ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  2. Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 (columns)
  3. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  4. 魂のゆくえ - (review)
  5. Loski - Mad Move (review)
  6. Amgala Temple ──ジャガ・ジャジストから派生したグループ、アムガラ・テンプルが来日 (news)
  7. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  8. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  9. Rupert Clervaux ──ロンドンの気鋭のレーベル〈Whities〉が初のフルレングスをリリース (news)
  10. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  11. LAのアート・パンク・バンド、ノー・エイジのヴィジュアルで知られるグラフィック・アーティスト、ブライアン・ローティンジャーの個展開催中 (news)
  12. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  13. 主戦場 - (review)
  14. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  15. Sons Of Kemet - Your Queen Is A Reptile (review)
  16. interview with Matthew Herbert 音楽からのブレグジットへの回答 (interviews)
  17. interview with Akira Kobuchi Quiet Wave : 史上もっとも静かな革命 (interviews)
  18. CROOKED TAPES presents NEGATIVE INIFINITY ──このさい墜ちるところまで墜ちてみようぜ (news)
  19. Steve Reich - Drumming (review)
  20. Random Access N.Y. vol.114 : インディ・シーンはゲームへと向かう? Good bye Secret Project Robot and Hello Wonderville (columns)

Home >  News > ECD - ──本人監修による2枚組ベスト盤が7月19日にリリース

ECD

ECD

──本人監修による2枚組ベスト盤が7月19日にリリース

Jun 09,2017 UP

 2004年に聴いた“東京を戦場に”のリアリティは凄まじかった。2003年の『失点 in the Park』のジャケットも忘れがたい。杉並区の公衆トイレに描かれた「反戦」「スペクタクル社会」というメッセージ――最高裁まで争った例の事件を思い出す人もいるだろう。『さんピンCAMP』を後追いでしか知ることのできなかった世代には、そこからECDに入っていったという層も少なくないのではないだろうか。
 そんな00年代以降のECDの歩みを辿るベスト盤が7月19日に発売される。CD 2枚組の仕様で、各ディスクには00年代の楽曲と10年代の楽曲が振り分けられている。監修はもちろんECD本人。客演作品も収録されているのが嬉しい。トラックリストは下記よりチェック。

ECD完全監修による2000年代以降の作品をまとめた2枚組ベスト盤『21世紀のECD』、7/19にリリース決定! ジャケット、トラックリストも公開!

 日本のヒップホップ黎明期よりコンスタントに活動を続けながら、いまなお現役第一線としてのリアリティを失わないアーティスト、ECD。1996年、日比谷野外音楽堂にて歴史的ヒップホップ・イベント〈さんピンCAMP〉のプロデュースを務めて数々のクラシックスを世に送り出し、2003年作『失点 in the Park』から今日に至るまで、自主制作で精力的なリリースを続けている。2015年には16枚目となる現時点での最新作『Three wise monkeys』をリリース。日本のヒップホップ・シーンという括りのみならず、シーンをクロスオーバーした活動で音楽ファンを魅了し続け、ここまで作品をリリースし続けるアーティストは他にいるだろうか。
 そんなECDのリリース作品・客演作品より、2000年代、2010年代を区切りにふたつのディスクにコンパイルし豪華2枚組としてパッケージングしたベスト盤『21世紀のECD』のリリース日がついに7/19に確定! そして最終的なトラックリストとジャケットも公開!

「今聴いても古さを感じさせない」それは最高の褒め言葉だ。
しかし僕は前作を古いものにするために新作を作り続けてきた。
つまり、この「21世紀のECD」と題されたベスト盤のようなものはいわばECDの地層である。
収録されている曲のひとつひとつは化石だ。ECDの化石を聴いてくれ。
――ECD

[DISC1 - 2000年代ベスト]
1. DIAL Q-EST - TSUTCHIE feat. ECD (From 『THANKS FOR LISTENING』)
2. Freeze Dry (From 『失点 in the park』)
3. DJ は期待を裏切らない (From 『失点 in the park』)
4. MIZO (From 『FINAL JUNKY』)
5. 東京を戦場に (From 『FINAL JUNKY』)
6. CD (From 『FINAL JUNKY』)
7. A.C.I.D (From 『Crystal Voyager』)
8. E.C.D (From 『Crystal Voyager』)
9. セシオン - U.G.MAN with ECD (From 『SOME SECRET』)
10. FINAL JUNKY のテーマ (From 『FUN CLUB』)
11. In The Place To Be (From 『FUN CLUB』)
12. BORN TO スルー (From 『天国よりマシなパンの耳』)
13. 天国ROCK (From 『天国よりマシなパンの耳』)
14. Keep On and GO - マイクアキラ feat. ECD (From 『THE RAP IDOL』)
15. 火星呆景 – O2 feat. ECD (From 『STAY TRUE』)

[DISC2 - 2010年代ベスト]
1. How's My Rapping? (From 『TEN YEARS AFTER』)
2. Time Slip (From 『TEN YEARS AFTER』)
3. Sight Seeing (From 『Don't worry be daddy』)
4. 想定外 - MINT&ECD (From 『BLACK SWAN』)
5. ラップごっこはこれでおしまい - soakubeats feat. ECD (From 『Never Pay 4 Music』)
6. 憧れのニューエラ (Extended 12' Version) (From 『憧れのニューエラ / ラップごっこはこれでおしまい』)
7. トニー・モンタナ (KM Remix) (EXCLUSIVE)
8. Trouble Makker - RIKKI feat. ECD (From 『BLACKGATE』)
9. Lucky Man (for Fans & Relativities REMIX) (EXCLUSIVE)
10. ただの直感 - GEBO feat. ECD (From 『IT'S A NEW DAY』)
11. 2030 - S/ & ECD (From 『T.R.E.A.M. presents ~田中面舞踏会サウンドトラック~ 「LIFE LOVES THE DISTANCE」』) ※正式表記は「S」の上にスラッシュ
12. ECDECADE (From 『TEN YEARS AFTER』)

TWEET

robotspeakerECD ──本人監修による2枚組ベスト盤が7月19日にリリース | ele-king https://t.co/RfdrvYJAwx @___ele_king___さんから@robotspeaker 06.10 14:26

NEWS