ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Leo Svirsky - River Without Banks (review)
  2. Laraaji ──ララージがまさかの再来日、ブライアン・イーノとの名作を再現 (news)
  3. Aphex Twin ──エイフェックス・ツイン最新公演のライヴ・ストリーミングが決定 (news)
  4. interview with (Sandy) Alex G 塩と砂糖の誘惑 (interviews)
  5. interview with Kindness 音楽である必要すらないんです (interviews)
  6. Freddie Gibbs & Madlib - Bandana (review)
  7. Columns JPEGMAFIA『Veteran』の衝撃とは何だったのか (columns)
  8. interview with For Tracy Hyde シティ・ポップ・リヴァイヴァルから「シティ」を奪還する (interviews)
  9. Tohji ──いま若い世代から圧倒的な支持を集めるラッパーが、初のミックステープをリリース (news)
  10. Squarepusher, Oneohtrix Point Never & Bibio ──〈Warp〉30周年イベントが開催決定! スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオが一挙来日 (news)
  11. イギリスでは高校生に授業参観でレイヴの歴史を教えています (news)
  12. Lafawndah - Ancestor Boy (review)
  13. BJ The Chicago Kid - 1123 (review)
  14. Columns ララージ来日直前企画 ──ニューエイジの巨匠、その歩みを振り返る (columns)
  15. Columns ダブステップ・シーンへ日本からの新風 ──City1について (columns)
  16. For Tracy Hyde - New Young City (review)
  17. Taylor McFerrin - Love's Last Chance (review)
  18. Thom Yorke - Anima (review)
  19. interview with Yosuke Yamashita 誰にでも開かれた過激 (interviews)
  20. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第8回 電車の中で寝転がる人、ボルタンスキーの神話 ――2019年8月11日に見たものの全て (columns)

Home >  News > 16FLIP × Georgia Anne Muldrow - ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演

16FLIP × Georgia Anne Muldrow

16FLIP × Georgia Anne Muldrow

──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演

Jun 20,2019 UP

 これぞ幸福なコラボというやつでしょう。MONJU / DOWN NORTH CAMP のDJ兼トラックメイカーであり、ISSUGI の変名としても知られる 16FLIP がなんと、〈Stones Throw〉からのリリースで名を上げ、昨年〈Brainfeeder〉からアルバムを発表したLAのジョージア・アン・マルドロウをフィーチャーしたシングルをリリースする。発売日は7月10日。BudaMunk によるリミックスおよび 16FLIP 本人によるインストも収録される模様。芯のあるベースと酩酊的な音響の共存するトラックのうえを、ソウルフルでちょっぴり神秘的な美声が漂流していく……これぞ幸福なコラボというやつでしょう。

[7月4日追記]
 話題の 16FLIP とジョージア・アン・マルドロウとのコラボ曲、“Love it though”のティーザーが本日公開となった。なんとも味のある映像です。リリースはいよいよ来週!

ISSUGI の変名としても知られる 16FLIP が〈ストーンズ・スロウ〉や〈ブレインフィーダー〉からのリリースでも知られる女性シンガー、ジョージア・アン・マルドロウをフィーチャーした楽曲をリリース。BudaMunk によるリミックスも収録。

◆ MONJU / DOWN NORTH CAMP のDJ/トラックメイカーであり ISSUGI の変名としても知られ、MONJU や ISSUGI、仙人掌、5lack、SICK TEAM、BES らの作品でのプロデュースや自己名義のビート・アルバムのリリース/DJミックス、日本各地のクラブやレセプション、ショップのインストア・パーティでのDJなど、多岐に渡る活躍をみせる 16FLIP が自己名義のシングル作品をリリース!
◆ 客演には〈ストーンズ・スロウ〉からもアルバムをリリースし、〈ブレインフィーダー〉から昨年11月にニュー・アルバム『OVERLOAD』をリリース。ケンドリック・ラマーやエリカ・バドゥ、ロバート・グラスパー、モス・デフらが称賛し、「現代のニーナ・シモン」とも称されるLAアンダーグラウンドを代表する女性シンガー/プロデューサー、ジョージア・アン・マルドロウが参加! 16FLIP のスムースかつスモーキーなビートの上で、抜群のメロディが浮遊するアーバンメロウなR&Bが完成した。キーボードには ONRA 主催のレーベル、〈NBN Records〉からアルバム『Bussin’』をリリースしたばかりのデヴィン・モリソンも参加。
◆ 16FLIPによるオリジナル・ヴァージョンに加え、BudaMunk によるリミックス・ヴァージョンと 16FLIP 制作による2種のインストゥルメンタル・ヴァージョンを収録!
◆ また、16FLIP によるオリジナル・ヴァージョンが6/24(月)9:00~13:00放送のJ-WAVE(81.3FM)「STEP ONE」の番組内で超先行オンエアとなります!

【番組概要】
J-WAVE(81.3FM) 「STEP ONE」
MC:サッシャ/増井なぎさ
番組URL:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/
オンエア日時:6月24日 (月) 09:00-13:00

【アルバム概要】
アーティスト: 16FLIP (16フリップ)
タイトル: Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (ラブ・イット・ゾウ・フィーチャリング・ジョージア・アン・マルドロウ)
レーベル: P-VINE / Dogear Records
品番: PCD-4643
ジャンル: R&B / JAPANESE HIP HOP
税抜販売価格: 1050円
発売日: 2019年7月10日(水)

[TRACKLIST]
1. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Original Version)
2. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (BudaMunk Remix)
3. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Original Instrumental)
4. Love it though feat. Georgia Anne Muldrow (Trastrumental)

[16FLIP プロフィール]
東京生まれ、HIP HOPのビートメイカー。
自身も所属するグループ MONJU が06年に立ち上げたレーベル〈DOGEAR RECORDS〉を中心に数々の作品をリリース。MONJU、5lack、ISSUGI、仙人掌、KID FRESINO、BES らの作品をプロデュースしてきた。
またDJとしての顔も持ち、5lack 主催のパーティー《weeken》でのレジデントをはじめ、全国各地からイベント出演のオファーが絶えない。
19年7月、LAアンダーグラウンドを代表する女性シンガー Georgia Anne Muldrow を客演に迎え、自身初となるシングル「Love It though」をリリース予定。ISSUGI のビートメイカー名義。

https://soundcloud.com/16flip
http://issugi.tokyo/disco/16flip

TWEET

te2hit0楽しみʕु-̫͡-ʔु”  16FLIP × Georgia Anne Muldrow ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演 | ele-king https://t.co/rxS2wGYfnX@te2hit0 06.25 01:05

NEWS