ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P. Phil Spector 追悼 フィル・スペクター (news)
  2. R.I.P. Phil Asher 追悼 フィル・アッシャー (news)
  3. Clark ──クラーク新作にオリヴァー・コーツ、クリス・テイラー(グリズリー・ベア)、アフロドイチェら参加 (news)
  4. tofubeats - 水星 (review)
  5. Jamael Dean ──LAの新星ピアニスト、ジャメル・ディーンによる美しきソロ・ピアノ作 (news)
  6. interview with ZORN 労働者階級のアンチ・ヒーロー (interviews)
  7. interview with Bicep UKダンス・ミュージックの新たな大器、ここに登場 (interviews)
  8. Mouse On Mars ──マウス・オン・マーズがニュー・アルバムをリリース (news)
  9. Smerz ──北欧新世代電子デュオ、スメーツが初のアルバムをリリース (news)
  10. DJ Hell ──ドイツのヴェテラン、DJヘルが新作をリリース、テーマに注目です (news)
  11. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  12. Arca × Oliver Coates ──アルカが新曲でオリヴァー・コーツとコラボ (news)
  13. interview with Sleaford Mods アップデートする、21世紀のモッズ (interviews)
  14. Jesu - Terminus (review)
  15. R.I.P. 南正人 (news)
  16. What's in My Playlist 1 (columns)
  17. 環ROY - Anyways (review)
  18. R.I.P. MF DOOM 追悼 MFドゥーム (news)
  19. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  20. Jahari Massamba Unit - Pardon My French (review)

Home >  Reviews >  Old & New > Various Artists- Vol. 2 Deutsche Elektronische Mu…

Various Artists

Various Artists

Vol. 2 Deutsche Elektronische Musik --Experimental German Rock And Electronic Musik 1971 - 83

Soul Jazz

Amazon

野田 努   Mar 29,2013 UP Old & New
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 再発見を得意とするUKの〈ソウル・ジャズ〉によるクラウトロックの編集盤、その『Vol. 2』だが、『Vol.1』以上に多彩な選曲になっている。カンの壮大な"ハレルヤ"がわずか5分弱に切られているのはがっかりだが、クラウトロックと言ったときのお約束の音(ミニマルで、エレクトロニックで、アブストラクトで)も収録しつつ、今回は、ギラ、アジテーション・フリー、アモン・デュールIIのようなコミューナルなロック・バンドの美しい楽曲、A.R. &マシーンズ、ブロセマシーナのコズミックでフォーキーな楽曲が要所要所で印象的に使われている。ミニマルで、エレクトロニックで、これといった旋律のないクラウトロックの池のなかでは、むしろ多少アメリカナイズされているロック・ソングが新鮮に思えるから不思議......でもなんでもないか。
 とにかく、たとえば、YouやSergius Golowin、Electric Sandwich、Rolf Trostel、70年代のアフロ・フュージョン・グループのNiagaraといった、僕にはあまり馴染みでない名前がけっこう入っている。前作よりもさらに一段ギアを入れたような、マニアックな内容と言えるだろう。

 DAFやピロレイターのようなポスト・パンクが、ハラルド・グロスコフやヴォルフガング・リーヒマン、コンラッド・シュニッツラーやアスムス・チェチェンズらと混ざっていても違和感はないが、ドイツというだけですべてをひと括りにするにはさすがに無理がある。そういう意味で、ここに収録された27曲は、クラウトロックという括りの限界ラインをまさぐっているようだ。2枚目のCDの12曲目は、ファウストの"クラウト・ロック"。シリーズの最後はこれしかない。自分の知らない曲が多かったので、『Vol.1』よりも楽しめた。

野田 努