ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Kendrick Lamar - Mr.Morale & The Big Steppers (review)
  2. interview with Nils Frahm ポスト・クラシカルのピアニスト、珠玉のアンビエント作品 (interviews)
  3. 対談 半世紀を経て蘇る静岡ロックンロール組合 (interviews)
  4. Natalie Beridze - Of Which One Knows (review)
  5. Spoon × Adrian Sherwood ──テキサスのバンド、スプーンの最新作をエイドリアン・シャーウッドが再構築 (news)
  6. Plaid ──プラッドがニュー・アルバムをリリース (news)
  7. Jun Togawa ——2022・秋の戸川純、ライヴ告知です! (news)
  8. Valerio Tricoli - Say Goodbye To the Wind (review)
  9. interview with Danger Mouse デンジャー・マウス、17年ぶりのヒップホップ・アルバムを語る (interviews)
  10. Special Talk : OGRE YOU ASSHOLE × Mark McGuire GW特別鼎談:オウガ・ユー・アスホール×マーク・マッガイア (interviews)
  11. Moor Mother - Jazz Codes / 700 Bliss - Nothing to Declare (review)
  12. HAINO KEIJI & THE HARDY ROCKS - きみはぼくの めの「前」にいるのか すぐ「隣」にいるのか (review)
  13. KANDYTOWN - ADVISORY (review)
  14. Coby Sey - Conduit (review)
  15. Cornelius - 2022.7.30@Fuji Rock Festival (review)
  16. Frank Zappa - Zappa/Erie (review)
  17. interview with Jockstrap UKメタ・ポップ・ミュージックの魅力 (interviews)
  18. Suzi Analogue - Infinite Zonez (review)
  19. 『セックス・ピストルズ』 - (review)
  20. Takuro Okada ——コルトレーンの“至上の愛”からはじまる岡田拓郎の新作 (news)

Home >  Reviews >  Sound Patrol > Kitsch, Trash, Pop Art, Vaperwave

Kitsch, Trash, Pop Art, Vaperwave

Kitsch, Trash, Pop Art, Vaperwave

   Jan 11,2013 UP

coolmemoryz - i S P I R I Tメディア「2 X 1 3 」

http://coolmemoryz.tumblr.com
https://soundcloud.com/coolmemoryz/01-r-c-o-r-p/

 ネットにおけるエントロピーの増大の......というか、しかし、何故「日本」なんでしょう? それが、いや、それだけが気になる。よほど狂った、病的な国に見えるのか......、それとも本気で好きなのか......、クールジャパンを小馬鹿にしているのか......、そのあたりの感じがいまひとつわからないが、クラウド・ラップとも繋がっているわけだし、これが現代のUSアンダーグラウンドの一種の流行であることは疑いようがない。
 昨年「TOKYO_DAYS," / "真夜中のJAZZ滑らかな心」を発表したクールメモリーズは、90年代前半のボアダムス的なコラージュ・アートを、80年代/90年代の日本のオタク文化を素材としながらやっている。ドップラー・エフェクト(元ドレクシア)もジャパニーズ・テレコム名義でにたようなことを10年前にやっている。ダウンロードはこちらです
http://www.mediafire.com/?r4w9xx2622t4mae)。

Infinity Frequencies - Dream Recovery

http://computer-gaze.bandcamp.com

 今年の春先にリリース予定のオウテカ(アヴァンギャルド)の新譜は、こうした安直なネット音楽(キッチュ)に腹を立てているそうだが、文化的な緊張感で言えば、ヴェイパーウェイヴ以降の下劣なカオスは軽視できるものではない。だから御大も無視できないのだろうし、これが音楽作品として面白いかどうかは、フリーダウンロードできるので聴いて判断して意見を聞かせてください。僕は古い人間なので、これを無料でもらうよりはオウテカに金を払う派ですけど......。

肉人形☆MEATDOLL - 秋のシルエット

http://nymphoworm.tumblr.com/

 ココまで来ると80年代のノイズの領域で、ナース・ウィズ・ウーンド的なミュージック・コンクレートのあらたな展開とも言えるんじゃないだろうか。非常階段が初音ミクでじゃがたらの「タンゴ」をやったのは、そう考えると禁断の共作どころか、今日のアンダーグラウンドで芽生えた、ある種の共有意識/共通感覚によるものだと思えてくる。