ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Bottom of Tokyo ──今週末はWool & The Pantsのライヴ配信あります (news)
  2. Yunzero - Blurry Ant (review)
  3. interview with AbuQadim Haqq 語り継がれるドレクシア物語 (interviews)
  4. Aru-2 - Little Heaven (review)
  5. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  6. R.I.P. Denise Johnson (news)
  7. Natalie Slade - Control (review)
  8. Freddie Gibbs & The Alchemist - Alfredo (review)
  9. Moodymann - Take Away (review)
  10. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  11. Drexciya ──なんとドレクシアがついに劇画に! アブカディム・ハック+佐藤大によるアフロ・フューチャリズム (news)
  12. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  13. interview with Kamaal Williams ほらよ、これが「UKジャズ」だ (interviews)
  14. Kassel Jaeger - Swamps / Things (review)
  15. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  16. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  17. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)
  18. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  19. Random Access N.Y. vol.129:PCRは陽性という結果だった (columns)
  20. interview with Bing & Ruth 〈4AD〉が贈る、部屋になじむモダン・クラシカル (interviews)

Home >  News > なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか? - ――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?

――メディア論の先駆者・粉川哲夫×三田格の対談本、本日発売です!

Amazon

Mar 08,2013 UP

 なぜ「ヒキコモリ」は正しいのか?
 すべてが正しくオープンになる世界が、なぜ息苦しいのか?
 なぜ人は「なぜ?」と思わなくなっていくのか? 

 『もしインターネットが世界を変えるとしたら』(1996年/晶文社)でいちはやくインターネットと社会との関係を論じたメディア論の先駆者・粉川哲夫と、ele-kingではおなじみ三田格との待望の共著がドロップ! 映画を愛好するふたりとあって、映画からSNSまでの新旧のメディアを考察しながら、「有縁」から逃れられなくなりつつある社会と、そのなかでの「無縁」の可能性についてさまざまに対話をめぐらせる内容だ。

「社会主義」は、「社会」の終わりから始まった。それは、資本主義の危機でも あったが、資本主義はそれを取り込んで生き延びてきた。だから、いまの資本主義にとっては、「社会的なもの」は不要なのである。(粉川哲夫「序文」より)

 という圧倒的な切り口での「ヒキコモリ」論の相貌も持ちつつ、「メディアの憂鬱をいかに生きるか」(タイトル候補でもあったフレーズだ)超絶マジレスを打ち返し合う、風変わりで爽快な対談本!

 3.11から2年、原発問題、金融危機、などなど、激動する社会に生きる私たちに見える世界の正体とは......? みたいなよそゆきの宣伝文はさておいて、ひとまずご一読をおすすめしたい。ele-king books第3弾!

NEWS