ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns 超プロテスト・ミュージック・ガイド(基礎編+α) 約50曲 : selected by 野田努 (columns)
  2. Columns 超プロテスト・ミュージック・ガイド(二木編) (columns)
  3. interview with Tomoko Sauvage 楽器はボウル、水滴、エレクトロニクス (interviews)
  4. 悪女/AKUJO - 監督:チョン・ビョンギル『殺人の告白』 出演:キム・オクビン、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン / The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ - 監督:ソフィア・コッポラ『SOMEWHERE』
    出演:ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、コリン・ファレル
    (review)
  5. 資本主義リアリズム - マーク・フィッシャー 著 (review)
  6. Various Artists - We Out Here (review)
  7. Random Access N.Y. vol.98:インターネット、ソーシャル・メディアで生活をめちゃくちゃにされた人びとに捧げる Interference AV festival with Jlin, Lightning bolt, Sun Ra Arkestra @AMC empire multiplex (columns)
  8. Mika Vainio + Ryoji Ikeda + Alva Noto - Live 2002 (review)
  9. interview with Toshio Matsuura UKジャズの現在進行形とリンクする (interviews)
  10. The Correspondents - Puppet Loosely Strung (review)
  11. Georg Gatsas - SIGNAL THE FUTURE (review)
  12. BPM ビート・パー・ミニット - (review)
  13. R.I.P.妹尾隆一郎 ありがとう妹尾隆一郎 (news)
  14. BESとISSUGIによる噂の『VIRIDIAN SHOOT』のTeaserが公開。iTunes Storeでのプレオーダー受付、2曲の先行配信もスタート! (news)
  15. Courtney Barnett ──コートニー・バーネットですよ!!!! (news)
  16. R.I.P. ECD (news)
  17. スリー・ビルボード - (review)
  18. Lea Bertucci - Metal Aether (review)
  19. special talk : BES × senninshou特別対談:BES×仙人掌 (interviews)
  20. Four Tet ──フォー・テット、7年半ぶりの単独来日公演が決定 (news)

Home >  News > Bibio - ──ビビオが早くも新作をリリース

News

Bibio

Bibio

──ビビオが早くも新作をリリース

Sep 22,2017 UP

 は、早い。昨年アルバムを発表したばかりだというのに、そしてこの春EPをリリースしたばかりだというのに、ビビオったらもう新たな作品を完成させてしまいました。しかも、またがらりとムードを変えております。今回のアルバムはここ何年かのあいだに即興で作られた楽曲のコレクションとのことで、どうやら「場所」がテーマになっているようです。発売日は11月3日。なお、国内流通仕様盤CDは500枚限定となっているため、手に入れたい方は早めに予約しておいた方が良さそうですよ。

BIBIO presents: PHANTOM BRICKWORKS

“場所”をコンセプトにした9つの楽曲をまとめた最新作を発表
自身が撮影した美しい映像とともに新曲を公開
国内流通仕様盤CDは500枚限定

僕はゴーストを信じてない。でも何かに取り憑かれた場所というのは存在すると思う。場所を取り巻く環境は絶えず変化する。それは必ずしも良い方向ばかりにではないし、自然でも、善意にもとづいたものでも、政治的な理由によるものでもない。その場所が何を見てきたか、その場所がどういった存在だったかということそのものから生まれる雰囲気が、変化をもたらすことがある。

『Phantom Brickworks』は、何年間かかけて僕が書きためてきた、ほとんど即興で作られた楽曲のコレクションになってる。これらの音楽は、特定の景色や時間に対する心の扉を僕に与えてくれた。それは現実の物事から、架空のもの、もしくはそれらの組み合わせだったりする。人間は、場所に漂う空気や雰囲気にとても敏感だ。その場所が持つ歴史的背景を知ることで、それらは強まったり、劇的に変化する。何かしらの形で、音や声まで聞こえる場合もある。その場所には、きっと伝えたい想いがあるんだと思う。 - Bibio

どこか懐かしく温かみのあるサウンドと独自の世界観で、幅広い音楽ファンやアーティストから支持を集める〈Warp〉の人気アーティスト、Bibio(ビビオ)が、“場所”をコンセプトに書きためた9曲を収録した最新作『Phantom Brickworks』のリリースを発表し、収録曲「Phantom Brickworks III」のショート・バージョンを自らが撮影した美しい映像とともに公開した。

Bibio • ‘Phantom Brickworks III’ (Edit)
https://youtu.be/xyp14lXevig

本作『Phantom Brickworks』は、11月3日(金)に世界同時リリースされ、500枚限定となる国内流通仕様盤CDには解説書が封入される。またCDはクラフト紙製のインナースリーヴとアウタースリーヴ付きの特殊パッケージとなり、2枚組LPには、ダウンロード・コードが封入される。

Labels: Warp Records / Beat Records
artist: BIBIO
title: Phantom Brickworks
release date: 2017/11/03 FRI ON SALE

国内仕様盤CD BRWP290 ¥1,857(+税)
特殊パッケージ / 解説書封入

ご予約はこちら
amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B075T3HY24/
iTunes Store: http://apple.co/2fD1v67

TWEET

kiq“500枚限定となる国内流通仕様盤CDには解説書が封入”もうそれぐらいのビジネスになっているのか / “Bibio ──ビビオが早くも新作をリリース | ele-king” https://t.co/He9dr2sZfA@kiq 09.22 13:51

NEWS