ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns ジャズとアンビエントの境界で ──ロンドンの新星ナラ・シネフロ、即完したデビュー作が再プレス&CD化 (columns)
  2. Random Access N.Y. vol.132:NYではレコードのある生活が普通になっている (columns)
  3. Oval - Ovidono (review)
  4. Félicia Atkinson & Jefre Cantu-Ledesma - Un hiver en plein été (review)
  5. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  6. Jenny Hval ──〈4AD〉へ移籍した北欧のシンガー/プロデューサー、ジェニー・ヴァルの新作が発売決定 (news)
  7. 年明けのダンス・ミュージック5枚 - (review)
  8. Ehiorobo - Joltjacket (review)
  9. dj honda × ill-bosstino - KINGS CROSS (review)
  10. Floating Points × Pharoah Sanders ──これはすごい! フローティング・ポインツとファラオ・サンダースの共作がリリース (news)
  11. King Krule - You Heat Me Up, You Cool Me Down (review)
  12. interview wuth Geoff Travis and Jeannette Lee 〈ラフ・トレード〉が語る、UKインディ・ロックの現在 (interviews)
  13. History of Fishmans ——久しぶりのフィッシュマンズのライヴ情報 (news)
  14. Jeff Parker ──ジェフ・パーカーのニュー・アルバムがリリース (news)
  15. Columns 「ハウスは、ディスコの復讐なんだよ」 ──フランキー・ナックルズの功績、そしてハウス・ミュージックは文化をいかに変えたか (columns)
  16. Parris - Soaked In Indigo Moonlight (review)
  17. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  18. Ian Wellman - On The Darkest Day, You took My Hand and Swore It Will Be Okay (review)
  19. SAULT - Untitled (Black Is) / SAULT - Untitled (Rise) (review)
  20. パフォーマンス:クリスチャン・マークレーを翻訳する - @東京都現代美術館 (review)

Home >  DJ Chart >  YOSSY > YOSSY (YOSSY LITTLE NOISE WEAVER)

YOSSY (YOSSY LITTLE NOISE WEAVER)

Jan 06,2011 UP

YOSSY (YOSSY LITTLE NOISE WEAVER)

2011年2月4日(金)、西麻布「新世界」にて、HAKASE-SUNと「夢の鍵盤ナイト」で共演します!詳細は http://shinsekai9.jp/2011/02/04/hy/
鍵盤の饗宴を記念して、愛のキーボーディスト・チャートをお届けします。
myspace | YOSSY ブログ 

私がリスペクトするキーボーディスト・チャート


1
Mose Allison - This New Situation
軽やかで音楽の喜びにみちている。

2
Gonzales - The Tourist
繊細で美しく、新しい。

3
Dr. John ? Big Chief
ドロくささのむこうに、未来的な宇宙を感じさせるオルガンのリフが最高。

4
Antonio Carlos Jobim - Waters of March
かわいらしくて、明るくて、せつない。こんな曲をいつか書きたい。

5
Gladstone Anderson - Will You Stay
グラディーのピアノ、声は、いなたくて素朴で優雅。優雅っていうのがとても大事。

6
Timmy Thomas - Rainbow Power
とても空間的(スペイシー)

7
Jimmy Smith - All the Things You Are
バロック風のこの曲、いつ聴いても新しい。

8
Avelino Mu?oz - Cuchareta
60年代の南国のホテルのラウンジ。エキゾティックな永遠の近未来。

9
Debussy - Clair De Lune
POP MUSIC。ミステリアスで幻想的で美しい。

10
Money Mark - Pick Up The Pieces
彼のHIP HOP的ザックリ感に憧れる。