ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with Black Midi 自分自身を解体するアート (interviews)
  2. Caterina Barbieri - Ecstatic Computation (review)
  3. Rest In Peace Philippe Zdar ──フレンチ・タッチの重要人物、フィリップ・ズダールが死亡 (news)
  4. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  5. Helm - Chemical Flowers (review)
  6. WXAXRXP ──今年で30周年を迎える〈Warp〉がオンライン音楽フェスを開催、NTS Radio にて100時間以上にわたる特別番組を放送 (news)
  7. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  8. Floating Points ──フローティング・ポインツ、待望の新曲をレヴューします (news)
  9. Tyler, The Creator - IGOR (review)
  10. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  11. 16FLIP × Georgia Anne Muldrow ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演 (news)
  12. Seven Davis Jr - S.O.S (review)
  13. Mikako Brady ──ブレイディみかこの新刊は、よりラディカルに新境地を切り拓く (news)
  14. Moodymann ──ムーディマンの新作がデジタルでリリース (news)
  15. ギーク母さんの21世紀女児カルチャー観察記 ピンクに塗れ!~現代女児のキラデコ事情~ 第4回:馬に恋する女の子たち (columns)
  16. Columns なぜスコット・ウォーカーはリスペクトされているのか (columns)
  17. interview with DJ Marfox 声なき人びと、見向きもされない人びと、その顔が俺だ (interviews)
  18. Flatlines ──〈ハイパーダブ〉がサブレーベルを始動、なんとマーク・フィッシャーをリリース (news)
  19. NOT WONK - Down the Valley (review)
  20. Lee "Scratch" Perry - Rainford (review)

Home >  News > ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演

ラリ・プナだって!

ラリ・プナだって!

──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演

Dec 22,2014 UP

 〈Morr Music〉を筆頭に、「あの頃のエレクトロニカ」にもふたたび光が当たりつつあるのかもしれない。ラリ・プナの再来日が10年ぶりというのは、その背後にさらにいろいろなものの“10年ぶり”をしたがえているように思えてならない。あのあたたかくつめたい音を、ある人々はなつかしく、ある人々は新鮮に聴くことになるだろう。
 来年2月の来日は一夜限り。逃すのはもったいない機会だ。

■LALI PUNA Live in Tokyo 2015
with special guest TRAMPAULINE

 ドイツのMorr Musicの看板アーティストとして、2000年代初頭のエレクトロニカ・ブームの寵児とも言える存在だったラリ・プナだが、その後も寡作でマイペースな活動ぶりながら一作ごとに新たな顔を見せ、ヴァレリー嬢の唯一無二のヴォーカルも相俟って、その作品群はいま聴いても全く色褪せていない。日本初となる単独公演では、新旧の楽曲を織り交ぜたロングセットで、定評があるライブ・バンドとしての魅力も余すところなく伝えてくれるだろう。そして、2015年1月にラリ・プナのドイツ・ツアーでサポート・アクトをつとめることになった韓国のエレクトロ・ポップ・バンド、トランポリンが東京公演にも特別出演決定! 2012年の初来日公演でも絶賛を浴びたクールで熱い彼女たちのパフォーマンスも見逃せない。

■公演詳細
2015 年 2 月 11 日(水・祝)
代官山 UNIT
開場 18:00 /開演 19:00
前売 4,800 円/当日 5,300 円
チケット取扱: e+, ローソンチケット
お問い合わせ:
代官山 UNIT TEL:03-3464-1012 http://www.unit-tokyo.com/
DUM-DUM LLP 03-6304-9255
http://dum-dum.tv
チケット一般発売: 12/ 28( 日 ) 10:00 ~
◎先行予約 ; 12 月 20 日(土)18:00~ 12 月 23 日(火)23:00

■ヴォーカル、ヴァレリー・トレベルヤーからのメッセージ
「久しぶりに東京に行って演奏できることをとても楽しみにしています。前回東京に行ったのは4年前、高橋幸宏さんが私をゲストシンガーとして招いてくださった時でしたが、2005年に初めて東京と大阪、それに京都を訪れた時、私たちはすっかり日本の虜になりました。ラリ・プナの一員として再び日本で演奏できることを嬉しく思います。そして、トランポリンとのコラボレーションもとても楽しみです。彼女たちのヴィデオをYouTubeで観て、私は即座に彼女たちの演奏に魅了され、ラリ・プナとの相性もいいだろうと確信しました。そして、実際にそうだと分かりました。私たちは2曲を一緒に作ることにした
のですが、とてもうまく行ったんです。」──ヴァレリー・トレベルヤー(ラリ・プナ)

