ele-king Powerd by DOMMUNE

MOST READ

  1. Columns 攻めの姿勢を見せるスクエアプッシャー ──4年ぶりの新作『Dostrotime』を聴いて | Squarepusher
  2. interview with Martin Terefe (London Brew) 『ビッチェズ・ブリュー』50周年を祝福するセッション | シャバカ・ハッチングス、ヌバイア・ガルシアら12名による白熱の再解釈
  3. Lost Souls Of Saturn - Reality | ロスト・ソウルズ・オブ・サターン
  4. マヒトゥ・ザ・ピーポー初監督作『i ai』が3/8より公開
  5. interview with Kode9 〈ハイパーダブ〉20周年 | 主宰者コード9が語る、レーベルのこれまでとこれから
  6. Jeff Mills × Jun Togawa ──ジェフ・ミルズと戸川純によるコラボ曲がリリース
  7. Squarepusher ──スクエアプッシャー4年ぶりの新作はストリーミングでは聴くことができない
  8. Columns 2月のジャズ Jazz in February 2024
  9. Kali Malone - All Life Long
  10. Jeff Mills ——ジェフ・ミルズと戸川純が共演、コズミック・オペラ『THE TRIP』公演決定
  11. Helado Negro - PHASOR | エラード・ネグロ
  12. 〈Stones Throw〉×〈カクバリズム〉×〈BAYON PRODUCTION〉×〈medium〉 ──強力なパートナーシップによる、細野晴臣『HOSONO HOUSE』のカヴァー・アルバム
  13. Cowboy Sadness - Selected Jambient Works Vol. 1 | カウボーイ・サッドネス
  14. Columns ♯3:ピッチフォーク買収騒ぎについて
  15. Columns Squarepusher 9 Essential Albums スクエアプッシャーはこれを聴け!
  16. 川口好美 - 『不幸と共存 魂的文芸批評 対抗言論叢書4』
  17. interview with Tei Tei & Arow 松島、パーティしようぜ
  18. Piper Spray & Lena Tsibizova - Debtor of Presence
  19. ソルトバーン -
  20. みんなのきもち ――アンビエントに特化したデイタイム・レイヴ〈Sommer Edition Vol.3〉が年始に開催
/home/users/2/ele-king/web/ele-king.net/

Home >  News > 歌謡プログレ・バンド、太陽肛門スパパーンによる反五輪2枚組LP『円谷幸吉と人間』が発売中

歌謡プログレ・バンド、太陽肛門スパパーンによる反五輪2枚組LP『円谷幸吉と人間』が発売中

歌謡プログレ・バンド、太陽肛門スパパーンによる反五輪2枚組LP『円谷幸吉と人間』が発売中

Aug 20,2021 UP

「大宮のフランク・ザッパ」の異名を取る花咲政之輔を中心に30年以上にわたり、時制に応じた闘争的な活動を続ける歌謡プログレ・バンド、太陽肛門スパパーンが8月11日に2枚組アルバム『円谷幸吉と人間』をリリースした。
 1968年に、オリンピックのプレッシャーから自死したマラソン選手、円谷幸吉を主人公に据えたコンセント・アルバムだ。オリンピック開会式と同日の7月23日には本作の発売記念ライヴ「叛五輪音楽祭・東京五輪獣」もおこなっている。

artist : 太陽肛門スパパーン
title : 円谷幸吉と人間
label : レフトサイドレコード
cat : LEFT-012
price : 4,555円(税込5,011円)
release : 2021年08月11日
バーコード : 4582561394676

曲目

DISC I
SIDE A
1. ダイナマイト、どん!
2. 赤い人形、青い人形、白い人間
SIDE B
1. 時間・場所・存在<すべて
2. 世界の中、日本の中、自分の中のアメリカ
3. うなぎや
4. 円谷幸吉 遺書

DISC II
SIDE A
1. 東京おらんピック
2. Giant Steps?(世界資本主義の穴)
SIDE B
1. ハートブレイクドール
2. お花畑
3. かけてかけてかけて
4. オリンピックDEデート
5. 豚野郎

作品詳細
大宮のフランクザッパ、歌謡プログレバンド「太陽肛門スパパーン」がオリンピック反対/近代オリンピック阻止へ願いをこめて二枚組LPを発表。悲劇のマラソンランナー円谷幸吉が自死することなく、1968年メキシコオリンピックBLACK POWER SALUTEに連帯することにより再生。2021年7月23日、国立競技場に登場しオリンピック会場をあなたと共にぶっつぶす。
藤井信雄・中尾勘二・中條卓・梅津和時・岡部洋一・なみちえ・DARTHREIDER・竹田賢一・ヘアスタイリスティックスaka中原昌也ほか参加。解説は太田昌国・谷口源太郎、円谷幸吉人生双六は飯田華子が描画。ジャケット小池野豚。
コンセプトに随伴したジャンルレスの音世界があなたを昇天させる。エンジニアは山田ノブマサ・近藤祥昭、カッティングは小鐵徹。
これを買わずして、withコロナ時代の音楽を語る資格はない。

太陽肛門スパパーン/プロフィール

花咲政之輔を中心に、「フランクザッパの社民的限界を左から乗り越える」ことを旗印に東京西部にて結成。
 その後平井庸一(ギター)・藤井信雄(ドラムス≪DCPRG他≫)・中尾勘二(サックス/トロンボーン≪コンポステラ・ストラーダ他≫)等様々な人士を糾合し、ライブ毎/録音毎にコンセプトに応じてメンバー召集する不定形ユニットとして活動しているストレス系歌謡プログレバンド。
 1998年CD 「馬と人間」を発表。高校生記子の視点から日本社会の腐敗を活写したこの作品は、タワーレコード新宿店日本の名盤100選に選出されるなど幅広い支持を獲得。 2015年CD「河馬と人間」を発表、福島原発事故から透けてみえてきた日本社会の構造的腐敗をアラサ-女子の視点で批判的に活写。
 楽しく踊って苦しく討論、面白くてためになるバンドとしてフジロックフェスティバル・朝霧ジャムなど全国各地のイベントに呼ばれることも多い。
 あなたも太陽肛門スパパーンを体験し、Don't Feel! Think!

NEWS