ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Cremation Lily - Dreams Drenched in Static (review)
  2. Pine Barons ——フィラデルフィアのインディ・バンドが、フィッシュマンズのカヴァー・アルバムをリリース (news)
  3. interview with Shintaro Sakamoto 坂本慎太郎、新作『物語のように』について語る (interviews)
  4. Adrian Sherwood ——エイドリアン・シャーウッドが女性ダブ・アーティストのコンピレーションをリリースする (news)
  5. リコリス・ピザ - (review)
  6. Vladislav Delay ——ロシア占領下の18世紀フィンランドを主題にしたヴラディスラヴ・ディレイの新作は、〈Planet Mu〉からリリース (news)
  7. Whatever The Weather - Whatever The Weather (review)
  8. P.E. - The Leather Lemon (review)
  9. interview with Kikagaku Moyo 無国籍ロウファイ・サイケデリア (interviews)
  10. The Ephemeron Loop - Psychonautic Escapism (review)
  11. Ecstasy Boys ──90年代ジャパニーズ・ハウスの伝説、エクスタシー・ボーイズの幻の作品がリイシュー (news)
  12. Autechre ──オウテカが未発表ライヴ音源集をリリース、計8時間弱 (news)
  13. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第5回 反誕生日会主義 (columns)
  14. Spiritualized - Everything Was Beautiful (review)
  15. Telefon Tel Aviv - Dreams Are Not Enough (review)
  16. Funkadelic - Maggot Brain (review)
  17. Smerz ──北欧新世代電子デュオ、スメーツが初のアルバムをリリース (news)
  18. Ghostly Kisses - Heaven, Wait (review)
  19. 遊佐春菜 - Another Story Of Dystopia Romance (review)
  20. Nicolás Jaar, Other People ──ニコラス・ジャーが20世紀後半のポーランドの前衛/実験音楽をコンパイル (news)

Home >  News > ここが「辺境」だ、ここでとべっ - ――〈サブライム・フリーケンシーズ〉の大番頭、マーク・ジャーギス ジャパン・ツアー

ここが「辺境」だ、ここでとべっ

ここが「辺境」だ、ここでとべっ

――〈サブライム・フリーケンシーズ〉の大番頭、マーク・ジャーギス ジャパン・ツアー

Jul 11,2013 UP

 いまから10年以上前のシアトルで、サン・シティ・ガールズのアラン・ビショップを中心に設立されたレーベル〈サブライム・フリーケンシーズ(Sublime Frequencies)〉は、いまやもっとも先鋭的なワールド・ミュージック・レーベルとしてその名をワールド中に轟かせているというか、ひとくくりに「ワールド」というと語弊があるというか〈サブライム・フリーケンシーズ〉の視点はかつて非西欧圏と位置づけられ、エキゾチシズムと無縁ではなかったワールドが辺境と呼ばれ珍重され、白地図を塗りつぶすように濫費された時代を過ぎても、音自体をあるアングルから聴き取ればそこに意味以上に語るべき音のあることを教えてくれた。耳ざといリスナーは避けて通れない。お世話になった方も多いのではないか。
 〈サブライム・フリーケンシーズ〉というとアラン・ビショップにフォーカスが当たりがちだが、そもそも2002年の設立当時のメンバーはビショップに映像作家のヒシャム・マイェット、それに今回来日するマーク・ジャーギスの3人だった。ジャーギスは作曲家、演奏家、プロデューサーにしてDJ、つまり全方位音楽人であり、レーベル活動を通して、長年にわたる研究成果と、東南・中央アジアなどを旅して得た音楽、映像、フィールド・レコーディングを共有するためのプラットフォームをづくりに携わる制作者でもあるが、ビョークのリミックスで知られるシリアの歌手、オマール・スレイマンを発掘した辣腕(?)A&Rにしてフォーク、ポップスまで視野に入れたオリジナリティあふれるコンパイラーといったほうが通りがいいだろうか。マーク・ジャーギスはまた、ソロ・プロジェクト「Porest」をやっていたりする。1993年から2004年まで活動したベイエリアの実験的なパフォーマンスの集団「Mono Pause」の創立者でもあり、そこから派生した「Neung Phak」では、タイと東南アジアのポップスをデフォルメしたというか擬装したというか、とにかく素っ頓狂なエスノ・ロック~ポップスに踏みこんでいる。

マーク・ジャーギスのDJは彼の膨大なサウンド・ライブラリーからの選りすぐりで、伴走するVJも、東南・中央アジアの映画、テレビ番組、そして独自に撮影された映像から構成するということなので、ワールド・ミュージック・ファンならずともサイケ~オルタナ~クラブ・ミュージック~ドローンのファン、これを読んでいるそこのあなた。みなさんにお楽しみいただけること請け合いですので、ぜひ会場に足をお運びください。(松村正人)

スケジュール

■7/14(日) 静岡 ラジシャン
OPEN START18:30 Adv / Door 2500yen (w/1d)
<DJ>
Mark Gergis
山辺圭司(LOS APSON?)、CITY BOY、ICHIYA、岸野雄一

■7/15(祝) 神戸 旧グッゲンハイム邸
OPEN/START 15:00 Adv / Door 2500yen
<DJ>
Mark Gergis
BACON Crew、キング・ジョー
「お気楽アジア音楽寄港」
[batopaha mar (plantation)+武村篤彦(泊)+山本信記(popo、かきつばた)]
<Talk>
江村幸紀(em records)/岸野雄一
<food>
喫茶ゆすらご

■7/17(水) 熊本 (仮)A-Z LAND
※会場名の(仮)は正式名称の一部です。
OPEN/START 17:00 Door 2500yen(w/1d)
<DJ>
Mark Gergis
岸野雄一、前田TYX$ON、POLYPICAL(ex Saihate)
<LIVE>
オオルタイチ、NONCHELEEE

■7/18(木) 東京 Dommune
OPEN/START 19:00 Door 1000yen
<第1部:Talk>
Mark Gergis
大石始、松山晋也、岸野雄一
<第2部:DJ>
Mark Gergis、L?K?O

■7/19(金) 東京 スーパー・デラックス
OPEN/START 22:30 Adv 2500yen / Door 3000yen (w/1d)
<DJ>
Mark Gergis
SOI48、幻の名盤解放同盟(根本敬、湯浅学、船橋英雄)
MOODMAN、Bing a.k.a Toshio Kajiwara、サラーム海上
<VJ>
SphinkS

■7/20(土) 沖縄 南国の夜
OPEN START20:00 Door 2500yen(w/1d)
<DJ>
Mark Gergis
常盤響、馬場正道、岸野雄一、KengShing、Yu-chang

○来日情報サイト:
http://www.anttkc.com/sf2013/

○Face Book Event Page:
http://www.facebook.com/events/383713831733725/

○お問合わせ:
info@outonedisc.sakura.ne.jp(岸野/渡辺)