ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Tricky - Fall to Pieces (review)
  2. KMRU - Peel (review)
  3. Katalyst ──LA拠点の精鋭ジャズ・コレクティヴが初のアルバムをリリース (news)
  4. YPY - Compact Disc (review)
  5. Global Communication - Transmissions (review)
  6. Oneohtrix Point Never ──OPNがニュー・アルバムをリリース (news)
  7. interview with A Certain Ratio/Jez Kerr マンチェスター、ポストパンク・ファンクの伝説 (interviews)
  8. Boris ──初期作品2作がジャック・ホワイトのレーベルよりリイシュー (news)
  9. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  10. Sam Prekop - Comma (review)
  11. interview with Saito テクノ夫婦 (interviews)
  12. interview with Diggs Duke 偽りなきソウルを追い求めて (interviews)
  13. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  14. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第5回 反誕生日会主義 (columns)
  15. interview with Phew いまは本当に、日常を繰り返すこと。それを自分に決めています (interviews)
  16. Opinion 政治で音楽を救う(音楽で政治を救う?) (columns)
  17. slowthai ──UKのラッパー、スロウタイの新曲にジェイムス・ブレイクとマウント・キンビー (news)
  18. 宇多田ヒカル - Fantôme (review)
  19. Boldy James / Sterling Toles - Manger on McNichols (review)
  20. Bruce Springsteen ──ブルース・スプリングスティーンが急遽新作をリリース、発売日は大統領選直前 (news)

Home >  News > Tunes Of Negation - ──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい!

Tunes Of Negation

Tunes Of Negation

──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい!

Aug 16,2019 UP

 沢井陽子さんのコラムを読んでいると、もはや新しいものを生み出せなくなったNYのインディ・ロック・シーンが日本のシティ・ポップに慰めを求めているようで(というのは言い過ぎ?)、なんとも複雑な気持ちになる。ストップ・ターニング・ジャパニーズ、世界が日本化しちゃまずいんだって。それに、音楽は停滞しているように見えて、まだ未開の領域があると言わんばかりの作品も出ているのだ。

 シャックルトンの新プロジェクト、 Tunes Of Negation(Shackleton、Heather Leigh、Takumi Motokawa)、「否定の音」を意味する名前のこのプロジェクトのアルバムがヤバい。得体の知れない際どい感覚、ある種の恐ろしさ、そうしたものがここにはまだ生きているような気がする。まだサイケデリックと呼びうる音響があったのかという感じ。ベルリンのレーベル〈Cosmo Rhythmatic〉(キング・ミダス・サウンドの新作を出しているレーベル)から10月18日に現地ではリリースされる

TWEET

akihik0810“Tunes Of Negation ──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい! | ele-king” https://t.co/S5L7NlFQ5q@akihik0810 08.17 10:09

GillesExcellentTunes Of Negation ──音楽にまだ未開の領域はあるのか、シャックルトンの新プロジェクトがすごい! | ele-king https://t.co/2rG06Ehwcj@GillesExcellent 08.18 04:00

NEWS