ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns 超プロテスト・ミュージック・ガイド(基礎編+α) 約50曲 : selected by 野田努 (columns)
  2. Columns 超プロテスト・ミュージック・ガイド(二木編) (columns)
  3. interview with Tomoko Sauvage 楽器はボウル、水滴、エレクトロニクス (interviews)
  4. 悪女/AKUJO - 監督:チョン・ビョンギル『殺人の告白』 出演:キム・オクビン、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン / The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ - 監督:ソフィア・コッポラ『SOMEWHERE』
    出演:ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、コリン・ファレル
    (review)
  5. 資本主義リアリズム - マーク・フィッシャー 著 (review)
  6. Various Artists - We Out Here (review)
  7. Random Access N.Y. vol.98:インターネット、ソーシャル・メディアで生活をめちゃくちゃにされた人びとに捧げる Interference AV festival with Jlin, Lightning bolt, Sun Ra Arkestra @AMC empire multiplex (columns)
  8. Mika Vainio + Ryoji Ikeda + Alva Noto - Live 2002 (review)
  9. interview with Toshio Matsuura UKジャズの現在進行形とリンクする (interviews)
  10. The Correspondents - Puppet Loosely Strung (review)
  11. Georg Gatsas - SIGNAL THE FUTURE (review)
  12. BPM ビート・パー・ミニット - (review)
  13. R.I.P.妹尾隆一郎 ありがとう妹尾隆一郎 (news)
  14. BESとISSUGIによる噂の『VIRIDIAN SHOOT』のTeaserが公開。iTunes Storeでのプレオーダー受付、2曲の先行配信もスタート! (news)
  15. Courtney Barnett ──コートニー・バーネットですよ!!!! (news)
  16. R.I.P. ECD (news)
  17. スリー・ビルボード - (review)
  18. Lea Bertucci - Metal Aether (review)
  19. special talk : BES × senninshou特別対談:BES×仙人掌 (interviews)
  20. Four Tet ──フォー・テット、7年半ぶりの単独来日公演が決定 (news)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Second Woman- LP1

Album Reviews

Second Woman

IDMMinimalTechno

Second Woman

LP1

Spectrum Spools

Amazon

野田努   Jul 07,2016 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 テクノに関して言えば、ぼくには問題点がひとつある。ぼくがもうすでに良いテクノをたくさん知っているということだ。みんなより早く生まれたお陰で、オウテカやベーシック・チャンネルの時代から聴いてきた。IDMというタームが出てきた時代も経験している。ぼくはいまでも日常的にエレクトロニック・ミュージックを聴いているけれど、新作に関しては年々おっくうになってる。すでに自分の日常には、魅力的なテクノがたくさんあるからだ。とはいえ、やはりどうしても飽きる。その多くに関して言えば、高尚なアートなんぞではなく、そして取り立てて言うほどの感情移入もない、ある種の刺激物として消費しているのだから無理もない。それはこの音楽の出自を考えればすぐにわかることだ。
 で、だったら新しいのを聴こうという気になり、本作のように情報としての共有に値する秀作に手を出すハメになる。こちら〈エディションズ・メゴ〉のサブレーベルからリリースされた、BelongのメンバーとTelefon Tel Avivのメンバーのふたりによるプロジェクトで、文句なしに素晴らしい最新エレクトロニカである。
 ミニマルであってミニマルでない。反復されるが不規則で、複数のレイヤーがそれぞれずれていく。単純な快楽主義ではないのだが、彼らはそこを〝聴かせる〟次元にまで押し上げている。オウテカがミニマルをやったと喩えてもいいな。音響体験としてのスリルがあるのだ。

 昔からぼくはエディットが細かいものが好きなので、気が滅入るほどの細かいチョップも心地良く、スラップスティック風に耳を刺激するし、ベーシック・チャンネル以降、マーク・フェル以降にも対応している。
 オウテカの新作も良さそうだし、テクノ(IDM寄りのほう)が盛り上がっているのは確実だ。20年前にエレクトロニカが好きだった人も、いままたこのサブジャンルに注目してもいいかもよ。まあ、ある種の刺激物として。

野田努