ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Flying Lotus ──フライング・ロータスがニュー・アルバムをリリース (news)
  2. Columns UKの若きラッパー、ロイル・カーナーが示す「第四の道」 (columns)
  3. The Comet Is Coming - Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery (review)
  4. 魂のゆくえ - (review)
  5. Loski - Mad Move (review)
  6. Amgala Temple ──ジャガ・ジャジストから派生したグループ、アムガラ・テンプルが来日 (news)
  7. Nivhek - After Its Own Death/Walking In A Spiral Towards The House (review)
  8. dialogue: Shinichiro Watanabe × Mocky TVアニメ『キャロル&チューズデイ』放送開始記念 (interviews)
  9. Rupert Clervaux ──ロンドンの気鋭のレーベル〈Whities〉が初のフルレングスをリリース (news)
  10. interview with Bibio レトロとノスタルジーの違いについて (interviews)
  11. LAのアート・パンク・バンド、ノー・エイジのヴィジュアルで知られるグラフィック・アーティスト、ブライアン・ローティンジャーの個展開催中 (news)
  12. マキタスポーツ - 2019年3月27日@草月ホール (review)
  13. 主戦場 - (review)
  14. Carpainter - Declare Vicrory / Native Rapper - TRIP (review)
  15. Sons Of Kemet - Your Queen Is A Reptile (review)
  16. interview with Matthew Herbert 音楽からのブレグジットへの回答 (interviews)
  17. interview with Akira Kobuchi Quiet Wave : 史上もっとも静かな革命 (interviews)
  18. CROOKED TAPES presents NEGATIVE INIFINITY ──このさい墜ちるところまで墜ちてみようぜ (news)
  19. Steve Reich - Drumming (review)
  20. Random Access N.Y. vol.114 : インディ・シーンはゲームへと向かう? Good bye Secret Project Robot and Hello Wonderville (columns)

Home >  News > Gonno & Masumura - ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す

Gonno & Masumura

Gonno & Masumura

──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す

Apr 19,2018 UP

 ブライアン・イーノによれば「地球上でもっとも偉大なミュージシャン」とはトニー・アレンだそうだ。実際、いま別冊エレキングで「UKジャズ特集号」を作っているのですが、トニー・アレンの影響の大きさにあらためて驚く。手と足で叩いているのではなく、ドラムセット全体を使ってリズムを創出する様は、腕以外の身体のあらゆる部位を使ってボールを蹴るブラジル人フットボーラーや、ターンテーブルを楽器にしてしまうターンテーブリストの発想を思わせる。ただただ踊らせるために、しかしだからこそ多彩なドラムフレーズを駆使する。
 さて、ここでゴンノ&マスムラの登場だ。インターナショナルに活動するDJ/プロデューサーのGONNO。そしてex森は生きているのドラマー、増村和彦。このふたりによるプロジェクト、Gonno & Masumuraのアルバム『イン・サークルズ』が4月25日にいよいよリリースされる。
 ディター・メビウスとコニー・プランクとマニ・ノイメイヤーの『ゼロ・セット』を忘れよう。フォー・テットとスティーヴ・リードの一連のコラボレーションも忘れよう。モーリッツ・フォン・オズワルドとトニー・アレンの共作も忘れていいでしょう。
 『イン・サークルズ』は、そうした先駆的作品と確実にリンクしているが、まったく似てないとも言える。日本のテクノ・シーンを牽引するプロデューサーによるエレクトロニクスと、そして本作においてトニー・アレンからの影響(フレージング)を出し切ろうとしたドラマーとのまったく素晴らしい邂逅。その純粋な音楽的化学変化は、このふたりだからこそ為しえたものであり、ジャケットが表すように、それは宇宙を目指すのだ。
 そもそも日本のDJカルチャーがこのような形で日本のインディ・ロックと融合するのは、90年代以来のことではないだろうか。松浦俊夫さんは早々と彼らの曲をラジオでオンエアーしたそうだが、いよいよ日本からもこうした雑種に対するオープンマインドな動きが出てきた。いっしょに飛んでくれ!


ゴンノ&マスムラ
イン・サークルズ

Pヴァイン
Amazon

TWEET

KjazzWwwGonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/zrdw1ySr3F @___ele_king___より@KjazzWww 04.20 10:21

gonno_desuGonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/96biiXmPwl @___ele_king___より@gonno_desu 04.20 10:36

nakanikiiRT @gonno_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/96biiXmPwl @___ele_king___より@nakanikii 04.20 11:03

tanakadiscoRT @gonno_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/96biiXmPwl @___ele_king___より@tanakadisco 04.20 11:48

okair1RT @gonno_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/96biiXmPwl @___ele_king___より@okair1 04.20 12:08

breadbluesRT @gonno_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/96biiXmPwl @___ele_king___より@breadblues 04.20 14:23

KjazzWwwRT @gonno_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/96biiXmPwl @___ele_king___より@KjazzWww 04.20 23:38

shiromayu良記事再録 松浦俊夫さんのことについてもふれています【Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す】 | ele-king https://t.co/HLQq4C8B4Q @___ele_king___さんから@shiromayu 05.7 21:15

heppokorinRT @shiromayu: 良記事再録 松浦俊夫さんのことについてもふれています【Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す】 | ele-king https://t.co/HLQq4C8B4Q @___ele_king___@heppokorin 05.7 22:50

Uchida_desuGonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/Njs4T54Gm1 @___ele_king___より@Uchida_desu 10.29 18:28

Longnan_RT @Uchida_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/Njs4T54Gm1 @___ele_king___より@Longnan_ 10.29 20:05

yassweeRT @Uchida_desu: Gonno & Masumura ──ゴンノ&マスムラ、テクノとアフロビートで宇宙を目指す | ele-king https://t.co/Njs4T54Gm1 @___ele_king___より@yasswee 11.16 16:10

NEWS