ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Terre Thaemlitz 移民、ジェンダー、クラブ・カルチャーと本質主義への抵抗 (interviews)
  2. interview with Darkside (Nicolás Jaar & Dave Harrington) 冒険するモダン・ポップ・ミュージック (interviews)
  3. R.I.P. Biz Markie 追悼 ビズ・マーキー (news)
  4. What's in My Playlist 5 さらばロサンゼルス (columns)
  5. interview with Bobby Gillespie & Jehnny Beth 愛し、愛するのをやめること (interviews)
  6. Eli Keszler - Icons (review)
  7. R.I.P. 南正人 (news)
  8. interview with 食品まつり a.k.a foodman 食品まつり、〈ハイパーダブ〉からの初の作品について早口で喋る (interviews)
  9. interview with Ravi Coltrane 母アリス・コルトレーンの思い出 (interviews)
  10. いま聴くべきダンス・ミュージック6選 - (review)
  11. What's in My Playlist 1 (columns)
  12. interview with Kaoru Sato 甦る、伝説のエレクトロ・ノイズ・インダストリアル (interviews)
  13. クライマックス - (review)
  14. Goldie ──『Timeless』の25周年記念盤がリリース (news)
  15. Island People - II (review)
  16. downstairs J - basement, etc... (review)
  17. interview with Jouska ノルウェーはとくにラッキーな国だと思う。僕たちほとんどの国民が政府を信じているし (interviews)
  18. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  19. interview with 『映画:フィッシュマンズ』 私たちがこの映画を作った理由 (interviews)
  20. interview with Acid Mothers Temple アシッド・マザーズ物語 (interviews)

Home >  News > こんにちは、マシューデイヴィッド! - ――dublab.jp & SHIBAURA HOUSE present“Future Roots” feat. Matthewdavid & Anenon

こんにちは、マシューデイヴィッド!

こんにちは、マシューデイヴィッド!

――dublab.jp & SHIBAURA HOUSE present“Future Roots” feat. Matthewdavid & Anenon

Oct 31,2012 UP

 アメリカ、ロサンゼルスを代表する非営利ネットラジオ局、ご存じ〈dublab〉の日本ブランチdublab.jpが、MatthewdavidとAnenonを招聘しての楽しいイヴェントを開催!

 「はじめはアンビエント・サイケのカセットを作ろうと思っていた」......のちに〈ダブラブ〉を通して本格始動した〈リーヴィング・レコーズ〉の立ち上げに際して、マシューデイヴィッドは創設メンバーのジェシリカ・モリエッティと長い時間をかけてサウンドのキュレーションを行ったという。ほぼ全リリースに及ぶというマスタリング作業を通じて、彼はズブズブに夢見心地なサウンドを確立し、鮮やかなレーベル・イメージを提示した。いまそれは時代と切り結びながらより広いリスナー層へと波及しつつある。彼の周辺にはサン・アローなど刺激的なアーティストも多く、現在のLAのもっともおもしろい部分を体現する存在としても今回の初来日は貴重であり、学ぶところは多いはずだ。一方のアネノンは〈ダブラブ〉のDJとしても活躍する新鋭プロデューサー。サックスとピアノが印象的なEP『Acquiescence』につづき、アルバム『Inner Hue』をリリースして間もない新鋭であり、やはりLAのエレクトロニックなシーンとの関わりが深い。
 詳細は明らかになっていないが、この企画ではマシューによる音楽制作についてのワークショップもあるという! 企画自体が彼らの来日公演であるという以上の性格を持った複合的なカルチャー・イヴェントであり、その他のワークショップや上映会等を含んだ意欲的なものだ。ライヴとあわせて楽しみたい。

LAからは、dublabに深く関わる2アーティスト、MatthewdavidとAnenonを招聘します。
Matthewdavidは、Flying Lotus率いるBrainfeederに所属し(アルバム『Outmind』をリリース)、LAでいま最も神秘的なレーベルといっていいLeaving Recordsを主宰しています。
Anenonは2011年のRed Bull Music Academyにも招待されたアカデミックなキャリアをバックボーンに持つプロデューサーで、レーベルNonprojectsを主宰しています。
日本からは、今年LAに赴きdublabにもライヴ出演したBUN/Fumitake Tamura、dublabでエソテリックなDJミックスを配信しているShhhhhというdublab.jpの核となるアーティストに、ワールドワイド に活動するChihei Hatakeyamaを迎えます。

また、当イヴェントは単にライヴやDJのみならず、子供のためのワークショップの開催や、dublabが制作した映像作品の上映など、複合的 な催 しとなります。開催場所となる東京芝浦の新しいコミュニティ・スペースSHIBAURA HOUSEにもぜひご注目ください。

詳細→ http://www.shibaurahouse.jp/event/dublab-jp1/

■dublab.jp & SHIBAURA HOUSE present
"Future Roots" feat. Matthewdavid & Anenon


Matthewdavid


Anenon

■日時
2012.12.9(日)
13:00~
WORKSHOP for children
14:30~
WORKSHOP feat Matthewdavid
16:00~20:30
Live:
Matthewdavid
Anenon
Bun / Fumitake Tamura
Chihei Hatakeyama

DJ:
Shhhhh

■場所
SHIBAURA HOUSE/ 1F, 5F
東京都港区芝浦3-15-4

■料金
1500円(出入り自由、中学生以下無料、ワークショップ参加の場合:2000円)

主催:dublab.jp(http://dublab.jp)/ SHIBAURA HOUSE
協賛:Sound & Recording Magazine
サウンドシステム:Forestlimit
協力:PowerShovel,Ltd

*子供のワークショップには、必ず保護者の方が同伴の上、参加ください。保護者1名に付きワークショップ参加料金は2000円となります (16時以降の音楽イヴェントも入場いただけます)。申込フォームは詳細が決まり次第用意します。

NEWS