ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Bingo Fury - Bats Feet For A Widow | ビンゴ・フューリー
  2. Columns ♯5:いまブルース・スプリングスティーンを聴く
  3. Jlin - Akoma | ジェイリン
  4. KRM & KMRU ──ザ・バグことケヴィン・リチャード・マーティンとカマルの共作が登場
  5. Mars89 ──自身のレーベル〈Nocturnal Technology〉を始動、最初のリリースはSeekersInternationalとのコラボ作
  6. Tashi Wada ──LAの作曲家、タシ・ワダの新作が〈RVNG Intl.〉よりリリース
  7. 『成功したオタク』 -
  8. interview with Mount Kimbie ロック・バンドになったマウント・キンビーが踏み出す新たな一歩
  9. Ben Frost - Scope Neglect | ベン・フロスト
  10. tofubeats ──ハウスに振り切ったEP「NOBODY」がリリース
  11. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  12. まだ名前のない、日本のポスト・クラウド・ラップの現在地 -
  13. exclusive JEFF MILLS ✖︎ JUN TOGAWA 「スパイラルというものに僕は関心があるんです。地球が回っているように、太陽系も回っているし、銀河系も回っているし……」  | 対談:ジェフ・ミルズ × 戸川純「THE TRIP -Enter The Black Hole- 」
  14. KARAN! & TToten ──最新のブラジリアン・ダンス・サウンドを世界に届ける音楽家たちによる、初のジャパン・ツアーが開催、全公演をバイレファンキかけ子がサポート
  15. Columns ♯4:いまになって『情報の歴史21』を読みながら
  16. Columns 「ハウスは、ディスコの復讐なんだよ」 ──フランキー・ナックルズの功績、そしてハウス・ミュージックは文化をいかに変えたか  | R.I.P. Frankie Knuckles
  17. KARAN! & TToten ──最新のブラジリアン・サウンドを世界に届ける音楽家たちによる、初のジャパン・ツアーが開催、全公演をバイレファンキかけ子がサポート
  18. Jlin - Black Origami
  19. 忌野清志郎 - Memphis
  20. Kim Gordon - The Collective | キム・ゴードン

Home >  News > Chip Wickham - ──UKジャズ・シーンを支えるひとり、チップ・ウィッカムの日本独自企画盤が登場

Chip Wickham

Chip Wickham

──UKジャズ・シーンを支えるひとり、チップ・ウィッカムの日本独自企画盤が登場

photo by Kela Coto   Feb 22,2024 UP

 10年代UKジャズ勃興の一翼を担ったレーベルのひとつにマンチェスターの〈Gondwana〉がある。マシュー・ハルソールゴーゴー・ペンギンなど、エレクトロニック・サウンドも厭わない独自のスタイルが彼らの持ち味なわけだけれど、その周辺で活動してきたサックス/フルート奏者がチップ・ウィッカムだ(現在の拠点はマドリードの模様)。そんな彼の、まさにその〈Gondwana〉から送り出された作品が日本独自企画盤としてリリースされることになった。最新アルバム『Cloud 10』(2022)と最新EP「Love & Life」(2023)をカップリング、さらに未発表曲も追加したリッチな仕様で、発売は4月3日。チェックしておこう。

UKの新世代ジャズシーンを担う“Gondwana Records”からのリリースなどヨーロッパのジャズシーンで活躍するサックス/フルート奏者チップ・ウィッカムがついに日本国内盤リリース決定!しなやかで美しい円熟のフレイジングで魅せる、モダンでソウルフルな現代スピリチュアル・ジャズ決定盤!

GoGo Penguinを輩出するUKの新世代ジャズシーンを担う“Gondwana Records”や数多くのフロアヒットを放つスペインのジャズ・クロスオーヴァー系レーベル“Lovemonk”からのリリースなど、ヨーロッパのジャズシーンで活躍するUKブライトン出身のサックス/フルート奏者、チップ・ウィッカムがついに日本国内盤デビュー! キャリアのスタートとなるマンチェスターで磨き込まれたスピリッツに、THE NEW MASTERSOUNDS、Nightmares On Waxらの活動に参加することで培われたしなやかで美しい円熟のフレイジングで魅せる、モダンでソウルフルな現代スピリチュアル・ジャズ決定盤! “Gondwana Records”からリリースされた『Cloud 10』と『LOVE & LIFE』の楽曲に未発表の最新楽曲を追加した、全14曲75分収録のフルボリューム日本独自企画盤!

【Pre-order】
https://p-vine.lnk.to/TV9HNV

Chip Wickham (Live from Low Four Studio)
https://youtu.be/E3fDmoFTLbU

Chip Wickham | In Conversation (Commentary Movie)
https://youtu.be/rxNffsvU7HI

【リリース詳細】
アーティスト:CHIP WICKHAM / チップ・ウィッカム
タイトル:Cloud 10 – The Complete Sessions / クラウド10 – ザ・コンプリート・セッション
フォーマット:CD/DIGITAL
発売日:2024.4.3
品番:PCD-25389
定価:¥2,750(税抜¥2,500)
レーベル:P-VINE
*日本語解説付

【Track List】
01. Cloud 10
02. Stratospheric
03. Lower East Side
04. Winter
05. Tubby Chaser
06. Dark Eyes
07. The Hit
08. Before I Go
09. Hang Time
10. La Bohemia
11. Space Walk
12. Love & Life
13. Seven Worlds
14. Slow Down Look Around

【Musicians】
Chip Wickham: Tenor Saxophone/Flute/Alto Flute
Eoin Grace: Trumpet & Flugel
Ton Risco: Vibraphone
Phil Wilkinson: Piano
Simon“Sneaky”Houghton: Double Bass
Jon Scott: Drums
Jack McCarthy: Percussion
Amanda Whiting: Harp

All tracks written and arranged by Chip Wickham

【Chip Wickham(チップ・ウィッカム)】
UK/ブライトン出身のサックス、フルート奏者。マンチェスターでジャズを学びそのキャリアをスタートさせると、2000年代UKのジャズ、ソウル、トリップホップ、ファンクシーンに関わり、The Pharcyde、THE NEW MASTERSOUNDS、Nightmares On Waxといったアーティストの活動に参加、さらにMatthew Halsall率いるGondwana Orchestraに加わるなどUKを中心にスペインや中東など活動の幅を拡げていく。2017年に初のリーダーアルバム『La Sombra』をスペインのジャズ・クロスオーヴァー系レーベルとして名高い“Lovemonk”からリリース、さらに同じく“Lovemonk”から2nd『Shamal Wind』(2018)、3rd『Blue To Red』(2020)と立て続けに発表しヨーロッパのジャズシーンで存在感を高めていくようになる。2022年にはGoGo Penguinなど先鋭的なジャズ・ミュージシャンを多数輩出したUKの新世代ジャズシーンを担う“Gondwana Records”から4枚目のアルバムとなる『Cloud 10』を発表し、そのモダンでソウルフルなスピリチュアル・ジャズサウンドでUK/ヨーロッパではもちろんのこと日本国内でも高い評価を得ている。2023年に同じく“Gondwana Records”から発表したEP『LOVE & LIFE』が最新リリース。

【Official】
https://chipwickham.com/
https://www.instagram.com/chipwickham
https://twitter.com/chipwickham
https://www.facebook.com/ChipWickhamMusic

NEWS