ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Flatlines ──〈ハイパーダブ〉がサブレーベルを始動、なんとマーク・フィッシャーをリリース (news)
  2. ギーク母さんの21世紀女児カルチャー観察記 ピンクに塗れ!~現代女児のキラデコ事情~ 第4回:馬に恋する女の子たち (columns)
  3. Mikako Brady ──ブレイディみかこの新刊は、よりラディカルに新境地を切り拓く (news)
  4. interview with Black Midi 自分自身を解体するアート (interviews)
  5. Floating Points ──フローティング・ポインツ、待望の新曲をレヴューします (news)
  6. Helm - Chemical Flowers (review)
  7. Asian Meeting Festival 2019 ──気概に満ちた実験音楽の祭典が3年ぶりに東京で開催 (news)
  8. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  9. ロラン・ガルニエ ──ドキュメンタリー映画のプロジェクト立ち上げのお知らせです (news)
  10. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  11. Flying Lotus ──衝撃を与えた映画『KUSO』がまさかの再上映決定 (news)
  12. Seven Davis Jr - S.O.S (review)
  13. Flying Lotus ──フライング・ロータスの単独来日公演が決定 (news)
  14. 16FLIP × Georgia Anne Muldrow ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演 (news)
  15. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)
  16. WXAXRXP ──今年で30周年を迎える〈Warp〉がオンライン音楽フェスを開催、NTS Radio にて100時間以上にわたる特別番組を放送 (news)
  17. interview with Plaid ヴェテランが紡ぐ、調和と衝突の美しき重合体 (interviews)
  18. Burial ──ベリアルがニュー・シングルをリリース (news)
  19. Teen Daze - Bioluminescence (review)
  20. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第6回 笑う流浪者、あるいはルッキズムに抗うための破壊 (columns)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Toddla T- Watch Me Dance: Agitated by Ross…

Toddla T

Toddla T

Watch Me Dance: Agitated by Ross Orton & Pipes

Ninja Tune

Amazon iTunes

野田 努   Aug 28,2012 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「DJパイプスとロス・オートンは俺の最大のヒーローだ」と、トドラ・Tは話しているが、ふたりは彼にとって地元の先輩である。トドラ・Tが学校を辞めてシェフィールドのスケート場で働く「瞳孔の開いた」十代だった頃に、パイプスなる、怪しい名前のDJと会っている。このベース・フーリガンこそ地元クラブの顔役的なDJであり、そしてジャーヴィス・コッカー(パルプ)のDJチーム「ディスペレイト(絶望的な)・サウンドシステム」のメンバーでもある。彼らがオーガナイズするパーティ「ディスペレイト・ナイト(絶望的な夜)」において、トドラ・T、そしてパイプスとロス・オートンはダンスホール愛によって結ばれた。
 ロス・オートンは10年前の、エレクトロ時代のシェフィールドを代表するファット・トラッカーのメンバーであり、ジャーヴィス・コッカーのバンドのドラマーでもあり、アークティック・モンキーズやなんかの曲のプロデュース、MIAのリミックスも手がけるような名の知れた音楽人だった。トドラ・Tに作り方を教えた先生である。そういう地元の先輩ふたりが、トドラ・Tのセカンド・アルバム『ウォッチ・ミー・ダンス』を再構築したのが本作「アジテイティッド・バイ・ロス・オートン&パイプス」というわけだ。

 トドラ・Tは明るすぎるし、アホすぎるかもしれない。ビートたけし系のヒューマニズムに心底感動しているファッキン真面目な青年、竹内正太郎の文章を読んでいると、この国の湿度の高さが精神に与える影響もあるのでは……。「3.11以降」という彼の好きな言葉を使わずとも、昔から日本では、暗い風が吹くとファッキン内側に籠もりがちだ。島国だから? 現実が絶望的だから? 政治が大衆のために機能しないから? 『CRASS』の後書きでも書いたことだが、イギリスの若者文化は1978年の時点であたり一面の絶望に直面している。ノー・フューチャー、未来なんかない、俺にもあんたにも……ジョニー・ロットンはそう笑ってみせた。「ノー・フューチャー」を繰り返し聴かされたUKの若者文化はむしろ元気になって、ポスト・パンクの時代へと展開した。ポスト・パンクが何をしかったって? サッチャーという英国を愛する頑固なおばさんが絶対に許さない連中──たとえばジャマイカ移民に代表される──とつるんだ。英国らしさの真逆に突き進むことで、音楽も多様化した。結果、そうしたポスト・パンクの抵抗が「ノー・フューチャー」な英国に自由な領域を創造した。レイヴ・カルチャーはそのなかで生まれた。トドラ・Tがダンスホールと結ばれたのもそうした過去と無関係ではない。

 それにしてもトドラ・Tのふたりの先輩は、後輩以上にアホじゃないかと思われる。「アジテイティッド・バイ・ロス・オートン&パイプス」からは……いわばガンジャ節というか、ファッショナブルでポップ・ソングを意識した『ウォッチ・ミー・ダンス』をさらに深くクラブ・サウンドのほうへと変換している。アシッド・ハウスのフレイヴァーが全体を通底しているが、これは最近のモードだ。ショーラ・アマと一緒に作った最新シングル「アライヴ」も、まあ、お洒落で良かったが、僕は先輩がいじった本作のほうを推したい。ちなみに日本にも「ノー・フューチャー」で「未来を見せる」ことのできる人たちはいる。最近で言えばドタマとか、再結成したタコとか……。

(※)文中の「ファッキン」は竹内君に毒づいているというよりは、9月からはじまる編集部が大好きなライターの新連載の予告です。さて誰でしょう。こうご期待!

野田 努