ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. interview with John Cale 新作、図書館、ヴェルヴェッツ、そしてポップとアヴァンギャルドの現在 | ジョン・ケイル、インタヴュー
  2. FUMIYA TANAKA & TAKKYU ISHINO ——リキッド20周年で、田中フミヤと石野卓球による「HISTORY OF TECHNO」決定
  3. Iglooghost ──“Z世代のAFX/スクエアプッシャー”、イグルーゴーストが新作を携えて来日
  4. A. G. Cook - Britpop | A. G. クック
  5. 『蛇の道』 -
  6. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  7. Iglooghost - Tidal Memory Exo | イグルーゴースト
  8. Beth Gibbons - Lives Outgrown | ベス・ギボンズ
  9. James Hoff - Shadows Lifted from Invisible Hands | ジェイムス・ホフ
  10. SOUL FIRE meets Chica/Undefined meets こだま和文 ──現在進行形のダブを味わえる濃厚なる一夜
  11. Brian Eno, Holger Czukay & J. Peter Schwalm - Sushi, Roti, Reibekuchen | イーノ、シューカイ&シュヴァルム
  12. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  13. しばてつ・山田光・荒井康太トリオ ──生々しいフリー・ジャズが響きわたるライヴ録音盤
  14. interview with John Cale 「このレコードにどれだけ怒りを込めることができたか。ただ、人に気づかれないようにね」 | ジョン・ケイル、インタヴュー
  15. ドライブアウェイ・ドールズ -
  16. Iglooghost ──「Z世代のAFX/スクエアプッシャー」、イグルーゴーストが新作を携えて来日
  17. interview with Tourist (William Phillips) 音楽はぼくにとって現実逃避の手段 | ツーリストが奏でる夢のようなポップ・エレクトロニカ
  18. Adrian Sherwood presents Dub Sessions 2024 いつまでも見れると思うな、御大ホレス・アンディと偉大なるクリエイション・レベル、エイドリアン・シャーウッドが集結するダブの最強ナイト
  19. R.I.P. Steve Albini 追悼:スティーヴ・アルビニ
  20. Kavain Wayne Space & XT - YESYESPEAKERSYES | RPブー

Home >  DJ Chart >  satol > SATOL(MADBERLIN / STRUCT)

SATOL(MADBERLIN / STRUCT)

Sep 30,2014 UP

SATOL(MADBERLIN / STRUCT)

 あのO.N.O[THA BLUE HERB/STRUCT]が新たに設立した最新鋭レーベル〈STRUCT〉に逸速く主力メンバーとして加入したドイツ、ベルリンからの逆輸入、雑食型ハイブリッド・サウンド・スナイパー。ベルリンをはじめスペインのマッドリッドからゆくはイビザまで拠点にするレーベル〈MADBERLIN〉の正式メンバーでもある彼は現時点で5枚ものCDをリリースしその中の1枚は〈P-VINE〉から全国にリリースされている(2014年4月にはO.N.Oとの合曲“LIBIDO”struct-001がバイナルでリリースされ、5月には自身のミニアルバム『Enhance Cell Survival』が全国リリースとなった)。
 ジャンルのタームを毛嫌いする彼のサウンドは新しいムーヴメント、"Future Garage"だけにすでにとどまらず、二重、三重とかさなり合うビートの上にありとあらゆるミュージックからブリコラージュされた断片やメロディーをさらに摘出しオートマティスムに重さねてゆく。そして重なりあったその音の構造体は異境のハードミニマル化を遂げ自由構造に集まりだした音たちが聞くものにネクスト・レベルの快楽性を付加させる。
 雨に濡れる路上、宴が聞こえる深夜の一人、そしてさまざまな白黒の過去の囁きからいまのその映像と光景でさえも祝福する叙情的なメロディライン。
 それはまるで無惨にモデリングされ消費してゆく惨めな姿に成り果てたクラブ・ミュージック・シーンのレクイエムにも聞こえる。
 現在はO.N.Oと何十都市もの共演ツアーを敢行し『Enhance Cell Survival』リリースツアーを浸食中。

SATOL : http://colddarkcreators.tumblr.com/
STRUCT 公式HP : http://struct-sound.jp
MADBERLIN 公式HP : http://madberlin.com

be dead gone


1
SATOL - Hi Sasebo,I'll show you what I mean

2
O.N.O - Signa

3
THRIVE - In Confusion

4
Yano Keita - Dear Pina

5
Arca & Jesse Kanda - TRAUMA Scene 1

6
Burial - Ghost Hardware

7
Oscar Mcclure - Grass Cuttings

8
Ioan Gamboa - Atlas

9
Takaaki Itoh - Plus 1

10
Shai Hulud - Set Your Body Ablaze