ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Ehiorobo - Joltjacket (review)
  2. King Krule - You Heat Me Up, You Cool Me Down (review)
  3. Columns 断片化された生活のための音楽 ——UKインディーズ考 (columns)
  4. dj honda × ill-bosstino - KINGS CROSS (review)
  5. 年明けのダンス・ミュージック5枚 - (review)
  6. History of Fishmans ——久しぶりのフィッシュマンズのライヴ情報 (news)
  7. interview wuth Geoff Travis and Jeannette Lee 〈ラフ・トレード〉が語る、UKインディ・ロックの現在 (interviews)
  8. Makaya McCraven - Deciphering The Message (review)
  9. どんぐりず ──マッチョなシーンに風穴を開ける!? エレキング注目のラップ・ユニットが東京と大阪でライヴ (news)
  10. ELECTRONIC KUMOKO cloudchild ──サム・プレコップやカルロス・ニーニョらも参加するコンピがリリース (news)
  11. Parris - Soaked In Indigo Moonlight (review)
  12. Billy Wooten ──70年代ジャズ・ファンクの至宝、ビリー・ウッテンのTシャツ&7インチ・セットが発売 (news)
  13. Luke Wyatt & Dani Aphrodite ──ファッション・ブランドの〈C.E〉が2022年春夏コレクションに先駆けヴィデオを公開 (news)
  14. クリスチャン・マークレー - トランスレーティング[翻訳する] (review)
  15. Kaoliang Brothers - Kaoliang Brothers (review)
  16. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第3回 映画『金子文子と朴烈』が描かなかったこと (columns)
  17. interview with Jun Miyake ジャズ、ブラジル音楽、クラシックが交錯する時間の迷宮 (interviews)
  18. Cleo Sol - Mother (review)
  19. Ian Wellman - On The Darkest Day, You took My Hand and Swore It Will Be Okay (review)
  20. You'll Never Get To Heaven - Wave Your Moonlight Hat for the Snowfall Train (review)
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News > Brian Eno - ──ブライアン・イーノ、話題のNFTについて自身の見解を述べる

Brian Eno

Brian Eno

──ブライアン・イーノ、話題のNFTについて自身の見解を述べる

Dec 21,2021 UP

 2021年、大きな話題となった「NFT」。ノン・ファンジブル・トークン(非代替性トークン)の略語で、ブロックチェーン技術のひとつである。ざっくり言えば、デジタル・データを替えが効かないようにできる、しるしみたいなものだ。
 ふつう、電子データは簡単に複製可能なので、たとえば心血注いでデジタルですばらしい絵画を描いたとしても、無限にコピーができてしまい、特別な商品価値は生まれにくい。が、NFTの技術を用いれば、1枚1枚の絵に改ざんできないシリアルナンバーみたいなものが付され、唯一性を担保できるようになる。結果、デジタル・データなのに(世界に1枚しかない、現実のレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画のように)唯一無二の価値が生まれるよ、というお話。
 これは大きなビジネス・チャンス、ということで2021年、メタヴァースとともにNFTが大きな話題になった。じっさいにNFTを利用して音楽やその他のアイテムを売ったりしたアーティストも、すでにいる。

 そんなNFTをめぐる狂騒について、まさに “アーティスト” であるブライアン・イーノが、「ザ・クリプト・シラバス」という設立されたばかりのメディアで自身の見解を述べている。いわく、これまで何度か「NFT作品をつくらないか」と打診されてきたものの、その分野において制作するに値するなにかがあるとは思えなかったそうだ。暗号技術には「興味深い活用法があるのかもしれませんが、わたしにはその活用法がまだわかりません。一部の銀行口座に数字が移動すること以外に、それが世界になにをもたらしているのかわからないのです」と。

わたしにとって “つくるに値するもの” とは、銀行口座にだけではなく、世界にこそ価値を付加するなにかを生み出すことです。もしわたしがカネを稼ぎたいとだけ思っていたなら、べつの人間として異なるキャリアを歩んでいたでしょう。アーティストになる道など選ばなかったはずです。NFTは、アーティストがグローバル資本主義からほんのちょっとだけお楽しみを手に入れる方法のように思えます。アーティストの金融化、そのちょっとかわいい版みたいなものです。なんとすてきな。いまやアーティストたちはささやかなクソ資本家にもなることができるというわけです。

 イーノは、NFTにかんする議論それ自体についてはオープン・マインドでいたいけれども、現在は詐欺師がお人好しを探している状況だと考えているそうだ。

 ちなみに、聞き手はエフゲニー・モロゾフ。ベラルーシ出身のリサーチャー/ジャーナリストで、GAFAMの強烈な批判者として知られている。今回イーノとの対話が掲載された「ザ・クリプト・シラバス」を設立したのも彼自身だ。「ザ・クリプト・シラバス」は、暗号通貨やブロックチェーンなどにかんする情報を提供しつつ、議論を活性化させ、その分野に批評をもたらそうとするためのメディア/プラットフォームだという。10月に刊行した『ele-king臨時増刊号 仮想空間への招待──メタヴァース入門』にはモロゾフのエッセイが掲載されているので、興味のある方はぜひご一読を。

NEWS