ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Brian Eno ──ブライアン・イーノが新曲を公開、保守党に任せれば何もかもうまくいく! (news)
  2. Burial - Tunes 2011-2019 (review)
  3. 30/70 - Fluid Motion (review)
  4. Mars89 ──東京の気鋭のDJが新作12インチをリリース、トム・ヨーク、ゾンビー、ロウ・ジャックの3組がリミックスで参加 (news)
  5. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 中編:NYサウンドの新世代 (columns)
  6. Columns NYクラブ・ミュージックの新たな波動 前編:10年代のブルックリンの軌跡 (columns)
  7. The Gerogerigegege, Jon K & Peder Mannerfelt ──〈C.E〉から新作カセットテープが怒濤のリリース (news)
  8. ISSUGI ──本日ニュー・アルバムをリリース、初のワンマンライヴも決定 (news)
  9. interview with FINAL SPANK HAPPY メンヘラ退場、青春カムバック。 (interviews)
  10. interview with Yukio Edano つまり……下からの政治とはいったい何なのか (interviews)
  11. Big Thief - U.F.O.F. / Big Thief - Two Hands (review)
  12. interview with Kode9 〈ハイパーダブ〉15周年記念 (interviews)
  13. Columns 元ちとせ 反転する海、シマ唄からアンビエントへ (columns)
  14. 女たちの暴力映画列伝 第1回 序文~タランティーノが描く女たち (columns)
  15. KODAMA AND THE DUB STATION BAND - かすかな きぼう (review)
  16. 羊とオオカミの恋と殺人 - (review)
  17. interview with Kazufumi Kodama 不自由のなかの自由 (interviews)
  18. Jagatara2020 ──80年代バブル期の日本に抗い、駆け抜けた伝説のバンド、じゃがたらが復活! (news)
  19. Yanis Varoufakis × Brian Eno ──いま最も注目を集める経済学者ヤニス・ヴァルファキスと音楽家ブライアン・イーノとのトーク・イベントが開催 (news)
  20. interview with Battles (Ian Williams) 素敵な事故が起こるまで (interviews)

Home > Writters > 鈴木孝弥

鈴木孝弥
鈴木 孝弥/Koya Suzuki鈴木 孝弥/Kôya Suzuki
1966年山形市生まれ。タワーレコード渋谷旧店ジャズ・バイヤーを経て渡仏。帰国後はフリーランスの音楽ライター、翻訳家、『ミュージック・マガジン』のマンスリー・レゲエ・アルバム・レヴュワー。2018年2月9日、ele-king books より『超プロテスト・ミュージック・ガイド』(編:ステファン・ジェルクン/共訳:シンドストラン・ラヴ)刊行。その他、訳書近刊に『レゲエ・アンバサダーズ~現代のロッカーズ――進化するルーツ・ロック・レゲエ』、マシな21世紀を望み、かつ政治屋を信用しない人のためのポップなソウシャル・アクション・ガイド『コンバ──オルタナティヴ・ライフスタイル・マニュアル』など。https://twitter.com/Suzuki_Koya