ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. R.I.P. ディエゴ・マラドーナ (news)
  2. Autechre - PLUS (review)
  3. Underground Resistance ──アンダーグラウンド・レジスタンスが新たにCDをリリース (news)
  4. interview with Yoh Ohyama プログレからゲーム音楽へ (interviews)
  5. James Blake ──ジェイムス・ブレイクがなんとアンビエント・アルバムを準備中 (news)
  6. Columns スピリチュアル・ジャズの名門〈Black Jazz〉の魅力とは (columns)
  7. Cuushe - WAKEN (review)
  8. interview with Richard H. Kirk(Cabaret Voltaire) キャバレー・ヴォルテールの完全復活 (interviews)
  9. Jun Togawa ──戸川純さんからメッセージが届いてます。 (news)
  10. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  11. Virtual Dreams ──な、なんと! 90年代アンビエントのコンピレーションが〈Music From Memory〉からリリース (news)
  12. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  13. 渚にて - ニューオーシャン (review)
  14. Nas - King's Disease (review)
  15. Post-Pandemic Memories 第5回 ハラキリを選ばない生き方 (columns)
  16. Columns 日本語ラップ最前線 ──2019年の動向から占う日本のヒップホップの現在(前編) (columns)
  17. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  18. Autechre - Sign (review)
  19. Public Enemy - What You Gonna Do When The Grid Goes Down? (review)
  20. Sun Ra Arkestra - Swirling (review)

Home >  Interviews > interview with Wool & The Pants - 東京の底から

interview with Wool & The Pants

interview with Wool & The Pants

東京の底から

──德茂悠(ウール&ザ・パンツ)、インタヴュー

取材・文:野田努    写真:トヤマタクロウ   Jun 17,2020 UP

 東京の底から音楽が聴こえる。それは世界が静まりかえったときに、よりよく響く。「なぜ(why)」彼はその音楽を演り、「どう(how)」表現するのかにおいての「どう」の部分では、彼の音楽はじつに独創的である。独特の籠もった音響は、1970年代の古いダブのレコードのように粗く陶酔的で、そしてイメージの世界に向かわせる。もっともWool & The Pantが描くのは、人影もない午前2時の侘びしい通りであり、孤独であり、そこには友だちや恋人の姿さえみえない。それでも、Wool & The Pantsのファースト・アルバム『Wool In The Pool』には滑らかな光沢がある。街の灯りがひとつそしてまたひとつ消えていくようであり、遠くてまばたく光のようでもある。つまり、この日本において、Burialの時代に相応しい音楽とようやく会うことができたのである。

 「アルバムはPPUの人が選曲したんです」、長身の德茂悠は身体を斜めに折り曲げながら、曲で歌っているあの声で喋りはじめる。3人組のバンド、Wool & The Pantの首謀者が彼=德茂である。
 「大学くらいから宅録をはじめて、PPUの話が出たのが2017年くらい、それまで録っていたものを全部送って、PPUが選曲しました。入れたくない曲もあったし、もっと気に入っている曲や曲順も送ったんですけど、PPUがそれは嫌だと。でも、PPUが提案した流れを最終的に僕も気に入りました。あのアルバムはPPUの功績がでかいです」
 彼はまず、アメリカはワシントンのインディ・レーベル〈Peoples Potential Unlimited〉、通称PPUの功績について喋る。ファンキーで、ソウルフルなダンス・ミュージックの発掘で知られるこのレーベルから彼らはデビューした。これは面白い話である。オブスキュアな黒人音楽、ヴィンテージのブギーを探しているリスナーから一目置かれているPPUは、日本でもファンは少なくない。しかし彼らは日本のインディにはそれほど興味はないだろうし、日本のインディを聴いているリスナーでPPUを知っている人も多いとは思えない。そして、PPUは“サウンド”に拘っているレーベルである。
 「歌詞を送ってくれって言われたんで、友だちに英訳してもらって送ったんですけど、完成品に歌詞カードは付いてなかったですね(笑)。読んでないんじゃないかな」
 いや、そんなことはない、向こうの人は歌詞をすごく気にする。6月某日、コロナ第一波が収束したかに思えるなか、Pヴァインの会議室でソーシャル・ディスタンスを取りながら、ぼくたちは話した。

