ele-king Powerd by DOMMUNE

Home >  News > Maisha - ──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場

Maisha

Maisha

──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場

Photo by Sonni Rossi   Oct 04,2018 UP

 まあちょっとざっくり言うと、2018年は『We Out Here』からはじまった。ロンドンのアンダーグラウンドからUKジャズの新しい波がやって来て、スピリチュアル・ジャズにアフロビートをたたき込み、クラブ・カルチャーと隣接しながらシーンに喜びと恍惚をもたらしたと。
 いろんなミュージシャンの名前を覚えた。シャバカ・ハッチングスをはじめ、モーゼス・ボイド、ジョー・アモン・ジョーンズ、テンダーロニアス……それから女性サックス奏者のヌビア・ガルシアも。
 『We Out Here』は、マイシャの曲からはじまる。ドラマーのジェイク・ロングが率いるこのグループは、いまの“UKジャズ”のひとつの型を表している代表。要するに、アリス・コルトレーンとファラオ・サンダースからの影響をアフロビートと混ぜること。グループでサックスを吹いているのはヌビア・ガルシア。マルチ・カルチュアルで、男女混合というスタイルにも“いま”を感じる。
 で、そうしたお約束ごと的前説を経て、しかしもっとも重要なことを言うと、場所。抑圧だらけの世界からは隔離された場所。だって場所がなければひとは迷ってしまう。マイシャのデビュー・アルバムは11月9日にジャイルス・ピーターソンの〈ブラウンズウッド〉(日本盤はビート)からリリースされる。タイトルは『There Is A Place』。ぼくたちには“場所”がある。

RELATED

Various Artists - We Out Here Brownswood Recordings/ビート

Reviews Amazon

TWEET

seshiappleMaisha ──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場 | ele-king https://t.co/HudBzuC2xz @___ele_king___さんから@seshiapple 10.5 09:05

Kid_DicMaisha ──重要なのは場所、UKジャズが創出する平穏な場所、マイシャ登場 | ele-king https://t.co/zlODVgrzzo @___ele_king___さんから@Kid_Dic 10.14 21:07

NEWS