ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 柴田聡子 - がんばれ!メロディー (review)
  2. 中原昌也 ──作家デビュー20周年を記念し最新小説とトリビュート作品集が2冊同時リリース (news)
  3. Reeko Squeeze - Child’s Play 2 (review)
  4. ビール・ストリートの恋人たち - (review)
  5. Columns What’s the point of indie rock? インディー・ロックの核心とは何か (columns)
  6. Vince Staples - FM! / Earl Sweatshirt - Some Rap Songs (review)
  7. 闘魂 2019 - 出演:cero、フィッシュマンズ (review)
  8. ポスト・ミューザック考 第一回 (columns)
  9. Holly Herndon ──ホーリー・ハーンダンが人工知能と共作した新作をリリース (news)
  10. Sharon Van Etten - Remind Me Tomorrow (review)
  11. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)
  12. 資本主義リアリズム - マーク・フィッシャー 著 (review)
  13. ポスト・ミューザック考 第二回:俗流アンビエント (columns)
  14. Norhern Soul ──『ノーザン・ソウル』、この最高な映画を見たらスリムのデニムを履けなくなる (news)
  15. There are many many alternatives. 道なら腐るほどある 第2回 マグカップは割れ、風呂場のタイルは今日も四角い (columns)
  16. talk with Takkyu Ishino × Stephen Morris 特別対談:石野卓球×スティーヴン・モリス(ニュー・オーダー) (interviews)
  17. The Caretaker ──ザ・ケアテイカーが新作、並びに故マーク・フィッシャーへ捧げられたアルバムの再発盤をリリース (news)
  18. Lee "Scratch" Perry ──リー・ペリーがニュー・アルバムをリリース (news)
  19. interview with IO KoolBoyの美学 (interviews)
  20. interview with Masato Matsumura これからの前衛音楽のために (interviews)

Home >  Reviews >  Album Reviews > Lapalux- Nostalchic

Lapalux

AmbientDowntempoSoul

Lapalux

Nostalchic

Brainfeeder/ビート

Amazon iTunes

北中正和   Apr 08,2013 UP
このエントリーをはてなブックマークに追加

 音や声の構成の多様性に耳を奪われる。
 国分純平のライナーノーツによれば、ラパラックス(スチュワート・ハワード)はカセット・テープとともに育ってきた。「いつだってカセットの音が好き」な人らしい。このアルバムもカセット・テープの早回し音のイントロではじまり、早回しではないがテープのアウトロで終わる。
 カセット・テープといえば、近年はダンス・ミュージックやヒップホップのミックス・テープの文脈で語られることが多い。しかしこのアルバムの音楽は「まずビートありき」ではない。
 制作テクノロジーをヒップホップ、ハウス、その他のダンス・ミュージックと共有しており、音楽的にそういう要素も使われていないわけではないが、ビート以上に音や(歌)声が思いがけないタイミングや色彩で入ってくるのがおもしろい。
 全体の見取図が先にあるのか、手作業を積み上げてこういう音楽になってくるのか、いずれにせよ凝った編曲は、クラブ/ダンス・カルチャー以前の音楽とのつながりを強く感じさせる。
 アルバム・タイトルはノスタルジー+シックの意味。意識して音楽と向き合いはじめたのが世紀の変わり目のころという今年25歳のアーティストのノスタルジーが、いくつもの時代にまたがっているところが、重層的な情報の中で生きざるをえない今の音楽らしさだろう。
 女性の歌声や男性のファルセットがフィーチャーされているが、いずれもさまざまな形に加工されている。カセット・ダビングをくりかえして劣化したような、深夜のラジオから遠い国の電波に乗って聞こえてくるような声や音が、人間関係が間接化されていくことへのおそれと同時に安堵をも感じさせる。
 せつないアルバムだ。

北中正和