ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  2. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  3. すずえり - Fata Morgana (review)
  4. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  5. Cafe OTO ──多くの日本人アーティストも参加。コロナ渦を乗り切るための、ロンドンの〈Cafe OTO〉主宰のレーベル〈TakuRoku〉に注目 (news)
  6. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  7. 169 - SYNC (review)
  8. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  9. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  10. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  11. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  12. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  13. Boris ──世界的に評価の高いヘヴィロック・バンド、ボリスが完全自主制作による新作をリリース (news)
  14. Moodymann - Take Away (review)
  15. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  16. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  17. RILLA ──これが噂のリラ、ついにデビュー作を発表 (news)
  18. Speaker Music - Black Nationalist Sonic Weaponry (review)
  19. interview with Mhysa ジャネット・ジャクソンとブランディが好きな〈NON〉~〈ハイパーダブ〉のシンガー (interviews)
  20. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)

Home >  News > Throbbing Gristle - ──〈ミュート〉がスロッビング・グリッスルの代表作をリイシュー

Throbbing Gristle

Throbbing Gristle

──〈ミュート〉がスロッビング・グリッスルの代表作をリイシュー

Mar 29,2017 UP

 ダニエル・ミラーは自分の趣味に忠実な人間で、〈ミュート〉はこのたび、バンドの協力のもとスロッビング・グリッスルの全カタログをリイシューすると発表した。
 フルクサスのパフォーマンス・アートないしはメール・アートの影響下、1969年から1970年代のロンドンのアンダーグラウンドにおける伝説となったアート集団、COUMを前身にもつスロッビング・グリッスルは、セックス・ピストルズがデビューした1976年、彼らとは別の場所で、翌日タブロイド紙を激怒させることになる、過激なポルノと、そして血と小便と嘔吐にまみれたショーを試みていた。そして同年、インダストリアル・レコーズを立ち上げて作品を発表していく彼らだが、それらは後のエレクトロニック・ミュージックにおいて大きな影響を残すことになる……という話は電子音楽が好きな人にはよく知られている。
 今回再発されるのは、代表作として知られる以下の4枚+ベスト盤1枚+近年の成果2枚。
 『The Second Annual Report』(’77年)
 『D.O.A. The Third And Final Report』(’78年)
 『20 Jazz Funk Greats』(’79年)
 『Heathen Earth』(’80年)
 『Greatest Hits』(’80年)
 『Part Two The Endless Not』(2007年)
 『Thirty-Second Annual Report』(2008年)
 まずはApple MusicとSpotifyでも配信され、ボックス・セットや各アルバムのリイシューが予定されている。


TWEET

chillsukeThrobbing Gristle──〈ミュート〉がスロッビング・グリッスルの代表作をリイシュー | ele-king https://t.co/ClpNEM2gyD @___ele_king___さんから@chillsuke 04.5 15:49

regret_memoThrobbing Gristle──〈ミュート〉がスロッビング・グリッスルの代表作をリイシュー | ele-king https://t.co/4njF0INt58@regret_memo 04.8 12:06

NEWS