 德茂悠と会うのはこれが4回目で、ちゃんと話すのは3回目。1回目はレコード店で、2回目はお好み焼き屋だった。ぼくはひたすらビールを飲み、彼はノンアルコールだった。酒を飲まないのは体質的なことらしいが、ストイシズムが德茂の人生の通奏低音であることは、彼が高校時代ボクサーであったことからもうかがい知れるだろう。
 しかも、ただボクシングをやっていたのではなかった。全国大会に出場するような強豪校の選手だった。朝、昼、夕、夜と空いている時間はすべてボクシングに費やしていたと言うが、同時にヒップホップが好きで、ヒップホップをかけながら練習に打ち込む高校生でもあった。
 「ヒップホップがめちゃくちゃ好きでしたね」と、もとボクサーは回想する。「ボクシング部はみんなヒップホップが好きで。僕はそこでけっこう躍起になって、俺がいちばん面白いの知ってるぞ、みたいな。ヒップホップめちゃくちゃ掘ってて、それをかけながら練習できたんですよ」
 「リズムが重要だった」と德茂は語気を強める。「ボクシングはBPMが大事だから」、そんな彼が高校時代とくに好きだったのはECDの『ホームシック』だった。もちろん、ゼロ年代の世代である彼は、リリースされてから何年も経ってから聴いている。それでもこれが彼の音楽の原点において重要な一作となった。

 音楽にのめり込むきっかけは、病気で入院したことだった。ボクシングの特待生として大学入学予定だった高校3年生のときの出来事で、半年のブランクは彼の人生に進路変更を強いたが、その半年を德茂は無駄にはしなかった。音楽ばかりを聴いて過ごし、彼はますます音楽にのめり込んでいく。
 「大学で上京して、いろんなレコード屋にも行けるようになったんで、ヒップホップ以外の音楽も聴くようになりましたね。で、そのうち音楽をやってみたいっていう気持ちになったんです。でもいっさい何も楽器を使っことはなかったんで、まずはネットでECDが使っていた機材を調べました」

大げさなものは嫌いなんですよ。過剰にドラマチックに演出するのも嫌いだし、過剰に壊滅的に絶望的な歌とかも苦手で。自分の生活に近い淡々とした感じというか。

最初はECDを手本にしてたんだね?

德茂:その頃『失点 in the Park』のCDが再発されて初めて聴いたんですが、当時の自分は曲を作ったことも無いし何もわかってなかったんで、サンプルがループしているだけみたいな、とにかく簡単なものに思えたんですよ(笑)。これなら俺もできるかも? みたいに思ってしまって。それで、あるときECDの部屋の写真を見て、そこにあった機材を買おうと。それがいまも使っているやつです。ローランドの機材なんですけど、高くて買えないので、安いジャンク品を買いました。姉の彼氏にヤフオクで落としてもらって(笑)。あとでお金払うからって。

なんで自分で落とさなかったの(笑)?

德茂:ヤフオクのアカウントもなかったし、クレジットカードも持ってなかったんで。

ローランドのなに?

德茂:MC-909。全部入っているやつですね。いまでも使っているのはそれです。ジャンクなので、できないことがいっぱいあるんですよ。

ジャンクでも一応は使えるんだ?

德茂:一応使えます。ただメモリーが壊れていて保存ができないんですよ。なので電源切ったら終わりっていう刹那的な仕組みで。

じゃあ別の何かに残しておかないと(笑)。

德茂:(iPhoneの)ボイスメモで録音しているだけなんですよ。作ったものをボイスメモで録音して、それで終わりですね。

それをずっと続けてるの(笑)?

德茂:最初からそれをずっと続けてて、いまもそのスタイルです。

だからパラ音源が残っていないんだ。

德茂:iPhoneのボイスメモのスペックがあがっていくにつれてどんどん音がよくなるっていう。

はははは。

德茂:いまだに0っすね。音楽的な話になったら困るというか、「ギターなに使ってる?」みたいな話できないです。


取材・文:野田努(2020年6月17日)

123

RELATED

Wool & The Pants- Wool In The Pool Peoples Potential Unlimited ‎

Reviews

INTERVIEWS