ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (2) (columns)
  2. Aphex Twin Live Stream - ──まるで1994年、初来日時のDJを思わせるようなセット (review)
  3. Throbbing Gristle - D.o.A. (最終報告書) (review)
  4. Throbbing Gristle - Greatest Hits - Entertainment Through Pain (review)
  5. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第9回 銃口の前で踊り続ける (columns)
  6. Politics 消費税廃止は本当に可能なのか? (1) (columns)
  7. Columns マキ・ザ・マジック追悼文 ――女神にKiss ケツにKiss どっちにしても墓場で笑う (columns)
  8. 夜、汗、ニコチン、酒、セックス、テクノ…… ──ドイツの国民的DJ、ウエストバムの半生と90年代レイヴの狂騒 (news)
  9. ミッドナイト・トラベラー - 監督:ハッサン・ファジリ (review)
  10. special talk “和レアリック”対談 (interviews)
  11. interview with Kuro 自分を爆発させたい (interviews)
  12. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  13. Common - Let Love (review)
  14. Stereolab ──ステレオラブ再始動キャンペーン第三弾、00年代の2作がリイシュー (news)
  15. special talk Be There! 12日はCONTACTに行くしかない (interviews)
  16. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第1回 現象になりたい (columns)
  17. ボーダー 二つの世界 - (review)
  18. Battles ──バトルスがニュー・アルバムをリリース、新曲を公開 (news)
  19. Random Access N.Y. vol.120:私たちの親がしたことと反対のことを ──クライメート・ストライクのデモ行進 (columns)
  20. 宇多田ヒカル × PUNPEE ──全米iTunes2位! 日本を含む9ヶ国で1位獲得 (news)

Home >  Interviews > interview with Manners - いるべき場所がない

interview with Manners

interview with Manners

いるべき場所がない

──マナーズ(見汐麻衣、石原洋)、インタヴュー

野田 努    Oct 17,2014 UP

いつでも音楽から逃げられるようにはしてあります。どこにも属したくないってつねに言っているけど、居場所はここではないよな、って思いながら何十年も経っていますから。つまり、ここからいつでも逃げられる状態でなければ音楽をやっていられないんです。──石原洋


マナーズ
Facies

Pヴァイン

Jazz RockPopPsychedelic Rock

Amazon iTunes

ジャズの要素はゆらゆら帝国やオウガにはないものだと思うんですが、そこは意識されましたか?

石原:ドラムのあだちくんはサックスができるから、ソロではなくて、ブラスっぽくして欲しいなと。それはたとえばニュークリアス(※UKのジャズ・ロック・バンド)とかは頭の中にあったかもね。

アーバンと言っても、いまのアーバンに浮かれた感じはないですからね。街の空気感も昔とは別モノですからね。

石原:早い話が落ちていってる感じがします。それは日々感じることで、おそらく多くの人も感じているでしょう。だから、ポップだけれどチャラくないのはそれが滲み出ているからかもしれない。そういう意味では時代性はあると思います。

見汐:石原さんと話すなかで、いま話していたチャラくないということが、最初どういうニュアンスなのか漠然としかわからなかったんです。石原さんがオススメしてくれるレコードなんかを聴いているうちに、感覚的に石原さんの言わんとしていることが理解できるようになってくるというか。石原さんの知識や経験のなかからアウトプットされる考えやアイデアに疑問を持たずすんなりうなずける事が増えるというか。私が言わんとしていることも一瞬で汲み取ってもらえますし。

見汐さんにとって表現のモチヴェーションになっているものはなんですか?

見汐:出来上がったものを聴いたときに、それが自分で作ったものだとは思えない、他人の作品と思えるものになるといいな、ということですかね。

言葉を綴る上でのモチヴェーションは?

見汐:「言わないなかでどれだけ言えるか」を考えていたことですかね。レコーディング中に石原さんに「もうちょっとサウンドを信じなさい」って言われたのが印象的でした。たぶん、自分は言葉に頼りすぎてマスを埋めてしまうというか……。そこは音で歌っているのに、そこに言葉を乗せる必要はあるのかとか。言葉を削るっていう作業が今回は難しかったです。
 もともと自分は小中学生のときから叔父の影響でURC、ベルウッド関連が好きで。ヨーロッパ、アメリカのSSWものとか好んでよく聴いていましたし。埋火のときはまず歌(言葉)があってという考えで作っていて。それがいままでとは違うやり方だったので、言葉の削り方、言い過ぎないよにするなど、考えて作りました。

アホな質問ですが、見汐さんは何で音楽をやっているんですか?

