ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with COM.A パンク・ミーツ・IDM! (interviews)
  2. Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​1 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​2 / Kevin Richard Martin - Frequencies for Leaving Earth - Vol​.​3 (review)
  3. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  4. interview with Julianna Barwick 聞きたくない声は、怒りのラップ、怒りのメタル。“グォォォーッ”みたいなやつ (interviews)
  5. R.I.P.:エンニオ・モリコーネ (news)
  6. interview with Wool & The Pants 東京の底から (interviews)
  7. interview with Jessica Care Moore いまは沈黙するときではない (interviews)
  8. Post-Pandemic Memories 第3回 僕たちには特権が与えられている (columns)
  9. Run The Jewels ラン・ザ・ジュエルズは何がすごいのか (interviews)
  10. すずえり - Fata Morgana (review)
  11. Moodymann - Take Away (review)
  12. 169 - SYNC (review)
  13. Jun Togawa──戸川純がまさかのユーチューバーになった! (news)
  14. Cafe OTO ──多くの日本人アーティストも参加。コロナ渦を乗り切るための、ロンドンの〈Cafe OTO〉主宰のレーベル〈TakuRoku〉に注目 (news)
  15. 404 Error File Not Found (interviews)
  16. Kenmochi Hidefumi - たぶん沸く〜TOWN WORK〜 (review)
  17. Hiroshi Yoshimura ──入手困難だった吉村弘の1986年作『Green』がリイシュー (news)
  18. Speaker Music - Black Nationalist Sonic Weaponry (review)
  19. COM.A ──パンク精神あふれるIDMの異端児が13年ぶりの新作をリリース (news)
  20. Politics 都知事選直前座談会 「今回の都知事選、どう見ればいいか」 (columns)

Home >  News > IDM definitive 1958 - 2018 - ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ

IDM definitive 1958 - 2018

IDM definitive 1958 - 2018

──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ

Amazon

Apr 20,2018 UP

 なぜ1950年代から……?
 このタイトルを目にした方がたの多くは、まずそこに戸惑いを覚えることだろう。でも、まさにそこにこそこの本の秘密がある。
 IDMすなわちインテリジェント・ダンス・ミュージックという言葉は90年代に作られたものだ。それはハウス・ミュージックより後に生まれた概念であり、ダンスを出自としながらそこに留まらないことを希求する、ひとつのオルタナティヴな態度でもある。とはいえ、その言葉に含まれる「インテリジェント」という部分がどうしても「それ以外のダンス・ミュージックには知性がない」というニュアンスを帯びてしまうため、その呼称を忌避する者も多い。それゆえUKや欧州では当時からエレクトロニカという言葉も用いられ続けてきたわけだが、不思議なことに合衆国ではその語はプロディジーやケミカル・ブラザーズのような音楽を指すために使われることとなった。このような奇妙なねじれ、このような言葉の揺らぎそのものに、IDM/エレクトロニカという音楽の持つ特質、すなわちそれを他とわかつ決定的な指標が潜んでいるのではないか? であるなら、その前史を振り返ってみることもまた有意義なことなのではないか?
 とまあ、堅苦しい言い方になってしまったけれど、本書はディスクガイドである。IDM/エレクトロニカとはいったいなんなのか――それについてどう考えるにせよ、その中心にエイフェックスがいることは間違いない。近年では、彼を筆頭とする90年代のIDM/エレクトロニカから大いに影響を受けたラナーク・アートファックスのような新世代が台頭してきている。あるいはそこに〈CPU〉やブレインウォルツェラ、バイセップダニエル・エイヴリーなどの名をつけ加えてもいい。昨年『ピッチフォーク』が「The 50 Best IDM Albums of All Time」という特集を組んだことも話題となった。いま、90年代前半に起こった音楽的旋回がさまざまな形で参照され、新たな意味を帯びはじめている。
 そのような今日だからこそ、この『IDM definitive 1958 - 2018』はあなたに音楽の新たな聴き方を提供する。エイフェックスを起点として過去と未来とその双方に向けて放たれた無数の矢、選び抜かれた800枚以上のタイトルがいま、あなたに聴かれることを待っている。

IDM definitive 1958 – 2018

監修・文:三田格
協力・文:デンシノオト
文:野田努、松村正人、木津毅、小林拓音

contents

Chapter 1
Musique concrète / Synthesizer Music (1958~1965)

Chapter 2
Sound Effects (1966~1971)

Chapter 3
Improvisation / Composition (1972~1979)

Chapter 4
New Wave / Industrial (1980~1989)

Chapter 5
Braindance (1990~1993)

Chapter 6
Glitch Electronica (1994~1999)

Chapter 7
Indietronica & Folktronica (2000~2006)

Chapter 8
Life and Death of Rave Culture (2007~2013)

Chapter 9
Now (2014~2018)

TWEET

NSTyK4545IDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/gQsa2QkfAO 発送されてた、楽しみ@NSTyK4545 04.20 20:31

flower_lensこれね:IDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/EqOx7WvLNs@flower_lens 04.22 23:35

nack_dIDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/uWvER05stx @___ele_king___さんから@nack_d 04.23 14:24

JohnIllこれに直撃された世代として、ちょっと読んでみたいな。IDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/tJCeLweodP @___ele_king___さんから@JohnIll 05.3 18:30

nekoshigureIDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/GPAgcEuSTq そうだこれ シリーズで出てるから買い出したらキリない… https://t.co/PK5ypJLE94@nekoshigure 06.10 10:25

cocoroshIDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/5TtGTp3D2F @___ele_king___さんから@cocorosh 05.26 18:59

vc_foxいつの間にか、definitiveシリーズ結構出ていた。IDM definitive 1958 - 2018 ──IDM/エレクトロニカの大カタログ刊行のお知らせ | ele-king https://t.co/Fwu9LMM4hr@vc_fox 07.23 21:24

NEWS