUND SIGNATURE>から少量限定リリースされるも即廃盤、その後当時デトロイト勢へ熱い視線を注いでいたUS西海岸の良心<UBIQUITY>より04 年にアナログ未収録曲も追加でジャケも新たにリマスタリング・リイシューされたTHEO PARRISH傑作セカンド。この度長らく入手困難となっていた、その<UBIQUITY>盤が待望のオフィシャル・リイシュー!

3

V.A. [GLOWING PALMS / RUF DUG]

V.A. [GLOWING PALMS / RUF DUG] RUF KUTZ #3 RUF KUTZ / UK / 2011/9/28 »COMMENT GET MUSIC
RUF DUGが仕掛ける限定エディット・シリーズ<RUF KUTZ>第3弾!今回は新株GLOWING PALMSとのカップリングです。リプレス無しの限定250枚!

4

DJ NATURE

DJ NATURE CELEBRATE YOUR LIFE / LET IT RING GOLF CHANNEL / US / 2011/9/22 »COMMENT GET MUSIC
ラグドなクラップ・グルーヴに淡いシンセ・フレーズ、そして味わい深いヴォーカル/コーラス・ワークが艶やかにフィーチャーされる極上ブラック・ ビートダウン"CELEBRATE YOUR LIFE"、そしてディスコ・ファンク調のミニマルな疾走系グルーヴにこちらも黒い女性ヴォーカルが絶妙に馴染むクラップ・ディスコ・ハウス"LET IT RING"の鉄壁2トラック!

5

DJ NATURE

DJ NATURE EDITS VOL.1 GOLF CHANNEL / US / 2011/9/22 »COMMENT GET MUSIC
エレクトロ~初期ハウス的色合いが強いマッシヴな重厚四つ打ちグルーヴ"C.O.A"、爽やかなフィージョン・ソウルをネタにループ/ボトム強化 でグッとフロア映えするダンス・トラックへと仕立てた"BILLY C"、そしてパーカッション/チャント/ハットのコンビネーションが絶妙すぎるアフロ/土着ネタのミニマル・エディット"BUSH BEAR"と、いずれもDJ NATURE色がはっきりと滲み出た絶品トラックに仕上がっております◎

6

WILL SESSIONS

WILL SESSIONS THE ELMATIC INSTRUMENTALS FAT BEATS / US / 2011/9/24 »COMMENT GET MUSIC
孤高のリリシストNASの大傑作ファースト・アルバムにして90'Sヒップホップを語る上では外せない超重要作「ILLMATIC」をSLUM VILLAGEのELZHIが同郷のファンクバンドWILL SESSIONSを従え並々ならぬリスペクトを込め忠実にカヴァーしてしまった強烈作、その名も「ELMATIC」・・・のインスト盤、つまりWILL SESSIONS単体での「ILLMATIC」カヴァー!

7

ONRA

ONRA CHANGE OF HEART / KEEP ON LOVING ME ALL CITY DUBLIN / UK / 2011/9/25 »COMMENT GET MUSIC
A面はCHANGE"HEAVEN OF MY LIFE"を持前の肉厚エレクトロ・ヒップ・ビートにもったりレイドバック感注入にてズルリと料理仕上げたリエディット(ほぼリミックス)"CHANGE OF HEART"、そしてC/Wではこちらも極太ボトムでTHE WHISPERS"KEEP ON LOVIN' ME"をコーラスパートのループ・エディットでスムーシーにリエディットした"KEEP ON LOVIN' ME"を収録。

8

ANTHONY JOSEPH & THE SPASM BAND

ANTHONY JOSEPH & THE SPASM BAND RUBBER ORCHESTRAS HEAVENLY SWEETNESS / FRA / 2011/9/25 »COMMENT GET MUSIC
2大レジェンド、GILL SCOTT HELON&FELA KUTIからの色濃い影響を随所で垣間見せつつも二番煎じには収まらないオリジナル風情で紡ぎだす2011年型アフロ・ソウル傑作。ANTHONY JOSEPHのヴァーカル/ポエトリーもさることながら、やはりバック演奏を務めるTHE SPASM BANDのオーソドックスを踏襲した情熱的なアフロ/ファンク・グルーヴも素晴らしスギル!

9

DJ DUCT

DJ DUCT ONE TURNTABLE LIVE MIX "TODAY : TOMORROW" THINKREC. / JPN / 2011/9/14 »COMMENT GET MUSIC
ルーツでもあるファンク/レアグルーヴに「BACKYARD EDIT」収録ナンバーを織り交ぜ小気味良く展開していく"TODAY (FUNK SET)"サイド。そしてシーンを代表する大御所JEFF MILLSもDOMMUNE競演時に驚嘆の声をあげ、初見の数多くのオーディエンスを虜にさせた話題のダンスミュージック・セットとな る"TOMORROW (TECHNO SET)"の2テイクを収録。

10

JAMES PANTS & TOM NOBLE

JAMES PANTS & TOM NOBLE SELECTED SOUND REMIXES PT. 1 FACES / LES DISQUES SUPERFRIENDS / FRA / 2011/9/11 »COMMENT GET MUSIC
抜けの良いパーカッシヴ・ドラムブレイクがリズミックに進行するロービート・ファンク・ナンバー"DRUM AROUND"をドラムブレイクそのままにいかにもJAMES PANTS"らしい"ニュー・ウェイブ/エレクトロ・ライクなシンセ・フレーズを交えつつ長尺リミックスしたA面。そしてブギー感のあるキーボード・プレ イが印象的なエレクトロ・ジャズ・ファンク"DRUMCRAZY"をパーカッションの効いたディスコ・ビートにスペース・シンセ煌くダンス・ト ラックへとアップデートしたTOM NOBLEリミックスのB面。