見汐:他にやることがないからです(笑)。

他にやることがあったら、音楽じゃなくてもよかったんですか?

見汐:どうだろう……よかったと思いますね。歌うことや(歌詞を)書くことに関してその行為事体が「音楽」だという意識が希薄なところがあって。楽器を弾く、曲を作るというのは自分にとって「音楽」なんですけど。他に切実に取り組めるものがあればそれをやっていたと思います。ただ「唄う」だけなら、歌はどこでもいつでも歌えますし。書くこともしかりで。

石原さんを見ていると音楽以外はありえないって感じがするんです。

石原:いつでも音楽から逃げられるようにはしてあります。どこにも属したくないってつねに言っているけど、居場所はここではないよな、って思いながら何十年も経っていますから。つまり、ここからいつでも逃げられる状態でなければ音楽をやっていられないんです。みんな自分探しとか、ここは自分がいるべき場所だとか言うじゃないですか? でも、そんなもの最初からどこにも無いのはわかっているんです。だからひとつの場所にたどり着いたとしても、「俺はここに属していないぞ」という意識がつねにある。そうじゃないと成り立たない。

そうした漂泊感はマナーズからは感じられます。

石原:言葉を信用しないわけではないですが、言葉に感化される自分が許せない部分はあります。

ははは(笑)。それは一般的にそうですよね。ですが、サウンドも人を感化させる力があります。

石原:でもサウンドはもっと感覚的で抽象度が高いですよ。

抽象度が高いからタチが悪いんです。言葉みたいにロジックは要らないから信じやすいし、コマーシャルな音楽はそこに突っ込むわけで。

石原:でも、「これいいでしょ?」っていうのと、「◯◯さんがXXって言っている」って言葉で引用するのでは意味が違いますよ。

僕は、音だから優位であるとは思いたくないんです。

石原:優位だとは思っていないですよ。ただ、どうしても言葉がインチキに思えることがあるんです。

音だってインチキなやつが多いじゃないですか(笑)。

石原:そりゃそうだ(笑)。騙すんならもっとうまくやれよって感じだよね。

ちなみにマナーズはどうしてマナーズという名前なんですか?

見汐:マナーズという言葉自体が持ってる意味はありますが、この名前にした意味はないです。意味があるものがあまり好きじゃないということもあるんです。ただ単に「マナーズっていいな。これにしよ!」って感じで決めました。名前を決めなきゃいけなくて迷っていたときに呼んでいた本にかいてあったような気がします。

石原:野田さんがやっているele-kingが扱っている音楽のなかで、マナ—ズはどういう位置にありますか?

ele-king的に言えば、ゆらゆら帝国、オウガの次に石原洋が何をやっているかということがデカいですよ。で、さっきから言ってるように、石原さんがポップスを試みているって感じです。

石原:それもわかるんですけど、でもポップスだったら僕がやらなくてもいいわけで。知識や技術があればやれることではなくて、自分のなかにはもう少し切実なものがあるんですよね。それはポップスの職人的なひとや、敏腕のアレンジャーや、深い知識を作品に流用できるひともいるわけですが、僕はそういうタイプじゃない。

最近の日本のポップスは消費者を飽きさせないためにコード展開がコロコロ変わるんですね。そういう意味でのポップスとは真逆ですよね。かといって、成熟した大人の音っていうことでもないんでしょうね。

石原:今回の作品を聴いて、「昔はこういう音あったよね」という受け取り方だけではなく若い世代にも響くんではなかろうかという自負があったんですよ。いわゆる、オヤジのロックに接近したくないんです。渋みとか言い出したら終わりだと思っていますから(笑)。パンクからもはや何十年も経っているじゃないですか。当時、パンクやノイズ、ノイズっていう言い方は好きじゃないですけど、そういうサウンドに興奮していたヤツらが、いま言った渋さのほうへいってしまうのを僕は見てきたから。「なんだよ、パンクが好きだったのは気の迷いだったのかよ」ってなるわけですよ(笑)。ただ、いまパンクをやるというのとはまったく意味が違いますけど。

石原さんは、洒落まくっている感じがあるからなー(笑)。

石原:僕は貧乏臭い、というかショボくれて同情を引こうとするような音楽が嫌いなんですよ。

取材:野田努(2014年10月17日)

1234

INTERVIEWS