ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Sefi Zisling - Expanse (review)
  2. Thundercat ──サンダーキャットがニュー・アルバムをリリース (news)
  3. Ovall - Ovall (review)
  4. Columns TINY POPというあらたな可能性 (columns)
  5. MAE.SUN ──ネオソウルとジャズの新たな蜜月、ヘイリー・ニスワンガー率いるバンドが新作を発表 (news)
  6. パラサイト 半地下の家族 - (review)
  7. Stormzy - Heavy Is The Head (review)
  8. Columns tiny pop sound cloudガイド (columns)
  9. Banter × Thomas Fehlmann ──トーマス・フェルマンが来日、Banter のリリース・パーティに出演 (news)
  10. King Krule ──キング・クルールがニュー・アルバムをリリース (news)
  11. Daniel Lopatin ──映画『アンカット・ダイヤモンド』がまもなく Netflix で配信開始、制作ドキュメンタリーが公開中 (news)
  12. Various Artists - tiny pop - here’s that tiny days (review)
  13. tiny pop ──いまじわじわと広がりつつある「tiny pop」初のコンピがリリース (news)
  14. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 後編:進化する現代のレイヴ・カルチャー (columns)
  15. Nyantora + Duenn feat. 津田翔平 & 毛利悠子 ──《ENVIRONMENT 粟津潔と環境と音楽 by HardcoreAmbience》開催 (news)
  16. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)
  17. DJ HOLIDAY ──ラヴァーズ・ロックの最高の瞬間を収めたあの名ミックスCDの続編が登場してます (news)
  18. tiny pop fes ──ネット・レーベルの〈DANGBOORURECORD〉がフェスを開催、長谷川白紙、その他の短編ズらが出演 (news)
  19. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  20. interview with Daniel Lopatin 人間としての自分に近い作品に思えた (interviews)

Home >  News > なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか? - ――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

Amazon

Mar 08,2013 UP

 なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?
 すべてが正しくオープンになる世界が、なぜ息苦しいのか?
 なぜ人は「なぜ?」と思わなくなっていくのか? 

 『もしインターネットが世界を変えるとしたら』(1996年/晶文社)でいちはやくインターネットと社会との関係を論じたメディア論の先駆者・粉川哲夫と、ele-kingではおなじみ三田格との待望の共著がドロップ! 映画を愛好するふたりとあって、映画からSNSまでの新旧のメディアを考察しながら、「有縁」から逃れられなくなりつつある社会と、そのなかでの「無縁」の可能性についてさまざまに対話をめぐらせる内容だ。

「社会主義」は、「社会」の終わりから始まった。それは、資本主義の危機でも あったが、資本主義はそれを取り込んで生き延びてきた。だから、いまの資本主義にとっては、「社会的なもの」は不要なのである。(粉川哲夫「序文」より)

 という圧倒的な切り口での「ヒキコモリ」論の相貌も持ちつつ、「メディアの憂鬱をいかに生きるか」(タイトル候補でもあったフレーズだ)超絶マジレスを打ち返し合う、風変わりで爽快な対談本!

 3.11から2年、原発問題、金融危機、などなど、激動する社会に生きる私たちに見える世界の正体とは......? みたいなよそゆきの宣伝文はさておいて、ひとまずご一読をおすすめしたい。ele-king books第3弾!

NEWS