ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  2. Tenderlonious - The Piccolo - Tender Plays Tubby / Tenderlonious - Tender in Lahore (review)
  3. Sun Araw ──サン・アロウ『ロック経典』の日本盤が登場 (news)
  4. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  5. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  6. John Carroll Kirby ──LAの鍵盤奏者ジョン・キャロル・カービーが奏でるアンビエント・ジャズ、〈Stones Throw〉より (news)
  7. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  8. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  9. すずえり - Fata Morgana (review)
  10. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  11. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  12. Moodymann - Take Away (review)
  13. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  14. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  15. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  16. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  17. interview with KANDYTOWN 俺らのライフが止まることはないし、そのつもりで街を歩く (interviews)
  18. Speaker Music - Black Nationalist Sonic Weaponry (review)
  19. interview with BORIS 往復するノイズ (interviews)
  20. Boris ──世界的に評価の高いヘヴィロック・バンド、ボリスが完全自主制作による新作をリリース (news)

Home >  News > Maisha - ──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場

Maisha

Maisha

──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場

Photo by Sonni Rossi   Oct 04,2018 UP

 まあちょっとざっくり言うと、2018年は『We Out Here』からはじまった。ロンドンのアンダーグラウンドからUKジャズの新しい波がやって来て、スピリチュアル・ジャズにアフロビートをたたき込み、クラブ・カルチャーと隣接しながらシーンに喜びと恍惚をもたらしたと。
 いろんなミュージシャンの名前を覚えた。シャバカ・ハッチングスをはじめ、モーゼス・ボイド、ジョー・アモン・ジョーンズ、テンダーロニアス……それから女性サックス奏者のヌビア・ガルシアも。
 『We Out Here』は、マイシャの曲からはじまる。ドラマーのジェイク・ロングが率いるこのグループは、いまの“UKジャズ”のひとつの型を表している代表。要するに、アリス・コルトレーンとファラオ・サンダースからの影響をアフロビートと混ぜること。グループでサックスを吹いているのはヌビア・ガルシア。マルチ・カルチュアルで、男女混合というスタイルにも“いま”を感じる。
 で、そうしたお約束ごと的前説を経て、しかしもっとも重要なことを言うと、場所。抑圧だらけの世界からは隔離された場所。だって場所がなければひとは迷ってしまう。マイシャのデビュー・アルバムは11月9日にジャイルス・ピーターソンの〈ブラウンズウッド〉(日本盤はビート)からリリースされる。タイトルは『There Is A Place』。ぼくたちには“場所”がある。

RELATED

Various Artists - We Out Here Brownswood Recordings/ビート

Reviews Amazon

TWEET

seshiappleMaisha ──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場 | ele-king https://t.co/HudBzuC2xz @___ele_king___さんから@seshiapple 10.5 09:05

Kid_DicMaisha ──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場 | ele-king https://t.co/zlODVgrzzo @___ele_king___さんから@Kid_Dic 10.14 21:07

NEWS