MOST READ

  1. Alan Vega - IT (review)
  2. interview with Subarashika この素晴らしか世界 (interviews)
  3. 電気グルーヴ - TROPICAL LOVE (review)
  4. ドメニコ・ランセロッチ/Domenico Lancelotti - オルガンス山脈 (review)
  5. Okada Takuro ──岡田拓郎が思考を重ねに重ね、その果てに完成させたソロ作品とは? (news)
  6. Loke Rahbek - City Of Women (review)
  7. Adam Rudolph's Moving Pictures - Glare Of The Tiger (review)
  8. interview with Songhoy Blues マリの夜街を照らすブルース (interviews)
  9. Father John Misty - Pure Comedy (review)
  10. デイヴィッド・トゥープ(little fish訳) - フラッター・エコー 音の中に生きる (review)
  11. Aphex Twin ──エイフェックス・ツインが新曲“korg funk 5”を公開 (news)
  12. Washed Out - Mister Mellow (review)
  13. interview with Shingo Nishinari 大阪西成人情Rap (interviews)
  14. yahyel - ──この一風変わった名前のバンドをきみはもう知っているか? ヤイエルが500枚限定の初CD作品をリリース (news)
  15. 京都レコード・シーンのいまを「垣間見る」2日間 - ──《京都レコード祭り 第4回》開催! (news)
  16. Cigarettes After Sex - Cigarettes After Sex (review)
  17. Random Access N.Y. vol.93:ブルックリンのインディ・ロックは死なず Pill, Bambara, Weeping icon, Hubble @Alphaville 7/15/2017 (columns)
  18. R.I.P.生悦住英夫 (news)
  19. KANDYTOWN - ──キャンディタウンがついにメジャー・デビュー (news)
  20. 〈The Trilogy Tapes〉 ──C.Eショップだけで買えるTTTのTシャツ (news)

Home >  Columns > R.I.P. DJ Rashad

Columns

R.I.P. DJ Rashad

R.I.P. DJ Rashad

Apr 28,2014 UP

 シカゴのジューク/フットワーク──更新されるゲットー・ハウス──のプロデューサー、Rashad Harden=DJラシャドが去る4月26日、シカゴのウエストサイドにて死体で発見されたという。

 DJラシャドは、シーンの勢いを象徴するようなひとりだった。彼は、2013年の春、まったく素晴らしい12インチ2枚組の「Rollin」を発表、秋にはジュークとベース・ミュージックとヒップホップとを結びつけるような野心作『Double Cup』もリリースしている。今年に入ってからは初来日もしているし、ちょうど彼の新しいシングル「We On 1」のリリースも控えていたところだった。
 あまりにも早すぎる死に、どうにも感情がついていかないが、ジューク/フットワークという、もっともフレッシュで、もっともエネルギッシュなダンス・シーンにおいて、DJラシャドの作る鮮烈な作品は、ひとつのシーンを越えて、より広く愛されていた。これからが期待されていた人なだけに本当に残念でならない。多くの人が彼をリスペクトしているし、彼の音楽をもっと聴きたかっただろう。(野田努)
 


COLUMNS