ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  2. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  3. 169 - SYNC (review)
  4. Moodymann - Take Away (review)
  5. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)
  6. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第11回 町外れの幽霊たち (columns)
  7. Random Access N.Y. vol.128:迷惑な花火ブーム? (columns)
  8. interview with Mhysa ジャネット・ジャクソンとブランディが好きな〈NON〉~〈ハイパーダブ〉のシンガー (interviews)
  9. Boris ──世界的に評価の高いヘヴィロック・バンド、ボリスが完全自主制作による新作をリリース (news)
  10. interview with Baauer 大ヒットメイカー、その後の展開 (interviews)
  11. Speaker Music - Black Nationalist Sonic Weaponry (review)
  12. Gary Bartz & Maisha - Night Dreamer Direct-To-Disc Sessions / Archie Shepp, Raw Poetic & Damu The Fudgemunk - Ocean Bridges (review)
  13. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  14. Kenmochi Hidefumi - 沸騰 沸く ~FOOTWORK~ / Xiangyu - はじめての○○図鑑 (review)
  15. RILLA ──これが噂のリラ、ついにデビュー作を発表 (news)
  16. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  17. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第6回 笑う流浪者、あるいはルッキズムに抗うための破壊 (columns)
  18. KATE NV - Room for the Moon (review)
  19. Arca ──アルカがニュー・シングルをリリース……って62分も!? (news)
  20. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)

Home >  News > AMBIENT definitive 1958-2013 - ele-king books新刊、電子書籍機能も付いたアンビエント大カタログ、今週末刊行!

AMBIENT definitive 1958-2013

AMBIENT definitive 1958-2013

ele-king books新刊、電子書籍機能も付いたアンビエント大カタログ、今週末刊行!

Amazon

Jul 23,2013 UP

 好評『TECHNO definitive 1963-2013』に続く、「definitive」シリーズの第二弾、アンビエント・ミュージックのカタログ本、その決定版、お待たせしました。三田格監修の『AMBIENT definitive 1958-2013』、今週末26日(金曜日)に発売です。
 1958年から2013年まで、この55年間に発表されたアンビエント・ミュージックの代表作、隠れ名盤を一挙紹介。2009年にインファスから刊行された『アンビエント・ミュージック』と『裏アンビエント・ミュージック』から332枚を厳選し、新たに407枚を加筆したもので、しかも、『TECHNO definitive』同様に全250ページカラー。700枚以上のアンビエント・ジャケットを眺めているだけでも気持ち良いですし、アンビエントに関しては本当に多くの隠れ名盤があるので、意外に聴いてないものが多く、ゆえに楽しみも残されているとも言えます。まだこんなに聴きたいアルバムがあるのかーと、嬉しくなります。本書は、次に何を買うのか探すときの良いガイドになりますよ!
 初版のみ紙エレキングの最新号同様に電子書籍アクセスキー付きなので、レコード屋さんに行ったときにスマホでチェックしながら買えるという画期的な1冊にもなっています。通勤や通学の電車のなかでアンビエントの膨大なカタログを眺めるのも一興です。
 夏の暑さをアンビエントを聴いて乗り切りましょう......(ざざざざざざざぁーーー、これフィールド・レコーディングした波の音、フェイドアウト......)

NEWS