ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns ♯5:いまブルース・スプリングスティーンを聴く
  2. interview with Mount Kimbie ロック・バンドになったマウント・キンビーが踏み出す新たな一歩
  3. bar italia ──いまもっとも見ておきたいバンド、バー・イタリアが初めて日本にやってくる
  4. 『成功したオタク』 -
  5. Bingo Fury - Bats Feet For A Widow | ビンゴ・フューリー
  6. Jungle ──UKの人気エレクトロニック・ダンス・デュオ、ジャングルによる4枚目のアルバム
  7. 忌野清志郎 - Memphis
  8. interview with Young Fathers 日本はもっとヤング・ファーザーズを聴くべき  | アロイシャス・マサコイ
  9. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  10. tofubeats ──ハウスに振り切ったEP「NOBODY」がリリース
  11. Jlin - Akoma | ジェイリン
  12. Ben Frost - Scope Neglect | ベン・フロスト
  13. Mars89 ──自身のレーベル〈Nocturnal Technology〉を始動、最初のリリースはSeekersInternationalとのコラボ作
  14. Chip Wickham ──UKジャズ・シーンを支えるひとり、チップ・ウィッカムの日本独自企画盤が登場
  15. まだ名前のない、日本のポスト・クラウド・ラップの現在地 -
  16. Jeff Mills × Jun Togawa ──ジェフ・ミルズと戸川純によるコラボ曲がリリース
  17. Columns We are alive ――ブルース・スプリングスティーンがノース・カロライナ公演をキャンセルしたことについて
  18. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  19. interview with Chip Wickham いかにも英国的なモダン・ジャズの労作 | サックス/フルート奏者チップ・ウィッカム、インタヴュー
  20. Columns ♯2:誰がために音楽は鳴る

Home >  News > JULY TREE - ——神泉にある、音楽をテーマにしたギャラリーが一周年

JULY TREE

JULY TREE

——神泉にある、音楽をテーマにしたギャラリーが一周年

Mar 19,2024 UP

 レゲエ好きにはすでに有名な、神泉のギャラリー「JULY TREE」(ロゴは坂本慎太郎)。1周年を記念して3月27、28、29日の3日間で「JULY TREE 1st Anniversary Pop Up」が開催される。
 カメラマン石田昌隆の格好いい写真をデザインした「Masataka Ishida Photo Exhibition RELAXIN’ WITH LOVERS ~photographs~」Tシャツ、また日本のレゲエの名コンピレーションとして名高い『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 8』、石田昌隆のサインとシリアル・ナンバーを記したシルク・スクリーン・プリント(残部僅少)などの販売を予定。ぜひ足を運んでみて。
 ちなみに現在、同ギャラリーでは、大盛況を博しているパンク、レゲエ等の音楽やファッションの影響のもとステンシル、ドローイング、コラージュを駆使しストリートで支持を得るアーティスト、タナカシュウヘイ a.k.a Rebelman★ArmyによるTHOUGHT(思想)をPROVOKE(挑発)する超刺激的な作品展『“THOUGHT PROVOKING”~think outside the box 』を開催中です。

▼展覧会名:JULY TREE 1st Anniversary Pop Up

 坂本慎太郎がロゴ・デザイン!昨年、神泉にオープンした音楽をテーマとし小さなギャラリーJULY TREE(ジュライ・トゥリー)! ギャラリー名のJULY TREEはポール・トーマス・アンダーソン映画『リコリス・ピザ』の冒頭で使用されていたニーナ・シモンの同名曲に由来。
 “7月には大きく育った木に真実の愛が花開く”というリフレインの歌詞は当時の60年代の黒人や女性を取り巻く状況のおそらくメタファーであり、いにしえのフォークソングのような美しさを持つ『JULY TREE』は、ニーナのために進歩的な二人の女性が書き下ろした新曲だったそう。
 不安や絶望、憤りを感じる事が多い今日この頃、静かに厳かに、真実の愛、希望が時間をかけて7月には実る様子を描き出すこの楽曲のような思いを託した命名。
 いわゆるアートの展示のみならず、フリー・スペースとしてレコードやCD、本、アパレル、雑貨等スタッフが愛してやまない音楽をテーマとした様々な発信にご利用頂ける多目的スペースをイメージしてこれまで数々の企画を行ってきた。
 そんなJULY TREEがこの3月25日で早くも1周年を迎えるという。そこで周年を記念したJULY TREE 1st Anniversary Pop Upが現在展示中の『“THOUGHT PROVOKING”~think outside the box 』の1コーナーを借りて3月27、28、29日の3日間でにの開催が決定した!
 周年記念アイテムとして同ギャラリーのこけら落とし展示として好評を博した世界各国の様々なミュージシャンの写真を撮り続けているフォトグラファー石田昌隆(いしだ まさたか)による「Masataka Ishida Photo Exhibition RELAXIN’ WITH LOVERS ~photographs~」のニュー・ヴァージョンTシャツ3色と、同展示時に販売された石田昌隆のサインとシリアル・ナンバーを記したもはや残部僅少のシルク・スクリーン・プリント『Sound System1984』、更に同じくカメラマン石田昌隆の写真を使用した奇しくも同日発売となるネットで争奪戦となっているアナログLP『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 8』を限定販売!アナログLPとTシャツのセットでの販売も予定されている。
 現在、同ギャラリーで大盛況開催中のパンク、レゲエ等の音楽やファッションの影響のもとステンシル、ドローイング、コラージュを駆使しストリートで支持を得るアーティスト、タナカシュウヘイ a.k.a Rebelman★ArmyによるTHOUGHT(思想)をPROVOKE(挑発)する超刺激的な作品展『“THOUGHT PROVOKING”~think outside the box 』と同時開催というまたとない機会を是非、お見逃しなく!

