ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. LITTLE CREATURES - 30 (review)
  2. Apifera - Overstand (review)
  3. interview with Smerz ミステリアスかつクール、彼女たちの北欧エレクトロニカ・ポップ (interviews)
  4. Brother Nebula - The Physical World (review)
  5. Fishmans ──フィッシュマンズの映画、夏公開決定! (news)
  6. Hip Hop Anamnesis ──時代はメンタルヘルス、ということで「救済」をテーマにヒップホップを論じた本が登場 (news)
  7. R.I.P. BIG-O / OSUMI 追悼 オオスミタケシ(BIG-O/OSUMI) (news)
  8. R.I.P. Chick Corea 追悼 チック・コリア (news)
  9. Satomimagae ──孤高のフォークシンガー、サトミマガエが〈RVNG Intl.〉からアルバムをリリース (news)
  10. BES ──BIMとのコラボ曲のMVが公開、完全限定プレスのアナログ盤もリリース (news)
  11. Various Artists - Indaba Is (review)
  12. interview with KANDYTOWN (Neetz & KEIJU) こんな時期だからこそ音楽を聴いてもらいたい (interviews)
  13. Columns Stereolab ステレオラブはなぜ偉大だったのか (columns)
  14. Menagerie - Many Worlds (review)
  15. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  16. Jeff Mills ──ジェフ・ミルズが雑誌を創刊、しかも無料で読めます (news)
  17. Andrew Nosnitsky ──知る人ぞ知るヴェテラン・ヒップホップ・ジャーナリストによるカセットが〈C.E〉から (news)
  18. What's in My Playlist 2 僕の中のAriel Pink (columns)
  19. IR::Indigenous Resistance Sankara Future Dub Resurgence - Anarchist Africa::When Visions Fall From Sky / IR::Indigenous Resistance Sankara Future Dub Resurgence - IR 58 Rising Up For The Dub World Within (review)
  20. interview with Hiroshi Higo 1981年の醒め方 (interviews)

Home >  News > Telex - ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動

Telex

Telex

──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動

Jan 22,2021 UP

 もやもやしていらいらしてすっきりしないこの時代、免疫力が下がりそう。それじゃまずいと、遊び心たっぷりの音楽を紹介しましょう。クラフトワークにドナ・サマーそしてYMOと、テクノ・ポップ時代の幕開けの時にベルギーのブリュッセルで結成されたトリオ、テレックスは、ガーディアンいわく「隠された財宝」だ。シングル「モスコウ・ディスコウ」は日本でもヒットしているのでご存じの方も少なくない。ちなみに彼らのデビュー・アルバムの邦題ってなんだったか憶えていますか? 『テクノ革命』です(笑)。しかし、これはあながちはったりでもなかったりする。
 テレックスは、バンド結成前にすでにキャリアのあったミュージシャンの集合体だった。中心人物であるマルク・ムーランは、レアグルーヴ・ファンにはお馴染みのジャズ・バンド、Placeboのメンバーだった人。ダン・ラックスマンは70年代初頭からモーグを操るベルギーのシンセサイザー音楽の草分け的存在。もうひとりのミシェル・ムアースはポップス畑の作曲家。テレックスは、ある程度音楽を知っていた大人によって結成されたバンドだった。ゆえに、その作品はプロフェッショナルに作られている。
 テレックスの音楽をガーディアンは、マイケル・ジャクソンの“ビリー・ジーン”、ないしはニュー・オーダー、あるいはダフト・パンクにも繫がる回路を持っていると分析しているが、そうした音楽性の豊かさもさることながら、テレックスのもうひとつの個性はユーモアだ。たとえばロックンロールをテクノでやっているところなんかは、〈Mute〉の創始者ダニエル・ミラーのプロジェクト、シリコン・ティーンズの先をいっている。
 彼らの音楽は、1981年のスパークスが参加した3rdアルバム『Sex』をもって途絶えてしまったが、90年代にはいちど「テクノの偉大なルーツのひとつ」ということで再評価されている。(リミックス盤では、カール・クレイグ、イアン・オブライアン、小西康陽、ハーバート、グレン・アンダーグラウンドといった、幅広いメンツが参加)

 この度、昨年はカン再評価を促したミュート/トラフィックが再発シリーズ第一弾『ディス・イズ・テレックス』の発売を発表した。ベスト盤的内容で、ここにはスライ&ザ・ファミリー・ストーンやスパークス、未発表だったビートルズのカヴァーも収録されている。いまひそかに再評価が高まっている「隠された財宝」のリリースは4月30日。

テレックス (Telex)
ディス・イズ・テレックス (this is telex)

Mute/トラフィック
発売日:2021年4月30日(金)
定価:2,400円(税抜)
新ミックス+リマスター作品


Tracklist
1. The Beat Goes On/Off *
2. Moskow Diskow
3. Twist à Saint-Tropez
4. Euro-vision
5. Dance To The Music
6. Drama Drama
7. Exercise Is Good For You
8. L’amour toujours
9. Radio Radio
10. Rendez-vous dans l’espace
11. Beautiful Li(f)e
12. The Number One Song In Heaven
13. La Bamba
14. Dear Prudence *
15. Moskow Diskow (English Version)**
16. Eurovision (English Version) **
*未発表曲
**日本盤ボーナス・トラック

■テレックス(Telex)
1978年、ベルギーのブリュッセルで結成したシンセポップ・トリオ。メンバー:ダン・ラックスマン、ミシェル・ムアース、マルク・ムーラン(2008年逝去)。シンセポップのパイオニア。1978年、シングル「モスコウ・ディスコウ」を、翌年1979年にはデビュー・アルバム『テクノ革命』を発売。1980年、シングル「ユーロヴィジョン」収録の2ndアルバム『ニューロヴィジョン』を発売。1981年、スパークスが参加した3rdアルバム『Sex』を発売。その後も新たなテクノロジーの発展の中、自らの本質を失うことなく、むしろ革新的な作品を次々と発表していった。2006年、カムバック作『How Do You Dance?』を発売。2008年、マルク・ムーラン逝去。2021年4月、MUTEより再発シリーズ第一弾『ディス・イズ・テレックス』発売。

1st アルバム: Looking For St. Tropez (『テクノ革命』)(1979年)
2nd アルバム: Neurovision(1980年)
3rd アルバム『Sex』(1981年)
4th アルバム: Wonderful World(1984年)
5th アルバム: Looney Tunes(1986年)
6th アルバム: How Do You Dance?(2006年)

TWEET

kiq“Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 | ele-king” (1 user) https://t.co/FOq4taBomk@kiq 01.22 16:13

ECHOES_233Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 | ele-king https://t.co/s4W8SU1xEc @___ele_king___から@ECHOES_233 01.23 16:50

kurogedelicTelex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 | ele-king https://t.co/pSj2KxGWUd @___ele_king___より ミシェル・ムアースって建築かと思ってた@kurogedelic 02.11 11:44

NEWS