ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. レコード蒐集家訪問記 第⼀回 ピンク・フロイド『夜明けの⼝笛吹き』を60枚以上持つ漢
  2. Kali Malone - All Life Long
  3. interview with Tei Tei & Arow 松島、パーティしようぜ
  4. MORE DEEP DIGGING “そこにレコードがあるから”
  5. interview with Kode9 〈ハイパーダブ〉20周年 | 主宰者コード9が語る、レーベルのこれまでとこれから
  6. Columns 2月のジャズ Jazz in February 2024
  7. Helado Negro - PHASOR | エラード・ネグロ
  8. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  9. 〈Stones Throw〉×〈カクバリズム〉×〈BAYON PRODUCTION〉×〈medium〉 ──強力なパートナーシップによる、細野晴臣『HOSONO HOUSE』のカヴァー・アルバム
  10. R.I.P. Damo Suzuki 追悼:ダモ鈴木
  11. レア盤落札・情報
  12. Cowboy Sadness - Selected Jambient Works Vol. 1 | カウボーイ・サッドネス
  13. Columns ♯3:ピッチフォーク買収騒ぎについて
  14. Chip Wickham ──UKジャズ・シーンを支えるひとり、チップ・ウィッカムの日本独自企画盤が登場
  15. YOTO - Levure | ヨト
  16. VMO a.k.a Violent Magic Orchestra ──ブラック・メタル、ガバ、ノイズが融合する8年ぶりのアルバム、リリース・ライヴも決定
  17. KOD Vol.1 TRACKLIST
  18. Columns 誰がために音楽は鳴る
  19. ソルトバーン -
  20. 時代を進めたメイン・ソースのサンプリング・ワーク

Home >  News > TOKYO DUB ATTACK 2023 - ——東京ダブの祭典で年を越そう

TOKYO DUB ATTACK 2023

TOKYO DUB ATTACK 2023

——東京ダブの祭典で年を越そう

Dec 05,2023 UP

 戦争の年の年越しに、これほどジャストなパーティはない。サウンドシステムにこだわりつづけるBim One Production が、久しぶりに低音を鳴らします。ATTACKしていいのは、ここだけだ!

TOKYO DUB ATTACK 2023
TWO SOUNDS - ONE ARENA

2023/12/30 (土)
Open 24:00-5:00

-Line ups-
SCORCHER Hi Fi with Sound System
(STICKO & COJIE)

Bim One Production
feat. MC JA-GE
and Horns session with Hayami & Add (ORESKABAND)
East Audio Sound System

-VENUE-
duo MUSIC EXCHANGE

-CHARGE-
前売 4,000yen / 当日 4,500yen ※ 全てD代別

チケット一般発売 >>
Tokyo Dub Attack Ticket (ZAIKO) ーーー https://tokyodubattack.zaiko.io/e/TDA2023
e + ーーー https://eplus.jp/tokyo-dub-attack2023

-NOTES-
※ 再入場可能
※ 未成年者の入場不可・要顔写真付きID
※ 営利目的の転売禁止
※ 撮影機器、録音・録画機器のお持込みは御遠慮下さい。
INFO : info@dubattack.tokyo


THIS IS DUB!

 すべてのミュージック・ラヴァーズに注ぐ年末恒例の国内サウンドシステム・ダンス大一番、「TOKYO DUB ATTACK」がついに帰還!同じフロアのなかに2つのサウンドシステムを入れて交互に鳴らしあうゴマカシ効かないガチンコ・セッションが、東京渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて開催を迎える。
 レゲエ(Reggae)において、もっともタフでハードコアな要素にサウンドシステムがある。DIYに設計された独自のスピーカーの山、規格外の低音、1ターンテーブルに置かれる破壊力抜群のダブプレート、シャワーのように降り注ぐダブワイズ……あくまでもオリジナルな音を追求し、その場でしか生まれ得ない究極のサウンド体験。それがサウンドシステムにおける“Dub”である。
 今年10周年を迎えたダンスSteppars’ delightでおなじみScorcher Hi Fi (SHAKA D a.k.a. STICKO & COJIE of Mighty Crown)と、同じく東京ダブアタック・レジデントであるBim One Production + eastaudio SOUNDSYSTEMに加え、MCにJA-GE、そしてホーンセクションにORESKABANDからHAYAMIとADDが駆けつけ一同に介する。
 ピュアでタフ、そしてハートフルなスピーカーの鳴らし合い、日本におけるサウンドシステム・カルチャーの祭典。一度味わうと忘れられない超低音波動による強烈な“体感“と”体験“を約束しよう。

NEWS