■展覧会情報
『JULY TREE 1st Anniversary Pop Up』
会期:3月27日(水)〜3月29日(金)
会場:JULY TREE(ジュライ・トゥリー)
*『“THOUGHT PROVOKING”~think outside the box 』と同時開催!
アナログLP、Tシャツ等周年記念アイテムの取り置き及び通販は現時点では受け付けておりません。
営業日等お問い合わせについてはJULY TREE 公式Instagramにてお願いいたします。

『“THOUGHT PROVOKING”~think outside the box 』Rebelman★Army Art Exhibition
会期:3月15日(金)〜3月29日(金)
会場:JULY TREE(ジュライ・トゥリー)

■JULY TREE 1st Anniversary Masataka Ishida photo collections T-Shirt (skateboard boy version)
・Tシャツ(白、黒、グレー):価格6,000円(税抜)6,600円(税込)
・Tシャツ(白、黒、グレー)+レコード・セット:価格 9,000円(税抜)9,900円(税込)

■石田昌隆『Sound System 1984』シルクスクリーン・プリント
・シートのみ:価格25,000円(税抜)27,500円(税込)
・額装込み:価格40,000円(税抜)44,000円(税込)

■『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 8
OLD TO THE NEW JAPANESE LOVERS SELECTIONS』

2003年のVOL. 1から20年。『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS』から 和物LOVERSブームがはじまった、まさに出発点となるシリーズ最新盤VOL. 8のCDがアナログでもリリースされることが決定した。ジャンル、新旧問わず、メジャーからインディーズまで未配信楽曲を含んだ初CD化となる音源を多数収録CDから10曲をセレクト。こちらもきっちり目配せの効いた最高の1枚が完成。ライター、DJとしても知られ、名著『ぼくの平成パンツ・ソックス・シューズ・ソングブック』も話題の松永良平の書き下ろしライナー・ノーツと『渋谷系狂騒曲』を編集したことで知られる望月哲(音楽ナタリー)によるシリーズ生誕20周年を記念した読み応えたっぷりな主要スタッフの対談掲載もアナログ盤でも完全掲載>恋人たちを彩るラブリーな内容がアナログでも楽しめる。和物ファン、LOVERSファン垂涎、店頭から即完売必至。急いでお求めを。
                  
・詳細はこちら。
『RELAXIN' WITH JAPANESE LOVERS』特設サイト

・アナログ盤商品内容
2024年3月27日(水)発売
MHJL-319
定価  \4,000(税抜)\4,400(税込)

【SIDE-A】
01 永遠の詩 
中島美嘉
02 花瓶に花 
Love Letter Revue feat. ARIWA (ASOUND)
03 HUSH 
FRISCO feat. Tatsuyoshi Kida (TOREMONO)
04 Promise (Dub's Sentimental dub Remix) Remixed by Dub Master X 
玉置成実
05 OLD FASHIONED LOVE SONG 
SHEENA & THE ROKKETS

【SIDE-B】
01 Citypop Lullaby feat.Keitaro Takanami (mad FPU Lovers Rock Remix) 
am8
02 リキの電話番号 
大村憲司
03 LIVING IN A TOWN 
SHOTS
04 白い花と赤い花 
門あさ美
05 天気になあれ 
りりィ

■石田 昌隆(いしだ まさたか)/ PHOTOGRAPHER:プロフィール
1958年生まれ。たくさんの国を旅行して音楽関連の写真を撮影してきた。著書、写真集は、『1989 If You Love Somebody Set Them free ベルリンの壁が崩壊してジプシーの歌が聴こえてきた』、『JAMAICA 1982』、『ソウル・フラワー・ユニオン 解き放つ唄の轍』、『オルタナティヴ・ミュージック』、『黒いグルーヴ』。毎日インスタグラムに写真を出している。 

■タナカシュウヘイ (Rebelman★Army):プロフィール
‘77 年富山生まれ、現在も富山在住。ステンシル/ドローイング /コラージュ を駆使する野良作家。 rebel musicの匂いを濃厚に感じさせるアブストラクトでサキャスティックなアーティストとして知れらる。
パンク、レゲエ等の音楽やファッションやアートワーク、浮世絵、DADA、60,70 年代 日本のハイコントラストな モノクローム写真やデザイン図絵に強く影響を受け、その興味は多岐に渡る。
‘02 年からステンシルで T シャツ制作を始め、全国各地のフェスやイベント会場で販売、ライブペインターとしての出演も多数。
‘14 年頃よりキャンバス作品などの平面作品も制作し、東海、北陸、関東、関西地方のギャラリーや飲食店で個展を開催。
‘17 年、’19 年には、オーストラリア シドニーで開催された STENCIL ART PRIZE にて作品が入賞。
固定の技術や概念に縛られることなく、あらゆるジャンルの歴史、カルチャーやソースを吸収しながら制作を展開。 進化の過程か、永遠の未完成か。やってくるのか、もうきてるのか。刺激を求めては刻み、その思考空間を拡張し続けている。
‘23 年、東京 kit gallery、広島 bridge book store、飛騨高山 yamanomimi gallery、大阪 odd numbers と音楽とファッションの匂いがプンプンする箱で個展を開催。

〈店舗情報〉
JULY TREE(ジュライ・トゥリー)
住所:153-0042
東京都目黒区青葉台4-7-27 ロイヤルステージ01-1A
HP
Instagram
Twitter
営業日: 不定期での営業となります。
*営業日等お問い合わせについてはJULY TREE 公式Instagram、Twitterにてお願いいたします。

RELATED

NEWS