■ラリ・プナ(Lali Puna)
1998年初頭、ドイツ・ミュンヘンにて、ヴァレリー・トレベルヤーのソロ・プロジェクトとして始動。間もなく、ザ・ノーツイスト(The Notwist)やタイド&ティクルド・トリオ(Tied & Tickled Trio)のメンバーとしても知られるマルクス・アッハーが加入。同年8月にHausmusikより7インチ・シングルをリリースした後、レコーディングのみならずライブ演奏も志向していく過程で、ドラムのクリストフ・ブランドナーとキーボードのフロリアン・ツィマーも加わり、4人組のバンド編成となる。1999年9月、まだ設立後間もないベルリンのレーベル、Morr Musicよりデビュー・アルバム『Tridecoder』をリリース。2001年9月に発表したセカンド・アルバム『Scary World Theory』は、歌ものエレクトロニカの可能性を押し広げた作品として絶賛を浴び、ラリ・プナのみならず、Morr Musicの人気とレーベル・カラーを決定づける作品にもなった。2002年秋には初のUSツアーを敢行するが、その数ヶ月後に、フロリアンが、自身のプロジェクト、Iso68に専念するためバンドを脱退、後任としてクリスチャン・ハイスが加入。2004年4月には、ギターを多用し、ロック色を強めたサード・アルバム『Faking the Books』をリリース。2005年5月には、ドイツのエレクトロ/インディーポップ寄りのアーティストが多数集結して東京と大阪で行われたイベント「Soundz from Germany 2005」で初来日。2010年4月、長いブランクを経て、6年ぶりの新作『Our Inventions』を発表し、これまで以上に精緻で研ぎ澄まされたエレクトロ・ポップを聴かせた。バンド名の「ラリ」はヴァレリーの幼少時のあだ名、「プナ」は彼女の出生地である韓国のプサンのことを指している。

■トランポリン(Trampauline)
韓国・ソウルにて、チャ・ヒョソンのソロ・プロジェクトとして始動。2008年にフォーキーなエレクトロニカを換骨奪胎したような清新なサウンドが光るデビュー・アルバムを発表。2011年には、ギタリストのキム・ナウンをメンバーに迎え、ヒョソンの独特な英語詞の歌い回しとクセのあるエレクトロ・ポップが見事に融合したセカンド・アルバム『This Is Why We Are Falling For Each Other』を発表。同年の韓国大衆音楽賞で2部門にノミネートされる。2012年6月には、IRMA Records Japanよりセカンド・アルバムの日本盤がリリースされ、同年9月には初来日、VOGUE JAPAN誌主催のファッションイベントの一環としてagnes bの表参道店にてライヴを行い、渋谷O-nestでも公演した。2015年1月には、ドイツでラリ・プナと3公演を行う他、2月には韓国のソウルとプサンでの共演も決定している。ヴォーカル/シンセサイザーを担当するヒョソンを軸としたバンド編成は流動的だが、現在はキム・ナウンとベースのチョン・ダヨンを加えた3人を正式メンバーとして活動している。


TWEET

news_japan24ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 http://t.co/VUY6KxDv1p@news_japan24 12.22 18:06

news_now2013ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 http://t.co/nBCkGNtACl@news_now2013 12.22 18:06

iroiro_news247ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 http://t.co/Gsk9cCPtYO@iroiro_news247 12.22 18:06

forka_sputnikまじラリ・プナだって! @___ele_king___ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 | Morr music | ele-king http://t.co/ejrloF3yW1@forka_sputnik 12.22 18:23

new_news247ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 http://t.co/mqDdUjns7F@new_news247 12.22 18:35

dumdumllpRT @iroiro_news247: ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 http://t.co/Gsk9cCPtYO@dumdumllp 12.22 22:13

dumdumllpRT @iroiro_news247: ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 http://t.co/Gsk9cCPtYO@dumdumllp 12.23 11:43

cozacanaこれは、絶対行く。ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 | Morr music | ele-king http://t.co/ocdtwaiJ4g @___ele_king___さんから@cozacana 12.24 16:06

dumdumllpRT @cozacana: これは、絶対行く。ラリ・プナだって! - ──ラリ・プナ(LALI PUNA)、10年ぶりの再来日/一夜限りの単独公演 | Morr music | ele-king http://t.co/ocdtwaiJ4g @___ele_king___さん…@dumdumllp 12.24 17:27

mctmcrラリ・プナくるの知らなかった!行く! http://t.co/2Hz5zJ72Y5@mctmcr 01.22 23:32

NEWS