ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. tofubeats - 水星 (review)
  2. R.I.P. Phil Spector 追悼 フィル・スペクター (news)
  3. DJ Hell ──ドイツのヴェテラン、DJヘルが新作をリリース、テーマに注目です (news)
  4. Smerz ──北欧新世代電子デュオ、スメーツが初のアルバムをリリース (news)
  5. Arca × Oliver Coates ──アルカが新曲でオリヴァー・コーツとコラボ (news)
  6. interview with Bicep UKダンス・ミュージックの新たな大器、ここに登場 (interviews)
  7. Jamael Dean ──LAの新星ピアニスト、ジャメル・ディーンによる美しきソロ・ピアノ作 (news)
  8. 環ROY - Anyways (review)
  9. Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 (news)
  10. interview with ZORN 労働者階級のアンチ・ヒーロー (interviews)
  11. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  12. アルバート・アイラー没後50年、その魅力を紐解く1冊 (news)
  13. まさかのTR-808をモチーフにした画期的児童書 (news)
  14. SAULT - Untitled (Black Is) / SAULT - Untitled (Rise) (review)
  15. Jesu - Terminus (review)
  16. interview with Sleaford Mods アップデートする、21世紀のモッズ (interviews)
  17. R.I.P. 南正人 (news)
  18. Thundercat & Squarepusher ──来日公演、再延期のお知らせ (news)
  19. R.I.P. MF DOOM 追悼 MFドゥーム (news)
  20. Jahari Massamba Unit - Pardon My French (review)

Home >  Reviews >  Album Reviews > JAWS- Keys To The Universe

JAWS

Body musicExperimentalIndustrialPoetry reading

JAWS

Keys To The Universe

Hundebiss

Tower HMV Amazon

倉本諒   Nov 26,2014 UP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロバートってのがいてなんだか危ないらしい。というような、ものすごいざっくりとした感じではあるが、昨年末から今年にかけた出会ったナイスな人たち、たとえばブルース・コントロールのふたりやドラキュラ・ルイス(Dracula Lewis)のシモーネ・トラブッチがそう漏らしていて、どう危ないのよ、と訊ねたところブルース・コントロールのギタリストであるラスがこれをみせてくれた。

 なるほど。こりゃ危ない。

 これは、「エクスペリメンタル・ハーフ・アワー(Experimental ½ Hour)」という、音楽家に限らないあらゆるパフォーマンス・アートをブロードキャストで配信する移動スタジオ式TVプログラムである。2010年にポートランドからはじまり、現在はLAにその拠点を置く本プログラムには、過去にも素晴らしいキャストが出演しているので時間がある人にはぜひチェックしていただきたい。
 話を戻すと、これは噂のジョーズ(JAWS)ことロバート・ジラルディンとドラキュラ・ルイスのシモーネのセッションであり、このふたりの親交は深く、過去にジャームスのクソカヴァー・ユニット、セックス・ボーイズ(Sex Boyz)としてベルギーのアート・スカム・レーベル、〈ウルトラ・エクゼマ〉から出していた7インチの印象を裏切らない見事な妙技をみせつけてくれている。

 くだんのシモーネが主宰する〈ハンデビス・レコーズ〉より2011年の『ストレス・テスト(Stress Test)』以来のアルバムである『キーズ・トゥ・ザ・ユニヴァース(Keys To The Universe)』がリリースされた。仲よすぎですが彼らはゲイではありません。ロバートは神出鬼没の人物のようであり、LAを拠点に活動しているとのことだが、僕は彼をLAで見かけたことはなく、シモーネとミラノにいたり、NYでエクセプター(Excepter)の連中に混ざっていたりとフラフラしながらも精力的なパフォーマンス/音楽活動をおこなっているようだ。
 過去の〈ハンデビス〉のリリース同様、ジョーズもパフォーマンスを重要とするアーティストではあるので、ライヴ未見の僕が早急に判断できる代物ではないのかもしれないが、上記の動画や彼が制作した過去の怪しい自画撮りPVでその狂気と油ギッシュな世界観を垣間みることができる。しかし、モトクロス系のクラッシュをコンパイルしたアルバムからのトラックのヴィデオは単純に美しく、カタルシスに満ちている。

 スターゲイト、プリミティヴ・アート、スカル・カタログことソーン・レザーとともにハンデビス・ギャングを構成するにふさわしい超マイウェイな感覚を捉えた世界観とコンセプチュアルな表現様式の可能性は完全に未知数! 危ないですな。

倉本諒