ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Aphex Twin Live Stream - ──まるで1994年、初来日時のDJを思わせるようなセット (review)
  2. Gloo - XYZ (review)
  3. WXAXRXP Sessions ──〈Warp〉30周年を記念したシリーズ作品が発売、豪華面子が勢ぞろい (news)
  4. interview with Moonchild すべてが自然発生のオーガニック・ソウル (interviews)
  5. Ellen Arkbro - Chords (review)
  6. Kelela & Asmara - Aquaphoria (review)
  7. Headie One - Music x Road (review)
  8. Ash Walker - Aquamarine (review)
  9. interview with Joe Armon-Jones 深化するUKジャズの躍動 (interviews)
  10. Nkisi ──新世代テクノの急先鋒、キシ来日直前インタヴュー (news)
  11. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  12. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  13. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  14. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  15. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  16. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  17. Bon Iver ──ボン・イヴェールの来日公演が決定 (news)
  18. Columns ロンドンで感じた熱いヴァイブス ──Tohji も出演した NTS Radio~Eastern Margins の盛況 (columns)
  19. interview with Vashti Bunyan 旅から歌へ、伝説のフォーク・シンガー、最後のアルバム (interviews)
  20. Flying Lotus ──衝撃を与えた映画『KUSO』がまさかの再上映決定 (news)

Home >  News > なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか? - ――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

Amazon

Mar 08,2013 UP

 なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?
 すべてが正しくオープンになる世界が、なぜ息苦しいのか?
 なぜ人は「なぜ?」と思わなくなっていくのか? 

 『もしインターネットが世界を変えるとしたら』(1996年/晶文社)でいちはやくインターネットと社会との関係を論じたメディア論の先駆者・粉川哲夫と、ele-kingではおなじみ三田格との待望の共著がドロップ! 映画を愛好するふたりとあって、映画からSNSまでの新旧のメディアを考察しながら、「有縁」から逃れられなくなりつつある社会と、そのなかでの「無縁」の可能性についてさまざまに対話をめぐらせる内容だ。

「社会主義」は、「社会」の終わりから始まった。それは、資本主義の危機でも あったが、資本主義はそれを取り込んで生き延びてきた。だから、いまの資本主義にとっては、「社会的なもの」は不要なのである。(粉川哲夫「序文」より)

 という圧倒的な切り口での「ヒキコモリ」論の相貌も持ちつつ、「メディアの憂鬱をいかに生きるか」(タイトル候補でもあったフレーズだ)超絶マジレスを打ち返し合う、風変わりで爽快な対談本!

 3.11から2年、原発問題、金融危機、などなど、激動する社会に生きる私たちに見える世界の正体とは......? みたいなよそゆきの宣伝文はさておいて、ひとまずご一読をおすすめしたい。ele-king books第3弾!

NEWS