ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Mira Calix - Absent Origin (review)
  2. MAZEUM × BLACK SMOKER × Goethe-Institut ──東京ドイツ文化センターにアートと音楽の迷宮が出現 (news)
  3. Marcus J. Moore ──ケンドリック・ラマーの評伝が刊行 (news)
  4. interview with Nightmares on Wax (George Evelyn) いま音楽を感じる喜び (interviews)
  5. Hand Habits - Fun House (review)
  6. Pendant - To All Sides They Will Stretch Out Their Hands (review)
  7. 〈Advanced Public Listening〉 ──レデリウス、ハーバート、ヴィラロボスら錚々たる面々が参加したコンピがリリース (news)
  8. interview with Terre Thaemlitz 移民、ジェンダー、クラブ・カルチャーと本質主義への抵抗 (interviews)
  9. 3D ──マッシヴ・アタックの3D、気候に関する虚偽の情報に注意を促すAIシステムを開発 (news)
  10. ralph - 24oz (review)
  11. Courtney Barnett ──コートニー・バーネットが3年ぶりの新作をリリース (news)
  12. Aya - Im Hole (review)
  13. D.A.N. - NO MOON (review)
  14. The Bug × Jason Williamson (Sleaford Mods) ──強力なコラボが実現、ザ・バグとスリーフォード・モッズのジェイソン・ウィリアムソン (news)
  15. interview with Jon Hopkins 21世紀の今日サイケデリックであること (interviews)
  16. House music - (review)
  17. Nav Katze ──メジャー・デビュー30周年を迎えるナーヴ・カッツェ、全作品が配信開始 (news)
  18. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第6回 笑う流浪者、あるいはルッキズムに抗うための破壊 (columns)
  19. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  20. 山本精一 - selfy (review)

Home >  News > なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか? - ――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

Amazon

Mar 08,2013 UP

 なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?
 すべてが正しくオープンになる世界が、なぜ息苦しいのか?
 なぜ人は「なぜ?」と思わなくなっていくのか? 

 『もしインターネットが世界を変えるとしたら』(1996年/晶文社)でいちはやくインターネットと社会との関係を論じたメディア論の先駆者・粉川哲夫と、ele-kingではおなじみ三田格との待望の共著がドロップ! 映画を愛好するふたりとあって、映画からSNSまでの新旧のメディアを考察しながら、「有縁」から逃れられなくなりつつある社会と、そのなかでの「無縁」の可能性についてさまざまに対話をめぐらせる内容だ。

「社会主義」は、「社会」の終わりから始まった。それは、資本主義の危機でも あったが、資本主義はそれを取り込んで生き延びてきた。だから、いまの資本主義にとっては、「社会的なもの」は不要なのである。(粉川哲夫「序文」より)

 という圧倒的な切り口での「ヒキコモリ」論の相貌も持ちつつ、「メディアの憂鬱をいかに生きるか」(タイトル候補でもあったフレーズだ)超絶マジレスを打ち返し合う、風変わりで爽快な対談本!

 3.11から2年、原発問題、金融危機、などなど、激動する社会に生きる私たちに見える世界の正体とは......? みたいなよそゆきの宣伝文はさておいて、ひとまずご一読をおすすめしたい。ele-king books第3弾!