ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Kelela たとえばビヨンセのアルバムを好きな人は、ケレラもチェックしましょう (interviews)
  2. Ishmael Reed - The Hands of Grace | イシュメール・リード (review)
  3. Columns ギラ・バンド、ガールズ・バンド、そして音楽的不快感 (columns)
  4. Karolina - All Rivers | カロリナ (review)
  5. interview with Young Fathers 日本はもっとヤング・ファーザーズを聴くべき | アロイシャス・マサコイ (interviews)
  6. Kazufumi Kodama & Undefined ──あの素晴らしきKazufumi Kodama & Undefinedのライヴがついに決定 (news)
  7. R.I.P. 鮎川誠 | シーナ&ロケッツ (news)
  8. ダースレイダーとプチ鹿島による破天荒な映画、『劇場版 センキョナンデス』が2月18日(土)よりロードショー (news)
  9. R.I.P. Tom Verlaine 追悼:トム・ヴァーレイン (news)
  10. Columns 高橋幸宏 音楽の歴史 (columns)
  11. TechnoByobu ——君は「テクノ屏風」を知っているか (news)
  12. John Cale - Mercy | ジョン・ケイル (review)
  13. Joesef - Permanent Damage | ジョーセフ (review)
  14. 坂本龍一 - 12 (review)
  15. R.I.P. Yukihiro Takahashi 追悼:高橋幸宏 (news)
  16. Kelela & Asmara - Aquaphoria | ケレラ、アスマラ (review)
  17. Matthewdavid ──LAのマシューデイヴィッドがトリッピーな新作EPを投下、年内には久々のアルバムも (news)
  18. Rainbow Disco Club 2023 ——今年はジェフ・ミルズ登場、ほか豪華キャストで開催 (news)
  19. Weldon Irvine ——ブラック・ミュージックの宝石、ウェルドン・アーヴィンの原盤権・著作権を〈Pヴァイン〉が取得し、リイシューを開始します (news)
  20. R.I.P. Terry Hall 追悼:テリー・ホール (news)

Home >  SHOP Chart >  JAPONICA music store&cafe bar > Chart by JAPONICA music store&cafe bar 2011.11.28

Nov 28,2011 UP

JAPONICA music store&cafe bar

〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町476 アシストビルB1
PHONE : 075-211-8580 FAX: 075-211-8530
OPEN : 12:00~21:00 (music store) / 11:30~23:30 (cafe & bar)

JAPONICA 全般についてのお問い合わせ先
電話受付時間 : 店鋪営業時間内
電話番号: 075-211-8580
ファクス番号: 075-211-8530
E-mail : info@japonica-music.com

2006年4月にオープン、2009年4月にリニューアル。ハウス、テクノ、ヒップホップ、ブレイクビーツといったダンスミュージックを中心に、 ジャズ、ソウル、レゲエ、ダブ、アフロなどを独自のセレクトで幅広く展開。リニューアル以降、自社レーベルにも力を入れていて、所属アーティストらによる 作品をはじめ、独自のネットワークによるココでしか手に入らないような作品も多数取扱い中。
併設のカフェ・バーで食事やお酒を楽しみながら試聴が出来るほか、毎週のように京都のおすすめDJやミュージシャンによるパーティーも開催。海外アーティ スト、DJを招聘することもアリ。単なるレコ屋を超えた次世代ミュージック・スポットを目論みつつ京都、寺町御池にて奮闘中!

http://www.japonica-music.com

Shop Chart


1

MIND FAIR

MIND FAIR KERRY'S SCENE INTERNATIONAL FEEL / URY / 2011/11/21 »COMMENT GET MUSIC
最近ではTHE RHYTHM ODYSSEY名義でも知られるCHICKEN LIPSのメンバー=ベテランDEAN MEREDITHとUK/バーミンガムのディスコ・ユニットTHE MAIN STEMの片割れBEN SHENTONから成る新生ユニットMIND FAIR。フォーキー・サイケ・ディスコ/チル・トラック極上作!THEO PARRISH&LEGOWELTリミックス収録。

2

MASAMATIX

MASAMATIX MOVIN' EP LIQUID / ULTRA-VYBE / JAZZY SPORT / JPN / 2011/11/23 »COMMENT GET MUSIC
極上ダビー・ディスコ/ハウス推薦盤!大御所MAURICE FULTONリミックス搭載!国内ダブ・サウンドの草分けAUDIO ACTIVEのフロントマン=MASAMATIXによる確固たるダブ精神を根底に多彩なダンス・ミュージックへとアプローチを試みた先頃リリースの傑作ソ ロ・アルバム「MOVIN'」から12"EPが登場!

