ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. 環ROY - Anyways (review)
  2. Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスの再発始動 (news)
  3. まさかのTR-808をモチーフにした画期的児童書 (news)
  4. interview with Bicep UKダンス・ミュージックの新たな大器、ここに登場 (interviews)
  5. R.I.P. Sylvain Sylvain 追悼 シルヴェイン・シルヴェイン (news)
  6. Outro Tempo II ──ブラジルの埋もれた電子音楽などにフォーカスしたコンピ、続編がCD化 (news)
  7. Jesu - Terminus (review)
  8. コロナ時代だからこそ読みたい刺激的な本 (news)
  9. R.I.P. 南正人 (news)
  10. Jahari Massamba Unit - Pardon My French (review)
  11. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  12. interview with Sleaford Mods アップデートする、21世紀のモッズ (interviews)
  13. New Age Steppers ──ニュー・エイジ・ステッパーズの歴史を凝縮したボックスセットが発売、注目の未発表レア音源集も (news)
  14. SOPHIE × Autechre ──オウテカがソフィーをリミックス、その長い長い物語 (news)
  15. interview with Meitei 海外で評判の新進電子音楽家、日本文化を語る (interviews)
  16. SAULT - Untitled (Black Is) / SAULT - Untitled (Rise) (review)
  17. R.I.P. MF DOOM 追悼 MFドゥーム (news)
  18. アルバート・アイラー没後50年、その魅力を紐解く1冊 (news)
  19. Stereolab ──再始動中のステレオラブが23年ぶりにシングル集をリリース (news)
  20. Telex ──テクノ史における「隠された財宝」=テレックスのベスト盤 (news)

Home >  Columns > R.I.P. DJ Rashad

Columns

R.I.P. DJ Rashad

R.I.P. DJ Rashad

Apr 28,2014 UP

 シカゴのジューク/フットワーク──更新されるゲットー・ハウス──のプロデューサー、Rashad Harden=DJラシャドが去る4月26日、シカゴのウエストサイドにて死体で発見されたという。

 DJラシャドは、シーンの勢いを象徴するようなひとりだった。彼は、2013年の春、まったく素晴らしい12インチ2枚組の「Rollin」を発表、秋にはジュークとベース・ミュージックとヒップホップとを結びつけるような野心作『Double Cup』もリリースしている。今年に入ってからは初来日もしているし、ちょうど彼の新しいシングル「We On 1」のリリースも控えていたところだった。
 あまりにも早すぎる死に、どうにも感情がついていかないが、ジューク/フットワークという、もっともフレッシュで、もっともエネルギッシュなダンス・シーンにおいて、DJラシャドの作る鮮烈な作品は、ひとつのシーンを越えて、より広く愛されていた。これからが期待されていた人なだけに本当に残念でならない。多くの人が彼をリスペクトしているし、彼の音楽をもっと聴きたかっただろう。(野田努)
 


COLUMNS