ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Dave - Psychodrama (review)
  2. Brandee Younger - Soul Awakening (review)
  3. R.I.P. Philippe Zdar (news)
  4. interview with Black Midi 自分自身を解体するアート (interviews)
  5. interview with Joe Armon-Jones ジョー・アーモン・ジョーンズ来日特別インタヴュー (interviews)
  6. Scan 7 ──デトロイトのスキャン7が20年ぶりにアルバムをリリース (news)
  7. Caterina Barbieri - Ecstatic Computation (review)
  8. Rest In Peace Philippe Zdar ──フレンチ・タッチの重要人物、フィリップ・ズダールが死亡 (news)
  9. Floating Points ──フローティング・ポインツ、待望の新曲をレヴューします (news)
  10. WXAXRXP ──今年で30周年を迎える〈Warp〉がオンライン音楽フェスを開催、NTS Radio にて100時間以上にわたる特別番組を放送 (news)
  11. Mikako Brady ──ブレイディみかこの新刊は、よりラディカルに新境地を切り拓く (news)
  12. !!! (Chk Chk Chk) ──チック・チック・チックがニュー・アルバムをリリース (news)
  13. Dave - Game Over (review)
  14. こんにちでもなお ガイガーカウンターを手にすれば「ラジウム・ガールズ」たちの音を 聞くことができる - ──映画『ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~』、アルバム『Radium Girls 2011』 (review)
  15. 16FLIP × Georgia Anne Muldrow ──ISSUGI が 16FLIP 名義でシングルをリリース、ジョージア・アン・マルドロウが客演 (news)
  16. The Caretaker - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 (review)
  17. Flatlines ──〈ハイパーダブ〉がサブレーベルを始動、なんとマーク・フィッシャーをリリース (news)
  18. Flying Lotus ──衝撃を与えた映画『KUSO』がまさかの再上映決定 (news)
  19. Helm - Chemical Flowers (review)
  20. The Comet Is Coming ──UKジャズのキイパーソン、シャバカ・ハッチングスのザ・コメット・イズ・カミングが新作をリリース (news)

Home >  News > Drexciya - ──ドレクシアのドキュメンタリー映像が公開

Drexciya

Drexciya

──ドレクシアのドキュメンタリー映像が公開

Oct 19,2018 UP

 再評価がとまらない。なぜドレクシアはかくも海の向こうで称賛され続け、幾度も蘇生を繰り返すのだろう? 昨年から故ジェイムス・スティンソンのリイシューや未発表音源の発掘が相次ぎ(ジ・アザー・ピープル・プレイスジャック・ピープルズなど)、ジェラルド・ドナルドも活発にリリースを重ねている(ドップラーエフェクトXORゲイトなど)。あるいは、スティーヴン・ジュリアンやアフロドイチェらの新譜には如実にドレクシアからの影響が表れ出ている。
 そのような流れを踏まえてのことだろう、去る10月16日、ロンドンの音楽メディア Resident Advisor がドレクシアにかんするヴィデオ・エッセイを公開した。
 これがまた非常に良く練られたドキュメンタリーで、ドナルドをはじめ、DJスティングレイジェフ・ミルズらが音声で登場、それどころかスティンソン本人の肉声まで登場するから驚きだ(出典は、彼が他界する直前の2001年12月2002年5月に収録されたインタヴュー)。
 90年代の最重要盤といっても過言ではない『The Quest』、そのブックレットに記された決定的な神話、サン・ラーやリー・ペリー、ジョージ・クリントンなどのアフロフューチャリズム、YMOやクラフトワークの電子音楽、イジプシャン・ラヴァーのエレクトロなどについても説明されており、コドゥウォ・エシュンにも触れるなど最後までぬかりはない。船から女性が投げ捨てられるシーン、あるいは海中遊泳や惑星の映像など、視覚面でもとても丁寧に作り込まれている。素晴らしいドキュメンタリーです。

※ドレクシアについては紙エレ22号のアフロフューチャリズム特集でもとり上げていますので、ぜひそちらもご参照ください。

NEWS