ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. YPY - Compact Disc (review)
  2. Oneohtrix Point Never ──OPNがニュー・アルバムをリリース (news)
  3. Boris ──Borisの初期作品2作がジャック・ホワイトのレーベルよりリイシュー (news)
  4. Global Communication - Transmissions (review)
  5. interview with Phew いまは本当に、日常を繰り返すこと。それを自分に決めています (interviews)
  6. interview with A Certain Ratio/Jez Kerr マンチェスター、ポストパンク・ファンクの伝説 (interviews)
  7. interview with Saito テクノ夫婦 (interviews)
  8. ralph ──気鋭の若手ラッパーがファーストEPをリリース、プロデュースは Double Clapperz (news)
  9. Boris ──初期作品2作がジャック・ホワイトのレーベルよりリイシュー (news)
  10. Brian Eno ──ブライアン・イーノ、初のサントラ・コレクションがリリース (news)
  11. Boldy James / Sterling Toles - Manger on McNichols (review)
  12. S.L.A.C.K. - 我時想う愛 (review)
  13. Columns いまだ眩い最高の夜 ──ニュー・オーダーのライヴ盤『NOMC15』を聴きながら (columns)
  14. interview with BORIS 往復するノイズ (interviews)
  15. Sufjan Stevens ──「TVゲームなんてやりたくない」というスフィアンの新曲 (news)
  16. A Certain Ratio ──ア・サートゥン・レシオが12年ぶりに新作 (news)
  17. Derrick May ──デリック・メイからのメッセージ (news)
  18. Sam Prekop - Comma (review)
  19. interview with Trickfinger (John Frusciante) ジョン・フルシアンテ、テクノを語りまくる (interviews)
  20. Blu & Exile - Miles: From an Interlude Called Life (review)

Home >  Columns > R.I.P. DJ Rashad

Columns

R.I.P. DJ Rashad

R.I.P. DJ Rashad

Apr 28,2014 UP

 シカゴのジューク/フットワーク──更新されるゲットー・ハウス──のプロデューサー、Rashad Harden=DJラシャドが去る4月26日、シカゴのウエストサイドにて死体で発見されたという。

 DJラシャドは、シーンの勢いを象徴するようなひとりだった。彼は、2013年の春、まったく素晴らしい12インチ2枚組の「Rollin」を発表、秋にはジュークとベース・ミュージックとヒップホップとを結びつけるような野心作『Double Cup』もリリースしている。今年に入ってからは初来日もしているし、ちょうど彼の新しいシングル「We On 1」のリリースも控えていたところだった。
 あまりにも早すぎる死に、どうにも感情がついていかないが、ジューク/フットワークという、もっともフレッシュで、もっともエネルギッシュなダンス・シーンにおいて、DJラシャドの作る鮮烈な作品は、ひとつのシーンを越えて、より広く愛されていた。これからが期待されていた人なだけに本当に残念でならない。多くの人が彼をリスペクトしているし、彼の音楽をもっと聴きたかっただろう。(野田努)
 


COLUMNS