ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Theo Parrish ──セオ・パリッシュがLIQUIDROOM 20周年パーティに登場
  2. interview with Hiatus Kaiyote (Simon Marvin & Perrin Moss) ネオ・ソウル・バンド、ハイエイタス・カイヨーテの新たな一面
  3. John Cale - POPtical Illusion | ジョン・ケイル
  4. Aphex Twin ──30周年を迎えた『Selected Ambient Works Volume II』の新装版が登場
  5. interview with John Cale 新作、図書館、ヴェルヴェッツ、そしてポップとアヴァンギャルドの現在 | ジョン・ケイル、インタヴュー
  6. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  7. Natalie Beridze - Of Which One Knows | ナタリー・ベリツェ
  8. Theo Parrish - @GARDEN新木場FACTORY
  9. Iglooghost ──“Z世代のAFX/スクエアプッシャー”、イグルーゴーストが新作を携えて来日
  10. Amen Dunes - Death Jokes | エーメン・デューンズ
  11. Jeff Mills ──早くも送り出されたジェフ・ミルズのニュー・アルバムはメンタル・ヘルスを守ることがテーマ
  12. 『蛇の道』 -
  13. FUMIYA TANAKA & TAKKYU ISHINO ——リキッド20周年で、田中フミヤと石野卓球による「HISTORY OF TECHNO」決定
  14. Mary Halvorson - Amaryllis & Belladonna
  15. 『オールド・フォックス 11歳の選択』 -
  16. Adrian Sherwood presents Dub Sessions 2024 いつまでも見れると思うな、御大ホレス・アンディと偉大なるクリエイション・レベル、エイドリアン・シャーウッドが集結するダブの最強ナイト
  17. Columns 5月のジャズ Jazz in May 2024
  18. Cornelius ──コーネリアスがアンビエント・アルバムをリリース、活動30周年記念ライヴも
  19. A. G. Cook - Britpop | A. G. クック
  20. R.I.P. Steve Albini 追悼:スティーヴ・アルビニ

Home >  News > “ボクの90年代” - ――『久保憲司写真集 loaded』12/14(土)ついにon sale!!

“ボクの90年代”

“ボクの90年代”

――『久保憲司写真集 loaded』12/14(土)ついにon sale!!

Tower HMV Amazon

Dec 13,2013 UP

 日本を代表するロック・フォトグラファー、ご存知「クボケン」こと久保憲司氏の写真集が今週末ついにリリースとなる。初めて渡英してからの約20年分――80年代をスタートとし、90年代をメインに据えて、久保氏がフィルムに収めた膨大な記録からセレクト/収録。カジュアルながらもかなり厚みのある仕上がりになった。

 「このすべての現場に立ち会った男に猛烈に嫉妬する」

というのは、ぼくらのライヴァル、田中宗一郎さんから本書の帯にいただいたメッセージだ。過不足なく、この写真集がどういうものであるかを伝えてくれる。久保憲司は、とにかく“現場に立ち会った”男である。240ページ超にわたって収められたその点数、そして、ポストパンクからマッドチェスター、ブリット・ポップにアシッドハウス、グランジ、テクノ、ヒップホップ……と、UKを中心としながらもじつに広範なジャンルに及ぶアーティスト群像を眺めれば、必ずや当時の記憶と体験が湧き上がってくるだろう。
世代を異にする人々にとってもそれは同じ。“現場”とはそういうものなのだ。同じ時代に居合わせなくとも、それは生々しくよみがえり繰り返す。80年代回顧はいったんの落ち着きをみせているが、いま90年代がフレッシュに感じられるとすれば、本書はしっくりとその感覚に寄り添うだろう。

タナソウの言葉には、本当はつづきがあった。
「そして、そのすべてをフィルムに収めた偉大な写真家に心から感謝したい。」
レイアウトなどの都合でどうしても入らなかったのだが、嫉妬に感謝を重ねるこの名文句に、時代を超えて残る“現場”の輝き――クボケンがフィルムに収めたものが何だったのかということがありありと浮かび上がってくる。写真の横にはアーティスト名も明記。ちょっとしたエピソードが添えられているものもあり、ときどき笑いもこぼれてしまう。

 けっして敷居の高くない、可愛らしくカジュアルなつくり、お値段。どうぞクリスマス・プレゼントとしてもご検討ください!

久保憲司写真集、『loaded(ローデッド)』発売!

クボケンの“90年代”をエレキングが解体。インディ・ロック、アシッド・ハウス、レイヴの狂騒。
ひたすら撮って歩いたあの時代が、
いま鮮やかにリヴァイヴァルする――

日本を代表するロック・フォトグラファー、久保憲司がフィルムに収めた膨大な記録。
10代で飛び込んだロンドンの街並み、レイヴやフェスの熱気、一時代を築いたDJたち、ブリットポップやグランジの記憶――約20年間の懐かしくも新しい空気を、240ページ超にわたってヴォリューミーに収めた写真集です。

Psychic TV、The Jesus and Mary Chain、The Stone Roses、Happy Mondays、
My Bloody Valentine、Oasis、Aphex Twin、Derrick May、
Andrew Weatherall、Sonic Youth、Nirvana、The Pastels、Radiohead…

★小さくて愛らしい版形の上製本。
★さりげなくガーリーなデザインはクリスマスのギフトにもぴったり。
★撮影メモや萩原麻理によるインタヴューも小気味よく写真を飾ります。
★いままでにない、クボケンのちょっと意外な一面が表れた作品です。

いまファッション誌でもリヴァイヴァルのはじまっている90年代を、貴重なヴィジュアル資料で振り返りましょう。



RELATED

TWEET

flipperpinballニューウェイヴ、マッドチェスターとイギリスの音楽シーンの貴重な目撃者であるフォトグラファー&ライターのクボケンさん。昨年のフジロックでのトークショーで、集まったロックファンに熱く語ったのは、レイシストカトテツの話だった。 http://t.co/lHTQ3PZY5N@flipperpinball 05.14 20:10

kuboken999RT @flipperpinball: ニューウェイヴ、マッドチェスターとイギリスの音楽シーンの貴重な目撃者であるフォトグラファー&ライターのクボケンさん。昨年のフジロックでのトークショーで、集まったロックファンに熱く語ったのは、レイシストカトテツの話だった。 http://t@kuboken999 05.14 23:06

codascene"""さりげなくガーリーなデザインはクリスマスのギフトにもぴったり"""らしいです。ele-king https://t.co/HMfj86KbVh@codascene 12.7 02:45

abolabo@toshimu_rar そしてこれもチェックしてみて https://t.co/8KzsyHrKif@abolabo 10.27 10:12

NEWS