3

VAKULA

VAKULA LELEKA 001 LELEKA / UKR / 2011/11/16 »COMMENT GET MUSIC
ウクライナの才能VAKULA、遂にオウン・レーベル<LELEKA>を立ち上げ新作をドロップ!ストーリー性も感じられるVAKULAオウン・ レーベルからの渾身の一枚!ブラックなビートダウン/ハウス嗜好が滲み出た極上盤。

4

SHOCKS

SHOCKS II ESP INSTITUTE / UK / 2011/11/21 »COMMENT GET MUSIC
ドープ・サイケ・ダブ・ディスコ推薦盤!イタリアン・デュオ=SHOCKSのディープでダビーな濃厚3トラックス!COS/MES等のリリースで お馴染み親日家LOVE FINGERSが仕掛ける<ESP INSTITUTE>よりイタリアを拠点に活動する新鋭ユニットSHOCKSセカンド・リリース作。

5

PSYCHEMAGIK

PSYCHEMAGIK HEALIN' FEELIN' EDITS PSYCHEMAGIK / UK / 2011/11/21 »COMMENT GET MUSIC

6

ALTZ & RONDENION

ALTZ & RONDENION SOL LEVANTE EP BOSCONI EXTRA VIRGIN / ITA / 2011/11/16 »COMMENT GET MUSIC
世界規模で活躍する邦人クリエイター同士の好カップリング!シカゴ<STILL MUSIC>、名門<RUSH HOUR>等から良質リリース連発のRONDENION、そして大阪が世界へ誇る奇才ALTZによるビートダウン・コンセプトでのカップリング12"!

7

THE LIJADU SISTERS

THE LIJADU SISTERS DANGER / ORERE-ELEJIGBO SOUL JAZZ / UK / 2011/11/21 »COMMENT GET MUSIC
間もなくリリース予定のTHE LIJADU SISTERSの70年代<AFRODISIA>音源のコンピレーション・アルバムから、まずは12"仕様の高音圧カッティングで2トラックが先行リリー ス!その独特の歌いまわしに、70'Sラゴスのヒリヒリした空気感が充満するサイケ&へヴィな剥き出しアフロ・ファンク・グルーヴが最高にカッコ 良い"DANGER"、そしてダブワイズがほど良く効いたファットなアフロ・ダブ・ナンバー"ORERE-ELEJIGBO"をカップリング!

8

FAR OUT MONSTER DISCO ORCHESTRA

FAR OUT MONSTER DISCO ORCHESTRA KEEP BELIEVING (CAN YOU FEEL IT) REMIXES FAR OUT / UK / 2011/11/6 »COMMENT GET MUSIC
<FAR OUT>レーベル所縁の面々によるスペシャル・ユニット=FAR OUT MONSTER DISCO ORCHESTRAシングル第6弾。この度遂にTHEO PARRISH登場です!聴けば分かるTHEO節炸裂の生音ドラムのコンビネーションに、フュージョン・タッチなジャジー・リフが絡む極上メロウ・ビート ダウン・リミックス、そしてC/Wには新鋭KOMPLEKSによるこちらも流麗なピアノ・フレーズが美しく響くファットなスロー・ディスコ・リ ミックスを収録!

9

SHIMMY SHAM SHAM

SHIMMY SHAM SHAM SHIMMY SHAM SHAM 004 SHIMMY SHAM SHAM / GER / 2011/11/23 »COMMENT GET MUSIC

10

THEO PARRISH

THEO PARRISH S.T.F.U. SOUND SIGNATURE / US / 2011/11/15 »COMMENT GET MUSIC
THEO PARRISH流シカゴハウス・オマージュ!独特のプリミティブなグルーヴを交えつつも、キック/スネア/ハットの絶妙なコンビネーションにベースライン /ブリープ音のみでストイックに構築されたシカゴ・オマージュなTHEO流ドープ・アシッド"S.T.F.U."。空気感は完全にオールドスクー ル・シカゴ、、だけど音色は確実にTHEO PARRISH節が隅々まで息づいたヒプノティック・ドーペスト・ビートダウンに!